ナンバー(Sports Graphic Number) 定期購読・最新号・バックナンバー

ナンバー(Sports Graphic Number)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ナンバー(Sports Graphic Number)雑誌の詳細です。


ナンバー(Sports Graphic Number)の公式サイトへ
本・雑誌 ナンバー(Sports Graphic Number)
本・雑誌内容 プロ野球、MLB、サッカーから、モータースポーツ、格闘技、競馬にいたるまでのあらゆるスポーツの魅力を芸術的ともいえる写真でお伝えします。スポーツ総合誌だからといって表面的な内容に終始することなく、特集記事、インタビュー記事や対談記事など記事ごとのボリューム・読み応えも抜群。プレーヤーからスポーツ観戦が大好きな方、初心者の入り口としても楽しめる内容。スポーツという舞台の上で繰り広げられる戦い、そこで流れる汗と涙、そこで生まれ後世まで引き継がれる伝説の数々。ページをめくるごとに、常に勝負に挑み続けるヒーローたちに出会える。
本・雑誌内容詳細 6年ぶりのマリナーズ復帰。5年ぶりの開幕スタメン。
44歳のレジェンドは、その身におきた幾多の困難を、
積み重ねた自信と不断の努力で乗り越え、メジャー18年目の春を迎えた。
ロングインタビューで語られる、大きな「失意」と、たどり着いた「泰然」とは。
番記者レポートやチームメイト連続インタビュー、マリナーズのレジェンド紹介、
近年イチロー選手との深い交流を続けているトヨタ自動車・豊田章男代表取締役社長からのメッセージや、
特別ノンフィクション「2001年のシアトル・マリナーズ」など、
全編、シアトルに帰還したイチロー選手の大特集です。

[ロングインタビュー]
イチロー 「失意と泰然」

[番記者レポート]
ジェットコースターの日々

[徹底分析]
2012→2018 イチロー進化論

[チームメイト連続インタビュー]
エドガー・マルティネス/マイク・リーク/ディー・ゴードン
「ともに戦える喜び」

[現地メディアの証言]
イチローはシアトルの誇りである。

[メッセージ①]
トヨタ自動車代表取締役社長
豊田章男 「イチロー選手が教えてくれたこと」

[メッセージ②]
稲葉篤紀「侍ジャパンの一員なんです」

[メッセージ③]
フリオ・フランコ 「年齢なんてただの数字さ」

[メッセージ④]
ジャスティン・ボーア 「イチに会いたくて、日本へ行ったんだ」

[メッセージ⑤]
田口壮 「世界で一番野球が好きな人間」

[随想]
イチローと大谷翔平「ふたつの才能、ひとつの野球愛」

[遥かなるマリナーズ①]
強くて弱い、マリナーズの歴史

[遥かなるマリナーズ②]
ケン・グリフィーJr./ランディ・ジョンソン/アレックス・ロドリゲス
「シアトルで輝いた3人のレジェンド」
[遙かなるマリナーズ③]
2001年のシアトル・マリナーズ──新人イチローがもたらしたもの

[復帰インタビュー]
上原浩治 「43歳でも、投げたくて」

サッカー日本代表
[新指揮官の手腕]
西野朗「選手ありき、相手ありきのリアリスト」

[サッカー協会会長独占インタビュー]
田嶋幸三 「関係は修復不可能だった」

【初防衛インタビュー】
村田諒太「邪念の先に見えたもの」

[レッスルマニアの真実]
中邑真輔「新たなる始まり」

初防衛インタビュー]
村田諒太「邪念の先にみえたもの」

[GWスペシャル対談]
芝山幹郎×ライムスター宇多丸
「映画とスポーツの幸福な関係」

[連載⑳]
清原和博 告白 「俺、もうやめるわ」
プロダクトNo 3146
出版社 文藝春秋
発売日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。