臨床外科 定期購読・最新号・バックナンバー

臨床外科の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

臨床外科雑誌の詳細です。


臨床外科の公式サイトへ
本・雑誌 臨床外科
本・雑誌内容 消化器一般外科臨床のトピックスを毎号特集形式で解説するほか、厳選された投稿論文を「臨床研究」「臨床報告」「手術手技」などに種別して掲載。毎号、外科医必読の項目を満載。巻頭の「カラーグラフ」欄も充実している。年1回、時宜を得たテーマで増刊号を発行。
本・雑誌内容詳細 ■特集 閉塞性大腸癌 ベストプラクティスを探す〔特別付録Web動画付き〕■
閉塞性大腸癌のup to date(斉田 芳久)
《閉塞性大腸癌に対するステント留置》
ステント留置術のコツとピットフォール(吉田 俊太郎・他)
術前減圧はどちらを選ぶ?-ステントversusイレウス管(松田 明久・他)
根治切除不能閉塞性大腸癌のマネジメント-ステント留置versus外科治療(廣 純一郎・他)
《閉塞性大腸癌に対する手術》
一期的手術versus二期的手術【動画付き】(向井 正哉・他)
開腹手術versus腹腔鏡手術(赤木 智徳・他)
閉塞性大腸癌における口側腸管検索
 術前画像診断と術中大腸内視鏡検査(佐々木 和人・他)
閉塞性大腸炎のマネジメント(亀山 仁史・他)
閉塞性大腸癌の予後と補助化学療法(牛込 充則・他)


●FOCUS
小児肝移植の現状とこれから(笠原 群生)

膵癌術前治療の病理組織学的効果判定法の現状(古川 徹)

cadaver trainingを国内で普及させるために-クリニカルアナトミーラボの導入
 (鈴木 崇根)

●(新連載)Reduced Port Surgery-制限克服のための達人からの提言・1
総論 Reduced Port Surgeryの歴史と現況(森 俊幸・他)

●(新連載)なかなか書けない外科医のための集中講義-英文論文を書いてみよう・1
なぜ研究をするのか?(杉山 政則)

●病院めぐり
景岳会南大阪病院外科(竹村 雅至)

●臨床報告
特発性大網出血の3例(高取 寛之・他)

腸管狭窄をきたした小腸悪性リンパ腫の1例(杉 朋幸・他)

拡大腹直筋皮弁と大腿筋膜を用いて腹壁再建した腹壁浸潤上行結腸癌の1例(長嶋 康雄・他)

腹腔鏡下に切除しえた巨大な成人重複腸管の1例-報告30例の集計(松林 潤・他)

●ひとやすみ・159
飲酒時における医療行為(中川 国利)

●昨日の患者
人生最期の大冒険(中川 国利)

●1200字通信・113
挫折とお餅とお饂飩と(板野 聡)

●8年目のportrait・3
回診の思い出(新里 陽)
プロダクトNo 2791
出版社 医学書院
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。