七緒(ななお) 定期購読・最新号・バックナンバー

七緒(ななお)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

七緒(ななお)雑誌の詳細です。


七緒(ななお)の公式サイトへ
本・雑誌 七緒(ななお)
本・雑誌内容 「七緒」は、ふだんの着物の楽しみを提案するまったく新しい着物の雑誌です。気軽に袖を通したくなるようなコーディネートを軸に、手入れの悩み、着付けの知恵、下着の裏技、価格の問題など、着物の本音にぐぐっとせまります。等身大の着物の楽しみを知りたい人、必見です。
本・雑誌内容詳細 [第一特集]着物と、髪型。
[第二特集]「大島紬」おしゃれ計画
着物のとき――髪型のこと、置いてけぼりになってません?
ショートヘアに挑戦したり、いつものまとめ髪に“ひと手間”かけたり。
「なんだかきれいになったんじゃない?」と言われる(かもしれない)
着物と髪型のヒントを、ぎゅぎゅ~っと詰め込みました。
軽い着心地で雨にも強い大島紬は、春先にうってつけの一枚。
スタイリスト・コバヤシクミさんによる「帯合わせの法則」や、
大久保信子先生に教わる「太ってみえない着つけ」のコツは必見です。
今日から真似したいあの人の「“(秘)”雨支度」あり、
ヘアメイクアップアーティスト・山本浩美さんご登場のスヌ子対談あり。
新しい季節のおしゃれ心を、たっぷり満たしてくれる一冊です。



いいかもね。
着物とショート

ひと手間で、すぐおしゃれ。
新しいまとめ髪講座

たんすの一枚をセンスアップ。
大島紬おしゃれ計画

“太って見える”は、勘違い?
大島紬をすっきり着るコツ
目次見本

目次
[特集]

着物と、髪型。
春だから。いっそばっさり!?

いいかもね。ショートと着物
カット、指導する人=大谷猶子(「Hair Orutane」)
少しのボリュームときれいな衿足。

清潔感を保つルール
新しい“まとめ髪”講座
教える人、ヘアメイク=草場妙子
相談した人
[ふわふわアップ] 大川枝里子さん(着物スタイリスト)
[ふっくらロール] 牧田敬子さん(料理研究家)
[ショートアップ] 東川裕子さん(「studio fujino」主宰)
[シンプル夜会巻き] 植草桂子さん(イラストレーター)
着物に合わせて、前髪を少し変えてみた
白髪と、あの女(ひと)
[特集]

泥・藍・白。たんすの1枚をセンスアップ

「大島紬」おしゃれ計画
教える人=コバヤシクミ
変身する人
[泥大島] なかむらるみさん(イラストレーター)
[藍大島] まのあきこさん(パタンナー、「JAMJAM」主宰)
[白大島] 尾崎裕子さん(チーズプロフェッショナル、「アルパージュ」スタッフ)
着こなしの幅は無限大!

超カンタン。帯合わせ3つの法則
スタイリング=コバヤシクミ
“太って見える”は、勘違い?

大島紬をすっきり着るコツ
教える人=大久保信子
さて、腕試し

大島紬クイズ
私の(秘)「雨支度」
草萠ミツさん(「谷中 着物てらこや」主宰)
松田恵美さん(イラストレーター)
(コラム)“はっ水”という手があるじゃないか!
本多惠子さん(着物コーディネーター)
春にドキリ。スパイシーな色の誘惑
着る人=inori(バーク イン スタイル)、撮影=川島小鳥
南蛮往来。“天草更紗”の赤い糸
旅する人、文=中居真麻、撮影=豊田都
[恒例・春イベントのご案内]

松屋銀座×『七緒』

七緒の「和トセトラ」2018・春
[連載]
新・手仕事ニッポン(15)

「茶筒司」の珈琲缶
文=つるやももこ、撮影=尾嶝太
文様のふ・し・ぎ(15)

「藤」
文=長谷川ちえ、イラスト=山本祐布子
新刊紹介
スヌ子のキモノ交差点(3)

お客様=山本浩未さん
野村友里の受け継ぐレシピ(3)

祝いの寿司
辛酸なめ子の「着物のけはひ」(9)

『痴人の愛』谷崎潤一郎
浅生ハルミンの銀幕のkimonoスタア(15)

『あ・うん』の富司純子
橋本麻里の日本美術ファッショニスタ(15)

「風俗図屏風」(彦根屏風)
田中敦子の染め織りペディア(3)

「紬糸」の輪
通販企画(38)

帯揚げ、帯締め…。雨支度収納品も

気分一新。ホップステップ小物選び
えんぎもの(43)

「つつじ」
イラスト=川口澄子
◎つ・ぶ・や・きコラム
千代里のモテ仕草(3)
文=千代里
着物どんぶらこ(3)
文、イラスト=伊藤理佐
着物ことのは(3)
文=金田一秀穂
ほむほむ・まほまほ 短歌の花道(3)
詠む人=しまおまほ 評=穂村 弘
京都あんこ歳時記 その3・春
文、選定=姜 尚美
各種インフォメーション
七緒ブックス&バックナンバーのお知らせ
プレゼント、次号のお知らせ
衣裳協力店一覧
プロダクトNo 3333
出版社 プレジデント社
発売日 3,6,9,12月の7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。