おはよう21 定期購読・最新号・バックナンバー

おはよう21の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

おはよう21雑誌の詳細です。


おはよう21の公式サイトへ
本・雑誌 おはよう21
本・雑誌内容 高齢化する日本。そんな中で介護の需要はますます高まっています。『おはよう21』は、介護専門職として、更なる熟達を目指す方々のための総合情報誌です。“介護”をより専門的・技術的に高める総合的情報を、幅広く・わかりやすく・楽しく読めるように編集しました。『おはよう21』は、介護専門職の総合情報誌として、皆様の日々の介護の中での様々な問題、疑問を解消します。
本・雑誌内容詳細 介護現場では、利用者にBPSDといわれる言動があると、どう対応すればよいか悩むことが少なくありません。
しかし、BPSDは「問題のある行動」という見方から脱却すると、ケアのあり方が見えてきます。
現場でよくあるBPSDの事例をもとに、ケアのポイントを解説します。

執筆:上田 諭(東京医療学院大学教授)
   水野 裕(いまいせ心療センター副院長)
   ペ ホス(アプロクリエイト代表)

<巻頭カラー>
 認知症のBPSD その見方を変えてみよう

① 認知症のとらえ方を見直そう

② 認知症ケアのポイント
  パーソン・センタード・ケアの視点から

③ BPSDの「理由」を探るケアのポイント

④ マンガでわかる BPSDの対応とケア
  1 「家に帰りたい」という要望が繰り返される
  2 大声を出したり、つかみかかったりする
  3 座っていられずに、立ち上がってどこかに行こうとする
  4 食事が進まない
  5 夜中に何度も起きてくる
  6 入浴を勧めても「結構です」と言われる
  7 「私の財布を盗ったでしょう!」と職員を疑う
  8 フロア内を歩き回り、ほかの利用者の部屋に入る
  9 居室に閉じこもって出てこない
  10 頻回にトイレの訴えがある

⑤ 認知症ケアで加えたい3つの心得
プロダクトNo 315
出版社 中央法規出版
発売日 毎月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。