機械と工具 定期購読・最新号・バックナンバー

機械と工具の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

機械と工具雑誌の詳細です。


機械と工具の公式サイトへ
本・雑誌 機械と工具
本・雑誌内容 本誌は、生産加工を支えるベーシックな技術、また話題の最新情報から技術者の疑問解消やスキルアップに繋がる基礎から学べる講座、海外情報、業界ニュースなど多岐にわたり、第一線で活躍する技術者、研究者、生産加工に直接・間接的に関わっておられる方々にとって有益な情報を発信してまいります。
本・雑誌内容詳細 ■特集:加工を支える最新機械要素、周辺技術
○静圧スピンドルの高性能化の研究事例/神奈川大学/中尾陽一
超精密・微細加工用スピンドルには、高速化、高い回転精度が求められる。ここでは、高精密加工用スピンドルの概要を説明するとともに、水静圧軸受に制御機能を具備させて高機能化を図った研究事例、またスピンドルの熱的安定性に関する検討例を解説する。

○FMS構築のためのハード・ソフトの最新技術/ファステムズ/埴淵俊夫
近年FMSは、労働人口減少化対策や生産性向上設備として注目されている。工作機械が多様化し、高度化しているため、FMSを構築する技術にも高いレベルが要求されている。ここでは、FMSへのニーズと課題を、ハードウェア、ソフトウェアごとに解説する。

○工作機械用精密軸受の技術動向/NTN/植田敬一
工作機械が高度化するに伴い、そこで使用される精密軸受には、高速、高剛性、高精度に加え、新たな特性が求められている。ここでは、まず工作機械の技術動向を取り上げ、それに対応する工作機械用軸受へのニーズと、対応技術を解説する。

○IoTに対応する最新軸受技術/日本精工/川口翔大
軸受に対してもIoTへの対応が求められている。ここでは、一般的に広く求められている予防保全運用上の課題と、それに対する軸受へのIoT技術の導入を展望し、続いて工作機械業界におけるIoT化への貢献について詳解する。

○センサー内蔵ツールホルダーとその活用技術/福田交易/田中竜太
切削力を得るには、ワークか主軸のホルダー側にセンサーを組み込んだ測定器が使用されるが、それぞれに長所・短所がある。ここでは、これまでにない特徴を持つ切削力測定器を紹介する。

○高精度・高速加工を支える円テーブル技術-最新モデルにみる技術的動向-/津田駒工業/柴原壮登
NC円テーブルを活用して、旋削加工、位置決め加工をワンチャッキングで可能にする工程集約は、加工部品の高精度化、精度の安定化、生産コストの削減、リードタイムの短縮などを実現する。ここでは、それらNC円テーブルの最新機種を紹介する。

■技術解説
○電解加工技術の現状と期待/東京農工大学/夏 恒
他の加工法とは異なる特徴を持つ電解加工が注目されている。ここでは、その原理から世界の開発動向、また最新の研究を具体的に紹介する。

■注目技術
○人工衛星部品の実際-工具メーカーが作る人工衛星部品の加工技術-/オーエスジー/藤井尉仁
微小デブリ観測衛星「IDEA OSG 1」に搭載される部品の加工を行った。対象となったアダプタ部品に求められる品質、要求される精度、加工方法、さらに加工時の状況を紹介する。

■連載
○創造技法の活用による『問題解決』<8>/飯田教育総合研究所/飯田清人
今回は、「ZK法」、「特性要因図の作成」、「等価変換理論(等価変換法)」などを紹介する。

○【海外技術動向】「ロボットとの協働、取り組み方は様々」/Manufacturing Engineering:Contributing Editor/Bill Kennedy/翻訳協力:上智大学SLO
ロボットの活用が加速している。作業者と隣り合っていても安全に運用できる完全な“協働”ロボットも多数製品化されている。ここでは、ロボットと人との“協働”ニーズ、それを支える技術、ロボットとIoTの関係などを解説する。

○【加工の現場から】株式会社セイコー/技術支援業/滝沢 満
プロダクトNo 477
出版社 日本工業出版
発売日 毎月2日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。