月刊レジャー産業資料 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊レジャー産業資料の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊レジャー産業資料雑誌の詳細です。


月刊レジャー産業資料の公式サイトへ
本・雑誌 月刊レジャー産業資料
本・雑誌内容 レジャー産業の諸資料と経営に関する専門誌。レジャー産業の経営実態事例やニュービジネスをデータに基づいて紹介、解説し、その未来の予測の提示を編集方針とします。不動産、建設、観光、健康、レジャー産業関連業界を中心に幅広い業界のかたより支持されています。
本・雑誌内容詳細 【特集1】
パチンコ産業
「日本型IR」「規則改正」を迎えて

今年以降、本格化するとみられる「日本型IR」実現に向けた動き、そして2月1日の「遊技機規則改正」はいずれも今後の業界のあり方を変えるきっかけとなるだろう。国会ではギャンブル等依存症対策基本法案の審議に続き、IRの具体的な枠組みを定める実施法案の提出、審議が予定され、日本型IR整備への準備が着々と進む。
こうした動きを踏まえ施行された改正・遊技機規則では、これまで以上に射幸性を抑制した遊技機開発やホール営業のあり方を検討していくことが求められている。魅力ある遊技機、ホールの創造を経てファン拡大を果たし、どのように産業としての活路を見出すかを探る。

[OVERVIEW]
■「低射幸性」モデルへの転換を果たし、マーケット再興に向けた戦略実行を
 パチンコ人口の推移/パチンコ・パチスロ市場規模の推移/店舗数の推移/遊技機設置台数の推移 など

[VIEWPOINT]
■市場縮小のなか依存問題への対応迫られ局面打開へきっかけつかめず
 遊技規則改正の概要/パチスロ5.9号機と6号機の新旧自主規制対照表/平均台売り上げの推移

[TOP INTERVIEW]
■佐藤公平氏 ㈱ダイナムジャパンホールディングス 取締役会議長 代表執行役
 パチンコを“日常の娯楽” として明確に位置づけたホール経営を実践し、
 変革に向かううねりを起こす

[INTERVIEW]
■阿部恭久氏 全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連) 理事長
 規則改正は遊技環境を「変える」好機
 コミュニティホールの強みを発揮へ

■庄司孝輝氏 (一社)日本遊技関連事業協会 会長
 依存対策の強化に「申告プログラム」活用
 ファン拡大に向けメーカー、ホールが協働を

[DATA]
■売上高ランキングからみたパチンコホール企業の経営動向
 売上高判明企業の総売上高の推移/売上高規模別の企業数シェア/上位1,500社のシェアの推移/上位1~1,500社の1社当たりの売上高推移/ホール経営企業売上高トップ10の概要

[注目システムレポート]
■ピィーディーシー㈱


【特集2】
「変わる」ホテル開発
広がるチャンス

インバウンド拡大を背景に客室不足が叫ばれて以降、ホテル開発の勢いは一気に増した。もはや“足りない” “足りる” という供給量のみにとらわれた開発ではなく、供給増に備えた差別化可能な“質” の確保が求められている。
日本人ビジネス客・観光客をターゲットにした大量の既存ストックはあるものの、インバウンドや次世代の消費者をターゲットにしたマーケットには開発の余地が広がっている。シングルルーム主体の「ビジネスホテル」から、立地・客室の広さ・ルームミックス、パブリックスペースをはじめ、開発のセオリーは変化した。経営・運営スタイルもロボティクスやITなど機械化の進展により変わろうとしている。
マーケットと開発・経営トレンドの「変化」にフィーチャーし、広がるビジネスチャンスに迫った。

[OVERVIEW]
■マーケット変容でセグメント化進むターゲットとポジショニング
 延べ宿泊者数の前年比・前年同月比推移

■高林浩司氏 ホーワスHTL 取締役 マネージングディレクター
 需要の質の変化で開発バリエーション広がる

[VIEWPOINT]
■ADR主導でのRevPAR成長へ
 見直し求められる稼動率主義とプライシング
 STRに聞く、2017年ホテルパフォーマンス
 日本全体の客室稼動率、ADR、RevPAR成長率/三大都市圏と地方部のRevPAR成長率/東京・大阪・京都の客室稼動率とADR成長率/アジア・太平洋と日本の供給量(前年比成長率)/各国通貨による日本全体のADR成長率

■訪日客4,000万人時代の客室不足は東京のみ
 大阪、京都は供給増で需要回帰も見込む
 CBREに聞く、2020年ホテル需給動向
 都市別ホテル客室数と新規供給の割合/東京・大阪・京都の客室数と必要客室数(2020年)/外国人訪問者1人当たりの客室数と訪問地別宿泊率(2016年)

[CASESTUDY]
■「変わる」立地
 星野リゾート OMO
 観光客にとってのベストロケーションは「CCD」
 ローカルな魅力が旅のテンションを上げる

■「変わる」客室サイズ
 MIMARU
 マンション分譲のノウハウを活用
 40㎡超の客室でインバウンドニーズを捉える

■「変わる」ルームミックス
 からくさホテル
 ツイン主体の客室構成で複数人利用の観光需要に対応
 ミドルクラスにおいて優位性を獲得

■「変わる」接客サービス
 変なホテル
 エリアニーズに沿った技術導入によって快適性と生産性の向上を図る

■「変わる」レベニューマネジメント
 メトロエンジン
 人工知能・機械学習技術を活かした未来志向のレベニューマネジメント
 客室単価を自動算出しRevPAR最大化へ


[特別企画]
進化するホテル開発
NEWビジネスモデル研究
新業態カプセルホテル・ホステル・ゲストハウス

[VISUAL REPORT]
■TRIP POD FUKUOKA -snack&bed-
 充実したサービスの提供と運営の効率化を両立するIoTコンセプト型ホステル

■TurnTable
 徳島県が渋谷・神泉町に体験型情報発信拠点としてオーベルジュをオープン

■キャビン&ラウンジ ハイランドステーション イン
 「富士急ハイランド」オフィシャルカプセルホテル

■Smart Stay SHIZUKU京都駅前
 駅近の好立地にオープンした進化型カプセルホテル

[注目商品レポート]
■アルメックス
 アルメックス×andfactoryが簡易宿所・民泊向け宿泊管理システム「innto」を共同開発

■「innto」導入事例「&AND HOSTEL AKIHABARA」
 初めてでも迷わず使えるユーザビリティで
 初期コストゼロ・運営業務の効率化を実現
 ホピタリティの向上にもつながる

■三菱電機
 諸外国とのコミュニケーションを円滑にする、
 運用しやすいインフォメーションシステム「カンタンサイネージ®」

■インターピア
 宿泊管理と時間課金を両立
 カプセルホテルに特化したPOSシステム「カプセルマネージャー」

[注目企業レポート]
■デコラボ
 ドーム型ホテルやコンセプトルーム
 ローコストの浴室再生など「収益性」最重視の“アートワーク”を展開

■利光ファシリティーズ
 快適空間の創造と省エネを両立させる
 エアコンメンテナンスのプロフェッショナル

■ピーサポート
 ホテルの差別化戦略をサポートする「AirConcept」が生み出す上質な空間

[ホテル運営をサポートする最新システム&商品]


[TREND EYES]
■京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)
 既存施設と連携し、ファミリー層へ訴求
 沿線価値の向上目指す

■The Millennials Shibuya
 ミレニアル世代に特化した宿泊施設
 新しい文化の発信源・渋谷に誕生

[Front Lines]
■コシダカホールディングスがアメリカのカーブス本部を買収し子会社化

■ボルテックスがホテル開発に進出
 快適性と高い利回りを両立

[イベントレポート]
■JAEPO×闘会議2018


[連載・コラム]
■知らなきゃ損するフードサービス[Hot]トピックス (116)
 ちょい飲み大衆居酒屋業態の次を模索
 「映像居酒屋 ロボ基地」で進む実験
 海原 一

■ホテルサービス喜怒哀楽(47)
 夜遊びホテル2
 瀧澤信秋

■たんちてるの観光地再生奮闘記(74)
 崩れるのはあっという間
 たんち てる

■新時代のホテル開発コンセプト(13)
 ハイアット セントリック 銀座 東京
 永宮和美

■パラダイムシフトに対応する婚礼戦略(47)
 旧クルぺ邸 セントジョージジャパン/平安神宮会館
 堂上昌幸

■アクティブ女性が切り拓く
 レジャートレンド(128)
 牛窪 恵
 東京ペットホーム

■世界の先進的街づくり探訪(90)
 篠田香子
 韓国 ソウル

■近未来の「遊び」学(10)
 生活レベルの改善と消費者余剰の恩恵
 佐藤 仁

■星野リゾートの進化・改革
 「リゾート運営の達人」を超えて「ホスピタリティイノベーター」へ(26)
 長門湯本温泉観光まちづくり計画で「界」開発の価値づけを

■実践! SC経営
 続・SC経営に活かすマーケティング理論(109)
 SCのマルチ収益モデル
 西山貴仁
プロダクトNo 2829
出版社 綜合ユニコム
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。