月刊クーヨン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊クーヨンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊クーヨン雑誌の詳細です。


月刊クーヨンの公式サイトへ
本・雑誌 月刊クーヨン
本・雑誌内容 子どもも大人も、みんな違ってみんないい!子どもの自然な育ちをせかさずに、家族の時間をゆっくりたのしめば、たいていのことは大丈夫……そんなスタンスの育児雑誌です。0~6歳の子育てをたのしんでいる家族や先輩家族がたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。日登美さん、カヒミ カリイさん、整体やからだにやさしいおやつレシピなど連載も充実です。また、子育て中に知っておきたい国内外のニュースを豊富にお届け。大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考えています。
本・雑誌内容詳細 *特集

家時間を10倍たのしく!
自立心が育つお手伝い

寒さ厳しいこの季節、
風邪予防を考えると、どうしても部屋で過ごす時間が長くなります。
ときには、親子ともにちょっとストレスを感じることも。
そこで、子どものお手伝いポイントがあって、
たくさんの発見もある「保存食づくり」のレシピを集めてみました。
子どもの「やりたい!」を満たすお手伝いは、子どもの自立を促します。
そのうえ、からだを動かし、手を使って、自分でつくった食べものなら、
おいしさもひとしお。
ぜひ家族で、たのしんでくださいね。



「できた!」を味わえる3ステップの保存食
*塩山奈央さん(暮らし家)
…洗う、混ぜる、切る。子どももたのしんで参加できる工程があって、
なおかつ3ステップで完成しちゃう。さらにはいろいろなメニューに展開もできる!
そんなたのしい保存食のレシピをおそわりました。


野菜とくだものにひと手間かけた保存食
*石井ゆかさん、裕士さん(kajiya)
…長野で農的暮らしとカフェ&ゲストハウスをいとなむkajiyaの石井さん夫妻。
畑でとれる野菜の保存法に、たくさんの知恵をおもちです。
そこで、冬の間に仕込んでおきたい野菜をいかした保存食を紹介してもらいました。
子どもたちもたくさんお手伝いしてくれました!


わがやの天然酵母でつくるパン
*小野理恵さん、孝章さん(パン屋 ゼルコバ) 
…パンをこねたり丸めたり。こうした作業は、子どものからだ育てにもよいものです。
そのうえ、酵母を育てる過程は、まるで理科の実験。全工程に子どもの好きなことが
ちりばめられたパンづくりを、家庭向けにレシピ化しています。


本間さんちの手づくり発酵調味料
*本間真二郎さん(小児科医、微生物学者)
…連載でもおなじみ、小児科医で微生物学者でもある本間真二郎さん。さすが専門家だけあり、
発酵食はお手のもの。今回おそわったのは、なんと「塩みりんづくり」。子どもの手も借りて、
おいしいみりんをつくりましょう。

今年はかぞくで手前味噌づくり
*佐藤大輔さん、富子さん(やさか共同農場)
…味噌を自宅でつくれると思っていない子どもが多いいま、手前味噌づくりは新鮮な経験に。
大豆をつぶしたり、麹をまぜたり、「これなあに?」なんて会話をたのしみながら、
ぜひ今年は味噌づくりにチャレンジを。手順がよくわかるマニュアルになっています。


【 好 評 連 載 】

●坂本美雨の子育てさんぽ「池谷裕二さんに会いに」
●子どもの居場所・つくるひと
 「藤野シュタイナー子ども園チト」
●「わたし」に戻る素肌時間/幸栄さん
●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[わたす]」
/山下直樹
●イエスとノーと、そのあいだ「沈黙を破る」/落合恵子

【 新 連 載 ス タ ー ト !】

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「どう頼る? 西洋医学 どう取り入れる? 東洋医学」/伊達伯欣

2018年が、みなさまにとって
平和でやさしいきもちですごせる1年になりますように!

編集長 戸来祐子
プロダクトNo 578
出版社 クレヨンハウス
発売日 毎月3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。