月刊レジャー産業資料 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊レジャー産業資料の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊レジャー産業資料雑誌の詳細です。


月刊レジャー産業資料の公式サイトへ
本・雑誌 月刊レジャー産業資料
本・雑誌内容 レジャー産業の諸資料と経営に関する専門誌。レジャー産業の経営実態事例やニュービジネスをデータに基づいて紹介、解説し、その未来の予測の提示を編集方針とします。不動産、建設、観光、健康、レジャー産業関連業界を中心に幅広い業界のかたより支持されています。
本・雑誌内容詳細 [特集]
「ロケーションベース」VR
体験価値が生み出す新たなにぎわい

アミューズメント施設(ゲームセンター・コーナー)市場は2007年の7,000億円規模をピークに、以降シュリンクし続け、15年には4,050億円にまで縮小した。一方、07年は1,000億円規模にすぎなかったオンラインゲーム・ソーシャルゲーム市場が、15年にはついに1兆円を突破するまでに成長するなど、対照的な様相を呈している。
こうしたなか、8月に公表された「レジャー白書2017」((公財)日本生産性本部)において、16年のゲームセンター・コーナー市場が対前年比4%となる4,210億円となり、9年ぶりに底打ち・反転をみせたことが話題だ。
16年といえば「VR元年」、日本にもロケーションベースVRが続々誕生した年である。一般家庭にVRが普及するにはまだハード価格が高く、ほとんどがVR体験未経験者のなか、没入感に優れる「VRらしい」体験価値の提供で、新たな顧客獲得が期待される。

[OVERVIEW]
■「VRならでは」の体験価値で広がる「ロケーションベース」VR市場の
 成長可能性
 (株)Mogura 代表取締役社長 久保田 瞬

[INTERVIEW]
■「13歳問題」などへの対応を急ぎつつ、健全なマーケット発展に貢献したい
 安藤晃弘氏 (一社)ロケーションベースVR協会 代表理事

[OPINION]
■多くの人が楽しみを「共有」できるスポーツや音楽分野に成長の余地あり
 足立 光氏 (株)電通 ビジネス・クリエーション・センター
 ビジネスイノベーション戦略室 次世代領域推進部 部長

[CASESTUDY]
■VR ZONE SHINJUKU
 日本最大級・16種類のアクティビティを提供
 国内外20店舗以上を展開へ

■ZERO LATENCY VR
 ロケーションベースVRの先がけ
 東京ジョイポリスとの親和性活かし、高稼動を実現

■VR PARK TOKYO
 ライトユーザーを獲得しつつ、マーケット開拓への先行投資も念頭に

■SEGA VR AREA AKIHABARA
 既存AM施設にVRアトラクションを導入
 新たな顧客層の獲得で集客増目指す

■SHIBUYA VR LAND
 「H.I.S.店舗併設型」「HTBのアンテナショップ型」
 グループシナジーを活かす

■コニカミノルタVirtuaLink
 プラネタリウム運営のノウハウを仮想空間と融合
 癒しやリラックスできるVR施設へ

[FOCUS]
■「日本一のVRテーマパーク」を目指すハウステンボスの成長戦略

[ANOTHERVIEW]
■ARを駆使したテクノスポーツ“HADO”
 能動的な身体体験の実現により、新たなコンテンツとして世界が注目


[TREND EYES]
■The Millennials Kyoto
 「ミレニアル世代向け」に特化した「ライフスタイル型」カプセルホテル
 コワーキングスペースも併設

■大磯プリンスホテル「THERMAL SPA S.WAVE」
 スパ棟を新設し、客層拡大と通年稼動の向上を狙う

[Front Lines]
■スパリゾートハワイアンズに高低差・長さ日本一のボディスライダー

■百戦錬磨が大阪で1棟型民泊マンションの運営を開始

■森トラストが虎ノ門と銀座にマリオットのライフスタイルホテル
 「EDITION」を誘致

■三菱地所グループが宿泊主体型ホテルの新ブランドを
 東京、大阪、名古屋に出店

[Visual Report]
■野沢温泉スポーツ公園
 日本最長のジップライン、本格的なサマーゲレンデなどを整備
 通年型リゾートとして100万人体制を目指す

[シリーズ企画]
■「体験」で広めつなげる企業コミュニケーションの空間づくり (第3回)
 グリコピア CHIBA

■レジャー施設の食による新たな集客スキーム (第3回)
 動物園・水族館のインスタジェニックな食の潜在力
 文殊リサーチワークス 中村圭

■日本独自のIR実現に向けて
 「世界最高水準」 を満たす規制導入の考え方
 IR推進会議の議論を振り返る
 あずさ監査法人 パートナー
 公認会計士/米国公認会計士(ニューハンプシャー州) 内田聡

[DATA FILE]
■レジャー白書2017
 市場規模は70兆9,940億円
 スポーツ、日帰り、住居周りの余暇が人気

[短期集中連載]
■マーケット激変!
 進化するモノ・コト消費と事業戦略立案のヒント(1)
 消費の意味が変わる
 小松崎雅晴

[イベントレポート]
■第4回ユーザー会~集客施設情報交換会~
 グッドフェローズ


[連載・コラム]
■知らなきゃ損するフードサービス[Hot]トピックス (109)
 駐車場のスチールキャビン型空中店舗
 「屋台屋 博多劇場」大井町店
 海原 一

■ホテルサービス喜怒哀楽(40)
 過剰接待
 瀧澤信秋

■たんちてるの観光地再生奮闘記(67)
 “商売っ気がないですね” の一言
 たんち てる

■新時代のホテル開発コンセプト(6)
 京都グランベルホテル
 永宮和美

■パラダイムシフトに対応する婚礼戦略(40)
 勝ち残る企業となるためには法務への対応も必須
 ブライト
 堂上昌幸

■アクティブ女性が切り拓くレジャートレンド(121)
 ホワイトホワイト 恵比寿本店
 牛窪 恵

■世界の先進的街づくり探訪(83)
 イギリス領 バミューダ諸島
 篠田香子

■近未来の「遊び」学(3)
 ロジェ・カイヨワの「遊び」の4分類
 佐藤仁

■星野リゾートの進化・改革
 「リゾート運営の達人」を超えて「ホスピタリティイノベーター」へ(21)
 「信頼」が結ぶビジネスの進化
 DBJとの2号ファンド組成へ

■実践! SC経営 続・SC経営に活かすマーケティング理論(102)
 テナント営業指導から考えるSC運営①
 西山貴仁
プロダクトNo 2829
出版社 綜合ユニコム
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。