ビジネス法務 定期購読・最新号・バックナンバー

ビジネス法務の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ビジネス法務雑誌の詳細です。


ビジネス法務の公式サイトへ
本・雑誌 ビジネス法務
本・雑誌内容 会社法・信託法・金商法など様々な法改正が行われ、内部統制やコンプライアンス強化が叫ばれている中、企業法務に対する意識は日々高まりつつあります。昨今の厳しい経済状況を乗り越えるためには、法律の正しい理解と実務知識が不可欠と言えます。弊誌はそうした企業法務担当者が今知りたい情報を提供しております。また、人気の「ビジネス実務法務検定試験」唯一のオフィシャルマガジンとして学習問題や本試験の解答速報等を掲載しております。
本・雑誌内容詳細
地平線

リスクテイクを促す役員報酬の制度設計を 早稲田大学商学学術院 教授 久保克行 1


Trend Eye
データ移転,セーフガード TPP11大筋合意でみえた企業の検討ポイント 上野一英 4


特集1
円満合意を目指す 相手方書式の契約書修正

自社に有利な修正感覚を養う
相対的弱者が持つべき視点とセオリー 瀧川英雄 13

取引基本契約書
─取引リスクに基づく論点の絞り込み 平井克美 18

ライセンス契約書
─開発・販売努力義務,瑕疵担保責任ほか 横須賀雅明 23

業務委託契約書
─保証,対価決定,成果物の使用 吉川達夫 29

賃貸借契約書
─原状回復,中途解約 中川裕一 34

相手方も味方につける!
修正・交渉のテクニック 大水眞己/吉崎絵里奈 39


特集2
全25問で腕試し 法務部員のための印紙税トレーニング

Q1〜Q6 印紙税の基本 北村導人/柴田英典 51

Q7〜Q14 1号文書・7号文書 南 繁樹 58

Q15〜Q20 2号文書 岩品信明 64

Q21〜Q25 5号文書・14号文書・17号文書 税務調査への対応 手塚崇史 69


実務解説

ベネッセ事件最高裁判決(平29.10.23)にみる情報管理の教訓 影島広泰 74

賃上げ・競争力強化・事業承継促進に重点
平成30年度税制改正のポイント 内田久美子/原木規江 84

モデルケースから考える
日本版司法取引の実践的検討(上) 伊丹俊彦/深水大輔 108

開放特許の活用で広がる法務・知財部門の可能性 富澤 正 134


Lawの論点

組織再編税制における「移転資産に対する支配の継続」概念について 佐藤信祐 143


連載

最新判例アンテナ 第1回 三笘 裕/大澤 大 43

会社法改正議論を追う
第1回 株主総会資料の電子提供制度新設 武井洋一 44

Plain English styleで極める 英文契約書作成
第1回 専門用語,中立な表現,数字 キャロル・ローソン/倉田哲郎 80

6tech法務の新潮流
第2回 Health Tech 鈴木 景/森田大夢 90

ストーリーでわかる 契約が決算書に与える影響
第3回 金銭消費貸借契約 横張清威 94

不動産業・建築業の債権法改正対応
第3回 建築業(その1) 猿倉健司 98

仮想通貨の法的性質を探る
最終回 ビットコインの私法上の位置づけ(各論) 後藤 出/渡邉真澄 103

すぐに使える 危機管理の書式
第2回 調査委員会の設置 藤津康彦/矢田 悠/金山貴昭 114

読み方・書き方徹底マスター 法律中国語・基礎講座
第6回 原因,関係,不能などの表現 森川伸吾 120

FinTech法からみる銀行業務の将来
第2回 付随業務とFinTech法 山田剛志 122

外国人弁護士 世界一周 No.9
ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所 Grant Tanabe 127

法律家のための 租税法解釈の落とし穴
第2回 法人税法上の「取引」の意義 酒井克彦 128

先輩に学ぶ! 法務ママの活躍録 No.8 小西かおり 133

入門 税務コーポレートガバナンス
第6回 法務の視点でみる移転価格上の諸問題への取組みの重要性 佐藤修二/武藤雄木/山下 貴 139

ビジネス実務法務検定Ⓡ を活用 法務部員の育成方法 日本生命保険相互会社 木屋博達 149

LEGAL HEADLINES
金融庁・法務省等,
「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組について」公表 森・濱田松本法律事務所 編
6


試験関係

ビジネス実務法務検定試験(1・2・3級) 演習問題 150


OTHER ISSUE

定期購読キャンペーンのご案内 11

編集後記・次号のお知らせ  160

プロダクトNo 3198
出版社 中央経済社
発売日 毎月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。