労働科学 定期購読・最新号・バックナンバー

労働科学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

労働科学雑誌の詳細です。


労働科学の公式サイトへ
本・雑誌 労働科学
本・雑誌内容 安全・安心は、現代社会が求める重要な条件のひとつです。『労働科学』は1924年に創刊。「労働と生活と環境に関する総合的研究」を標榜し、産業安全・産業保健・職場環境をテーマとする労働科学研究によって、働く人=生活者の安全・安心をめざしています。原著・総説・諸外国の文献紹介・学会だより等の内容で、国内外の学者・研究者に活用されています。
本・雑誌内容詳細 鈴木一弥,落合信寿,茂木伸之,山本崇之,岸一晃,浅田晴之
高さ可変デスクを使用したデスクワークへの立位姿勢の導入が身体違和感,疲労,下腿周径に及ぼす影響
労働科学,90(4),117~129,(2014)
 高さが可変できるデスクを使用した立位の挿入がデスクの作業者の下腿周径,主観的疲労感,作業パフォーマンスに及ぼす影響を検討した。12名(男性6名,女性6名)の被検者が実験に参加した。2時間のパソコン作業(文章転写)を(1)座位条件,(2)20分間の立位と40分間の座位の繰り返し(転
換条件),(3)立位条件,の3条件で実施した。左足の下腿周径,主観的疲労感,身体違和感,反応時間課題が作業開始前,作業開始後20分,60分,80分,120分に測定された。左足・足首および膝・下腿の違和感は立位と比較して座位および転換条件で有意に低下した。臀部の違和感は座位条件と比較し
て立位および転換で低下した。眠気の平均評定値は,座位>転換の傾向差を示した。下腿周径は,座位と比較して転換条件で有意に低下した。                キーワード: オフィスワーク;デスク;座位作業;立位作業

Kazuya SUZUKI, Nobuhisa OCHIAI, Nobuyuki MOTEGI,Haruyuki ASADA, Kazuki KISHI,Takayuki
YAMAMOTO
Effects of intermittent standing during desk work using a height-adjustable desk on
discomfort of the body, subjective fatigue and lower-leg swelling.
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR,90(4),117~129,(2014)
Effects of introducing intermittent standing during desk work were studied by examining
lower-leg swelling, subjective fatigue and performance. Twelve students (6 males and 6 females)carried out a computer task (transcription task) for two hours in three conditions: 1)sitting, 2) sitting-standing( twice repeating 20-min standing and 40-min sitting) and 3) standing.
The circumference of the left lower leg, subjective fatigue including sleepiness and symptoms of discomfort in the body parts were recorded at 20 min, 60 min, 80 min and 120 min after the beginning of the task. Fatigue of the feet was prominent in the standing condition and decreased in sitting and sitting-standing conditions. Fatigue of the hips was prominent in the sitting condition and tended to decrease in sitting-standing and standing conditions. Sleepiness tended to decrease during sitting-standing compared to that during sitting. Lower leg swelling was the smallest after sitting-standing, significantly smaller than in the case of the sitting condition.
Key Words:Sit-stand desk;Officework desk;Sedentary work;Standing work

中井 宏,臼井 伸之介
先行車と追従車の車種が高速道路走行中の車間時間に及ぼす影響
労働科学,90(4),130~137,(2014)
本研究では,先行車の車種と後続車の車種が車間時間に及ぼす影響を検討した。高速道路における観察調査を実施し,先行車両を追従中の7,370台の車間時間を計測した。先行車種の影響については,大型先行車を追従する場合に車間時間が長くなるとの仮説を立てたが,支持されなかった。一方で,追従車種の影響が認められ,大型乗用車や大型貨物車は普通乗用車よりも車間が長いことが示された。この観察結果を,我が国で発生した追突事故データと比較し,追突事故が生起する過程について,車種の観点から考察した。 キーワード: 車間時間;車種;追突事故;自然観察;高速道路

Hiroshi NAKAI, Shinnosuke USUI
The Effect of the Sizes of Leading and Following Vehicles on Inter-vehicle gap
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR,90(4),130~137,(2014)
The aim of this study was to demonstrate the effect of the types of leading and following vehicles on the inter-vehicle gap between the front of a driver’s vehicle and the rear of the leading vehicle. Data (n = 7,370) were obtained from naturalistic observations of vehicles on a motorway. Although we anticipated that the following vehicle drivers would leave a larger gap when the leading vehicle was large, this hypothesis was not supported. In fact, heavy vehicle drivers tended to keep a greater inter-vehicle gap than passenger car drivers. These results were discussed by comparing the observed data with actual data in motorway accidents.
Key Words:Time headway; Vehicle types,;Rear-end collision,;Naturalistic observation,;Motorway

堀口俊一,寺本敬子,西尾久英,林千代
「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性脳症)に関する研究の足跡(10)1931 年から内務省令実施(1935 年)まで(前編)
労働科学,90(4),138~152,(2014)
我が国において,1895(明治28)年に所謂脳膜炎と仮称される乳幼児の疾病が報告された。1923(大正12)年,京都大学小児科教授平井毓太郎によって,その原因が主として母親の用いる白粉中の鉛白による慢性中毒であることが究明された。1930(昭和5)年,鉛白使用化粧品に対する規制が明文化され,1935(昭和10)年から上記規制が実施に移された。私どもは,小児科領域の文献を使って,1931-1935年における当該疾患に対する研究の足跡を辿り,この期間に「児科雑誌」に発表された当該疾患の論文132編を調査した。論文は総説,統計,症例,臨床,検査,病理,実験の7項に分類することができた。この研究ではそのうち総説,統計,症例を取り上げて論考した。
キーワード: 仮称所謂脳膜炎;鉛毒性脳症;鉛白の法規制明文化後の諸研究(1931 ~ 1935);平井毓太郎;児科雑誌

Shun’ichi HORIGUCHI, Keiko TERAMOTO, Hisahide NISHIO, Chiyo HAYASHI
The Studies of Lead Encephalopathy in Infants in Acta Paediatrica Japonica from 1931 to 1935 when the Ministerial Ordinance came into force (the first part)
THE JOURNAL OF SCIENCE OF LABOUR,90(4),138~152,(2014)
An infant disorder, so-called meningitis in infancy (SCMI), was firstly reported in the 28th year of the Meiji era (1895) in Japan. Professor Ikutaro Hirai at the Kyoto University Department of Pediatrics clarified in the 12th year of the Taisho era (1923) that SCMI was a chronic lead-poisoning disease caused by white lead contaminated in the mothers’ cosmetic powder. The special regulation of white lead was stipulated in the 5th year of the Showa era (1930) and came into force in the 10th year of the Showa era (1935). We traced the history of SCMI research using the publications in the pediatric medicine in 1931-1935.: we studied 132 SCMI articles which were published in Acta Paediatrica Japonica issued in this period. These articles were classified intoseven groups, namely, reviews, statistical studies, case studies, clinical observations, laboratory findings, pathology and experimental study articles. In this study, we took up and discussed the review, statistics and case study articles.
Key Words: So-called meningitis named tentatively; Lead encephalopathy; Studies after stipulation of the regulation of white lead (1931 ~ 1935); Ikutaro Hirai; “Zika -zasshi” (Acta paediatrica Japonica)
プロダクトNo 2857
出版社 労働科学研究所
発売日 毎偶月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。