OHM 定期購読・最新号・バックナンバー

OHMの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

OHM雑誌の詳細です。


OHMの公式サイトへ
本・雑誌 OHM
本・雑誌内容 電気設備の開発・保守管理、電力システム、省エネ・新エネ、情報通信、輸送交通、ナノテク・材料などの最新技術動向、エネルギー政策、環境・安全対策、電気関連法規・基準の改訂、技術者教育、知的財産権など、電気・エネルギーに携わる技術者に必要な情報を毎月提供。電験一・二種と技術士の資格情報および学習記事も掲載しています。
本・雑誌内容詳細 ■トップページ

配電盤は縁の下の力持ち
寺田 哲也 関西電機工業(株)代表取締役

■特集

高圧受電設備〈配電盤〉の最新動向

・配電盤の現状
 奥田 真澄(勝亦電機製作所)

・配電盤関連規格
 古賀 史人(日本電機)

・環境配慮型配電盤と配電盤の省エネ・省コスト化に向けた取り組み
 山崎 忠照(正興電機製作所)

・配電盤の温度上昇対策
 松浦 光樹(内山電機工業)

・高圧受電設備の事故原因と対策
 寺門 繁(国分電機)

・新製品・注力製品概要 ニーズに対応する新製品開発のあり方
 小久保 健司(日東工業)

■インタビュー

新しく生まれ変わる福島― 福島送電合同会社による送電網建設
鈴木 精一  福島発電(株)代表取締役社長、福島送電合同会社 代表社員職務執行者 

■解説

・石炭火力発電所から発生した石炭灰(エージング灰)のリサイクル資材化技術
 浅田 素之(清水建設)

・レアメタルに関する大きな誤解:工場のゴミゼロ化は本当に環境に優しいのか?
 岡部 徹(東京大学)

・工場向け可視光通信
 松本 信幸(IT ジャーナリスト)

■ライセンス(資格試験)/付録

平成29年度 電験一・二種一次試験問題と解答・解説

■連載・コラム

・電気技術者のためのキーテクノロジー150選
 植田 福広、前田 隆文、田沼 和夫

・超電導応用・最前線
 陸上・海上輸送機器用モータ
 中村 武恒(京都大学)

・社会インフラを支える「エネルギーと情報」 
 パワーエレクトロニクスの歴史と課題
 枡川 重男(東京電機大学)

・電気の歴史ウラ話
 電流計ができるまで
 矢田 恒二(矢田技術士事務所)

・みんなで創ろう!スマートハウス事例集 
 展示会レポート:エネルギーイノベーションジャパンに出展
 一色 正男、笹川 雄司(神奈川工科大学)

・プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門
 英語プレゼン・質疑応答編:質疑応答は「受け」ではなく「攻め」
 安田 陽(京都大学)

・電験「理論」を極める! 
  電界の求め方 その3 ~ガウスの法則~
 岡部 浩之

・再読―読んでおきたい一冊
 R.M. ロバーツ 著、安藤 喬志 訳「セレンディピティー: 思いがけない発見・発明のドラマ」
・英国レポート:物理学の偉大な歴史をたどって
 松樹 千年翠(コラムニスト)

・人類世の地球環境
 情報がタダになったら地球環境問題は解決されるか?
 杉山 大志(キヤノングローバル戦略研究所)

・電気関連分野で活躍する技術者からのメッセージ
 次世代の鉄道設備メンテナンスに向けて?いま自分に必要なこと?
 佐々木 将吾(東日本電気エンジニアリング)

■NewsFlash

・総務省/ FIT 運営の勧告に対する改善措置状況を発表
・経済産業省、情報処理推進機構/制御システムのセキュリティリスク分析ガイドを公表
・電力広域的運営推進機関/間接オークションの事業者説明会資料を公表
・産業技術総合研究所/薄膜太陽電池の特性解析ソフトを無償公開
・JFE エンジニアリング、豊橋バイオウィル/豊橋市バイオマス利活用センターが稼働開始
・神戸市水道局ほか/水道スマートメーターによる自動検針トライアルを開始

■レポートほか

・OHMかわらばん
・第65回電気科学技術奨励賞 受賞者決定
プロダクトNo 294
出版社 オーム社
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。