週刊金曜日 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金曜日の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊金曜日雑誌の詳細です。


週刊金曜日の公式サイトへ
本・雑誌 週刊金曜日
本・雑誌内容 1993年、広告に依存しない自由なメディアを創るため、石牟礼道子・井上ひさし・久野収・筑紫哲也・本多勝一が中心となり、多くの定期購読者を募る形で創刊されました。本当に大切な情報が見えない時代、『週刊金曜日』が、暮らしの“真実”と“羅針盤”を届けます。 ※毎週金曜日発売
本・雑誌内容詳細 内容
■表紙
■それでもそれでもそれでも 齋藤陽道
■金曜アンテナ
・残業時間の上限規制など一部「1年延期」に異論続出 政権対峙に不可欠な野党結集 横田一
・兵庫県警機動隊で何が起きているのか、法廷で究明へ 「新隊員の自殺続発」真相は 三宅勝久
・与野党の議論かみ合わず国会序盤は低調 質問時間配分変更も影響か 吉田啓志
・性暴力裁判後には「名誉回復」のための二次加害か 菅野完氏、二審で全面敗訴 本誌取材班
・森友・加計疑惑、財務省前で抗議 「佐川国税庁長官辞めよ!」 薄井崇友
・イスラエル輸出製品ボイコット ワイン出展の中止を要望 成澤宗男
・死刑執行後に請求の飯塚事件 高裁も再審開始を認めず 小石勝朗
・ドイツ大統領が北朝鮮問題解決に向け一致強調 文・写真 及川健二
■さらん日記
■ジェンダー情報
■風速計 『……から見れば』 落合恵子
■政治時評 西川伸一
■経済私考 鷲尾香一
■沖縄・名護 ルポ「我々は諦めない」 辺野古新基地建設の現場から 
選挙後も続く抗議 写真・文 島崎ろでぃー
■特集 「戸籍」から「個籍」へ 新たな「別姓訴訟」と家族法
・二宮周平立命館大学教授に聞く 多様な家族を前提にした民法論議を
・打越さく良弁護士に聞く 新たな「別姓訴訟」では「カップル間不平等」を問う
・青野慶久サイボウズ社長に聞く 選択的夫婦別姓にしないのは経済的に大きな損失 
・妻の姓を選択した吉田尚史氏に聞く 姓を選択制にしても不利益を蒙る人は誰もいない
・対談 泉徳治 × 坂本洋子 憲法から具体的権利を引き出す司法へ
■石牟礼道子を悼む
・「魂たちの在所に志を」鎌田 慧
・共同体が壊れてゆく 近代化を問い続けた 田中優子
■仙台高裁は再審開始の決断を 仙台北陵クリニック・筋弛緩剤冤罪事件 山口正紀
■中国電力・上関原発計画のいま 祝島の人びとの葛藤と上関町議選 山秋真
■立憲民主党の川内博史衆議院議員に聞く 籠池夫妻を釈放し佐川長官を罷免せよ
■ぶれない・あきらめない・おそれない 福田稔 
草の根で日韓交流続けるパントマイム劇団「湘南亀組」団員 西村仁美 
■佐高信の新・政経外科 「『母』を書いて退行した姜尚中」
■松崎菊也の無責任架空対談(イラストレーション/石倉直樹)
■たとえば世界でいま 福田宏/馬場千奈津/田口里穂
■殺人事件捜査で重要情報の握りつぶし疑惑が発覚! 
右京署内での傷害事件の真相を京都府警組対課は隠蔽するのか 成田俊一
■ペンと剣 マイケル・ペン
■黒風白雨 「ソウル市の改革に学べ」宇都宮健児
■自由と創造のためのレッスン C・L・R・ジェイムズとは誰か 廣瀬純
■きんようぶんか 本・映画・音楽・美術・本箱
・【インタビュー】『ザ・シークレットマン』 ピーター・ランデズマン監督に聞く 境分万純
■こせがれ、農に生きる 三元豚って何? 宮治勇輔
■「遺伝子組み換え不使用」表示が消える! 
非GM食品を選びたくても選べなくなる事態に  天笠啓祐
■新・買ってはいけない 着色料を使っているのに表示していないトンデモケース 渡辺雄二
■本多勝一の俺と写真
■初めて老いった!?「ひとくくりにするな」 石坂啓
■投書/論争
■市民運動から講演・映画・音楽イベントの情報案内板
■読者会から
■金曜日から/編集長後記/今週の表紙
プロダクトNo 5723
出版社 株式会社金曜日
発売日 毎週金曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。