化学装置 定期購読・最新号・バックナンバー

化学装置の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

化学装置雑誌の詳細です。


化学装置の公式サイトへ
本・雑誌 化学装置
本・雑誌内容 半世紀以上、発行を続けてきた化学工業分野唯一の専門技術雑誌。プラントエンジニアリング、化学機器装置の設計、施工から粉粒体処理技術、省資源・省エネルギー技術、環境保全技術(水、排水処理・排ガス処理・固体廃棄物処理)、食品・医薬品・化粧品製造技術までその内容は広範囲に及びます。時代の話題を先取りし、最先端の化学技術情報からネットでは得られない「使える現場技術」情報が満載です。機器・装置の選定決定者や工務担当者、装置開発・設計者必携の月刊技術雑誌です。
本・雑誌内容詳細 10化学装置
CONTENTS

〔特 集〕 最近の粉粒体処理技術 ―単位操作に見る新技術―

熱効率の高いボール入り流動層乾燥装置「スリラードライヤー」(大川原製作所 小森
勇弥)/乾式超微粉砕への挑戦―省エネルギー化と、メンテナンス性の向上に関する
アプローチ-(ホソカワミクロン 井上 義之)/多品種少量生産に最適なスプレー
バッグドライヤ(大川原化工機 田村 公裕)/超音速気流による新型衝突式ジェット
粉砕機「SPK」(日本ニューマチック工業 数本  優)/無媒体型高せん断分散機
「ゼロミルR」(淺田鉄工 宗岡 一平)/竪型媒体撹拌式粉砕機「アイリッヒ タワー
ミルR」( 日本アイリッヒ 橋口 敬生 )/高仕込み率での均質混合を可能にした無限
ミキサー(徳寿工作所 朝日 正三 )/薄膜旋回法による高速攪拌機「フィルミックス
R 」(プライミクス 金澤 賢次郎 )/高効率乾式分散混合機ナノパージョン(カワタ 
張 春暁 )/連続輸送混合機としての「フンケンミキサー」(粉研パウテックス 原澤
 寛 )/究極の粉粒体混合機「ピュアNKミキサー」(日本興産 藤原 修二 )

【新企画】第3回 粉粒体単位操作ガイダンス―混合・混練・成形の基礎と実際―
〈総 論〉「混合・混練・成形」操作の基礎と実際…………産業総合研究所 遠藤 茂寿
〈各 論〉最近の製造現場における連続式混練機(栗本鐵工所 藤井 淳)/容器固定型
浮遊拡散混合機の技術動向(大平洋機工 山本 聡)/高速回転する大型チョッパ―を有
する精密混合機「スパルタンミキサー」(ダルトン 宮島詩織,小泉一郎)/容器回転式
混合機の混合特性(徳寿工作所 朝日 正三)/混合機の特徴と用途(ホソカワミクロン
小西 孝信)/粉体成形用金型の現状とこれから(菅原精機 菅原 尚也)
【粉体工業展 大阪2017の見どころ】
粉体工業展 大阪2017の見どころ/出展者リスト/小間割り図の紹介…………編集部
□巻頭言□ 自然エネルギー化学工業を築く新しい化学装置への期待
………………………………………………………………………東京農工大学 亀山 秀雄
○技術トピックス○ 
CO早期火災検知装置「スモルダリング検知装置」……………………… ATEX爆発防護
【Colmun】インライン,オンライン粘度測定技術………種谷技術事務所 種谷 真一
【隔月連載】変化する水処理装置市場と求められる技術―大規模集中型処理システムから
中小規模分散型水処理システム―…………AWBC 矢部江一,上海交通大学 張 振家
【連 載】
プラントエンジニアリング・メモ(120)……………………………エプシロン 南 一郎
粉体の計量と精度の実務的解説(10)………………………… フルード工業 小波 盛佳
安全談話室(133)………………………………………化学工学会SCE・Net 安全研究会
BCP/BCMを考慮してIndustry IoT対応のISA95 にISA99 を導入(5)
…………………………………………………………………………ICS研究所 村上 正志
反応工学の基礎 反応装置の設計とスケールアップが解る 第2回 反応速度解析(3)
……………………………………………………………………………東洋大学 川瀬 義矩
地球環境とバイオリアクター(34)―基礎から応用まで―………近畿大学 鈴木 高広
〔特設記事〕再生可能エネルギーへの挑戦(下)………東京医科歯科大学 宮入 裕夫
創造革新・イメージマッピングによる「モノづくり」
―革新・省エネ活動の取り組み法(その5)…………露木生産技術研究所 露木 崇夫
催物案内(5、19,59),コラム(74),次号予告(80)等。



プロダクトNo 371
出版社 工業通信
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。