週刊金曜日 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金曜日の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊金曜日雑誌の詳細です。


週刊金曜日の公式サイトへ
本・雑誌 週刊金曜日
本・雑誌内容 1993年、広告に依存しない自由なメディアを創るため、石牟礼道子・井上ひさし・久野収・筑紫哲也・本多勝一が中心となり、多くの定期購読者を募る形で創刊されました。本当に大切な情報が見えない時代、『週刊金曜日』が、暮らしの“真実”と“羅針盤”を届けます。 ※毎週金曜日発売
本・雑誌内容詳細 内容
■表紙
■それでもそれでもそれでも 齋藤陽道
■金曜アンテナ
・提案した新潟選出の自民党議員は、地元には“職務怠慢”質問時間変更は野党軽視の暴論 横田一
・トランプと安倍がゴルフをした日に 第五福竜丸前、吉永小百合の反骨 高須基仁
・加害行為の軽視主張、慰謝料減額求める 菅野完氏の控訴審即日結審 本誌取材班
・袴田事件、高裁審理がようやく終結へ 今年度中に再審可否を決定 小石勝朗
・「おおすみ」艦橋「避けられん」 海自側衝突1分前に認識か 三宅勝久
・創価学会職員への損害賠償請求 高裁判決で一部認定 本誌取材班
・国際NGOがシンポジウム開く 体罰全面禁止へ法制化を 小宮純一
・大学生がワークショップ「デートDV知って」 宮本有紀
■さらん日記
■ジェンダー情報
■風速計 「共産党とリベラル保守」 中島岳志
■政治時評 佐藤甲一
■経済私考 佐々木実
■玉木雄一郎新代表の選出と小池代表辞任でどうなる? 
小池百合子氏への露骨なゴマすり体質 横田一
■“違憲”解散・“違憲”選挙を問う!
・違憲状態の選挙で当選した国会議員には、国会活動の正統性がない 
升永英俊弁護士インタビュー 畠山理仁
・第4次安倍内閣の土台を問い直す 憲法規範を無視する野放図な“解散権”行使 長峯信彦
■トランプを朝鮮有事に引き込む安倍首相の愚 成田俊一
■立川流家元 談志が遺したもの
・立川志の輔インタビュー 落語を1世紀延ばしてくれたことは間違いない
・落語をなくしちゃいけないと思って人生をかけた 阪清和
・談志の軌跡
・いま思っていること 毒蝮三太夫/立川談笑/古坂大魔王/松元ヒロ/立川志らく/松岡ゆみこ
・珠玉の名演DVD・CD 談志はこれを聴け 広瀬和生
■ぶれない・あきらめない・おそれない 藤原るか
「共に介護を学びあい・励まし合いネットワーク」を主宰 西村仁美
■憲法を求める人びと「望月衣塑子」 佐高信
■STOP! 9条改憲 9条は平和実現する「アジアの宝」 高田健
■揺れる神道の“総元締め”富岡八幡宮が神社本庁を離脱 片岡伸行
■犬の遠吠え 花に風 「向かう言葉、取り込む言葉」 落合恵子
■「脳脊髄液減少症」当事者の「期待しすぎずあきらめない」日々 平井康嗣
■たとえば世界でいま 童子丸開/馬場千奈津
■「 異論派」兄弟が見た100年 「10月革命」はロシアの人々に幸福をもたらさ
なかった第2回 ロイ&ジョレス・メドヴェージェフ 解説/佐々木洋
■松崎菊也の無責任架空対談(イラストレーション/石倉直樹)
■自由と創造のためのレッスン 戦争と資本(2)資本の「総力戦」としての金融資本 廣瀬純
■きんようぶんか 本・映画・音楽・美術・本箱
■トイレの視点 トイレに行きやすい学校ってどんな? 加藤篤
■アルミを含む食品添加物の使用上限設定はいいね!だけど…… 植田武智
■新・買ってはいけない のどのための「のど飴」とは? 市販4製品を検証し
てみた 渡辺雄二
■本多勝一の俺と写真
■初めて老いった!?「アホがようけおる」 石坂啓
■投書/論争
■市民運動から講演・映画・音楽イベントの情報案内板
■読者会から
■金曜日から/編集長後記/今週の表紙
プロダクトNo 5723
出版社 株式会社金曜日
発売日 毎週金曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。