OHM 定期購読・最新号・バックナンバー

OHMの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

OHM雑誌の詳細です。


OHMの公式サイトへ
本・雑誌 OHM
本・雑誌内容 電気設備の開発・保守管理、電力システム、省エネ・新エネ、情報通信、輸送交通、ナノテク・材料などの最新技術動向、エネルギー政策、環境・安全対策、電気関連法規・基準の改訂、技術者教育、知的財産権など、電気・エネルギーに携わる技術者に必要な情報を毎月提供。電験一・二種と技術士の資格情報および学習記事も掲載しています。
本・雑誌内容詳細 ■トップページ

電力システムに魅せられて半世紀
横山 明彦 電気学会 会長

■特集

電力×IoT~IoTを活用した新しいエネルギーマネジメントシステム~

・電力エネルギー分野におけるIoTの活用
 ~バーチャルパワープラント構築とアグリゲーションビジネスの普及に向けて
 経済産業省

・「デジタル・ユーティリティ」に変容する電力事業
 北島 尚史(東京電力ホールディングス)

・スマートメーターデータを利用した新たな取り組み
 大山 雅之(関西電力)

・電力損失が最小となる配電網構成最適化システム
 林 泰弘(早稲田大学)、吉永 淳(東京電力パワーグリッド)

・動き出したバーチャルパワープラント(VPP)
 ―構築の意義と実証事業への期待
 石井 英雄(早稲田大学)

■東京電機大学創立110 周年記念① 
 先輩・後輩による座談会
「工学の魅力、再発見! ―基礎技術の深化と異分野連携の重要性―」

 司会:枡川 重男(東京電機大学)
 相川 昭仁(三菱電機)、大熊 康浩(富士電機)、佐藤 達則(明電舎)
 大友 陽太、飛田 輝、山田 知宏(東京電機大学)

■解説

・地中送電線の概要と技術動向
 幸山 和晃(古河電気工業)

・SPring-8 とSACLA の施設概要と設備保守
 澤田 桂(理化学研究所)

・大型蓄電池システムの試験・評価 NITE-NLAB における試験施設
 山本 耕市(製品評価技術基盤機構)

■ライセンス(資格試験)

・電験二種合格!実践セミナー〈二次予想問題〉
 植田 福広、岡部 浩之

■連載・コラム

・東京電機大学創立110 周年記念② 新リレー連載
 社会インフラを支える「エネルギーと情報」 
 安心で快適な社会を支える電力系統
 加藤 政一(東京電機大学)

・電気技術者のためのキーテクノロジー150選
 前田 隆文、植田 福広、田沼 和夫

・超電導応用・最前線
 鉄道用超電導き電ケーブル
 富田 優(鉄道総合技術研究所)

・電気の歴史ウラ話
 変圧器の成り立ち
 矢田 恒二(矢田技術士事務所)

・みんなで創ろう!スマートハウス事例集 
 ENEX2017 メインブースの紹介
 -マルチベンダー化を実現したHEMS「光BOX+」
 一色 正男、笹川 雄司(神奈川工科大学)

・プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門
 口頭発表編:リハーサルを制すものが本番を制す
 安田 陽(京都大学)

・電験「理論」を極める! 
 電界の求め方 その1 ~クーロンの法則~
 岡部 浩之

・再読―読んでおきたい一冊
 ダニエル・ヤーギン 著、伏見 威蕃 訳「探求-エネルギーの世紀(上・下)」
 松樹 千年翠(コラムニスト)

・人類世の地球環境
 カザフスタン 灌漑がつくった国
 杉山 大志(キヤノングローバル戦略研究所)

・電気関連分野で活躍する技術者からのメッセージ
 博士号を持つ技術士が推進する半導体の研究開発
 小埜 和夫(日立製作所)

■NewsFlash

・経済産業省/大規模太陽光発電の入札手数料が閣議決定
・経済産業省/高レベル放射性廃棄物最終処分のマップを公表
・国土交通省/無電柱化推進の基本的方向性を取りまとめ
・日本電機工業会/定置用リチウムイオン蓄電システムの出荷実績公表
・コージェネ財団/ 2016 年度コージェネレーション導入実績を公表
・NICT、産総研/途切れにくい新周波数でドローンの飛行に成功

■レポートほか

・OHMかわらばん
プロダクトNo 294
出版社 オーム社
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。