企業実務 定期購読・最新号・バックナンバー

企業実務の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

企業実務雑誌の詳細です。


企業実務の公式サイトへ
本・雑誌 企業実務
本・雑誌内容 仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、わかりやすく、タイムリーにお届けする月刊『企業実務』。経理・税務・庶務・労務の事務一切を一冊に凝縮。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”を貫く『企業実務』は、事務部門の業務を全面的にバックアップ。書店では手に入らない『企業実務』をぜひ定期購読してみませんか。
本・雑誌内容詳細 企業実務2017年9月号≪目次≫

【特別記事】
 債権法改正で求められる実務対応4つのポイント
●民法改正の主旨と施行スケジュール
●ポイント1…消滅時効に関するルール変更
●ポイント2…法定利率に関するルール変更
●ポイント3…保証に関するルール変更
●ポイント4…「定型約款」の新設

【経理・税務】
□整理しておきたい採用関連費用の経理処理
□従業員貸付を行なうときの手続きと経理処理
□配送費のコストアップに対処する12の方法
□どうする?外注先からのマイナンバー収集
□「ユニーク制度」を活用し資金調達を有利に進めよう<5>
  従業員のモチベーション向上を支援する融資制度
□“経理のプロ”になるための「法人税」マスター講座<6>
  法人税の「青色申告」とは
□なるほど納得勘定科目<6>
  社会保険料や労働保険料などを納付したときは?

【人事・労務】
□実労働時間の「証拠」となる情報はこれだ!
□育児・介護休業法の改正点を押さえておこう
□従業員のセカンドライフを守る「企業年金」入門<9>
  進化する企業年金~企業年金の改正
□労務トラブルを防ぐ「書式」の作成と活用法<9>
  配転命令書兼同意書
□組織で役立つ「アンがーマネジメント」入門<6>
  叱り上手になる方法②

【総務・法務】
□公益通報者保護法に関する民間事業者向けガイドラインの留意点
□INTERVIEW/台東デザイナーズビレッジ村長 鈴木淳氏に訊く
  創業支援施設でクリエイターを育てる秘訣とは
□企業向け「防災食」「防災グッズ」の最新事情
□「年齢」と「誕生日」の基準を確認しておこう
□ミスなく、モレなく処理するために 2017年10月~12月の業務チェックリスト
□1からわかる知的財産<6>
  取得した権利の有効な活用
□初心者からでもできる中小企業のデータベース構築<6>
  テーブル設計ことはじめ
□総務が押さえる「海外出張・海外赴任」の勘どころ<3>
  海外出張等で留意すべき身近なリスク
●実務よろず相談室
 ・ネットオークションで会社の備品を入手するときの経理処理
 ・給料から養育費を差し押さえたいという要請が…
 ・オフィス内の整理整頓に対する意識を高めたい
●9月の事務ごよみ
期央で収支計画の見直し、資金繰り計画の策定、厚生年金保険料率の改定、労働衛生面のチェック、年度後半の業務計画の確認、防火・防災訓練の実施、安全運転の徹底、衣更えの準備 ほか
●新法令・通達解説■障害者の法定雇用率を段階的に引上げ ほか 
●これからの法改正の動き■JIS規格を見直し、サービス分野も対象に ほか
●その他
世の中を読むデータ
仕事終わりは、純喫茶へ
花のある空間 
桂歌若の“曇りのち晴れ”落語塾
目からウロコの歴史雑学 
経営をカクシンする参謀の心得
オフィスの快適グッズ&アイディア
愛読者プレゼント
インフォメーション
『企業実務』総索引2016年9月号~2017年8月号
セミナー告知

-----------------------------------------------------------------------------------
☆ 別冊付録(B5版・16頁)保存・持ち運びに便利!
≪実務情報Series≫
 これだけは知っておきたい「税務調査対応」のきほん ~事前準備編~
プロダクトNo 485
出版社 日本実業出版社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。