臨床病理 定期購読・最新号・バックナンバー

臨床病理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

臨床病理雑誌の詳細です。


臨床病理の公式サイトへ
本・雑誌 臨床病理
本・雑誌内容 日本臨床検査医学会の学会誌として,医師,検査技師,薬剤師,獣医師,歯科医師,看護師,企業の方々といった多くの医療に携わる人々に,最新の医療情報をいち早くお知らせしています。MEDLINEにも収載されており,インターネットでの検索も可能です。
本・雑誌内容詳細 66巻3号

2018年度日本臨床検査医学会学会賞募集要項-「学術賞」「検査・技術賞」「若手研究者奨励賞」-  239
■原著
心胸部外科手術が右心機能指標に及ぼす影響に関する後ろ向き縦断研究:心エコー検査におけるTAPSEの意義 (伊藤大輔)  247
■短報
慢性期病院の新入院患者の現状と臨床検査技師の役割 (武久洋三)  253
■総説
IgG4関連血管病変 (笠島里美)  258
■トピックス:ゲノム医療の推進
Melting Temperature(Tm) mapping法:新たな敗血症起炎菌迅速同定法 (仁井見英樹)  267
がん遺伝子パネル検査 (中谷 中)  275
次世代シーケンサーを用いた遺伝学的検査 (神力 悟)  281
■第29回関東・甲信越支部総会
シンポジウムI:感染対策
多剤耐性菌 (菱沼 昭)  288
抗酸菌迅速発育株とMALDI-TOF MSの臨床応用 (鈴木弘倫)  297
当院における感染対策 (福島篤仁)  300
シンポジウムII:内分泌疾患
妊娠と甲状腺【抄録】 (荒田尚子)  305
糖尿病性神経障害Update (麻生好正)  306
■第64回学術集会
シンポジウム3:次世代の微生物検査を考える
司会のことば (一山 智)  316
微生物検査の進むべき方向性【抄録】 (小佐井 康介)  318
微生物学的検査技術の進歩 (小松 方)  319
新しい検査の臨床応用 (長尾美紀)  324
感染症診療および感染制御の次世代を支える専門職チームのあり方 (青木洋介)  328
医療倫理シンポジウム:検体の取扱いと研究倫理の最前線
司会のことば (通山 薫)  333
広島大学における取り組みの実際 (横崎典哉)  335
法学専門家の立場から(講演記録) (辰井聡子)  339
個人情報保護法等の改正に伴う研究倫理指針の改正について (古田淳一)  342
■資料
平成29・30年より適用の新規保険収載検査項目の解説  350
プロダクトNo 2802
出版社 克誠堂出版
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。