礼拝と音楽 定期購読・最新号・バックナンバー

礼拝と音楽の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

礼拝と音楽雑誌の詳細です。


礼拝と音楽の公式サイトへ
本・雑誌 礼拝と音楽
本・雑誌内容 日本のキリスト教界における「礼拝と音楽」に関して、本誌は最も伝統と信頼性がある研究誌と言っても過言ではありません。毎号1つの特集を組み、その分野の専門家から寄稿して頂きます。これまでに「オラトリオ」「カルヴァン」「メンデルスゾーン」「ミサとミサ曲」「祝福と派遣」「戦争と平和」など、特長のある様々な特集を組んできました。また、「礼拝と音楽」に関連する連載、読書紹介、演奏会案内、教会で用いる聖書日課などを収録しています。
本・雑誌内容詳細 特集 奏楽の今・これから

奏楽者は、礼拝において大きな責任を担っている。わずかな時間をも惜しんで余念なく準備し、極限の集中力で礼拝に臨み、反省点をふり返る。礼拝後にはエネルギーを使い果たしてへとへとになることもある。悔やみきれない失敗もある。でも、奏楽者たちは知っている。神さまの手が、足が、楽器を奏する自分の手足の上に、いつもそっと添えられていることを。

◆礼拝の中での奏楽の役割と選曲……椎名雄一郎
◆会衆賛美とオルガン奏楽の歴史……秋岡 陽
◆【座談会】奏楽者の育てあい、育ちあいの現場で
  ……稲垣壬午、末次かおり、三浦優子、司会=竹佐古真希
◆奏楽者育成の実践──各地の取り組みから
◆「奏楽者がいない」を豊かな礼拝への転換点に……中村証二
◆さまざまな楽器を用いて……佐々木咲野加、塚本潤一、小栗 献

【特別寄稿】
◇韓国の教会とオルガニスト……キム・ジソン


【好評連載】
◇礼拝とシンボル(15)……文=宮越俊光、画=吉永直子
◇“コンテンポラリー”を識る(2)……井上 義
◇主に向かって“新しく”うたおう!(10)

プロダクトNo 2813
出版社 日本キリスト教団出版局
発売日 1,4,7,10月の11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。