油空圧技術 定期購読・最新号・バックナンバー

油空圧技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

油空圧技術雑誌の詳細です。


油空圧技術の公式サイトへ
本・雑誌 油空圧技術
本・雑誌内容 油圧技術と空気圧技術は、ともに流体のエネルギーを利用する動力伝達に関する技術です。油圧技術の本格的な導入は1950年以降で、この優れた生産性と経済性はあらゆる産業において注目され、その領域も広げてきました。空気圧技術は、経済性と機能性に優れた技術で、今日では生産ラインにおいて不可欠な技術であり、宇宙開発、海洋開発、医療、レジャー産業から工具まで幅広く利用されています。本誌は、この油圧・空気圧は勿論、電子技術、真空技術を含めた流体応用技術の専門誌として、実務面の解説、システムの設計、研究開発、機器の選定、メンテナンス、経済効率、技術資料等を提供します。対象読者は生産技術関係、設計者を中心に、開発、管理部門まで読者層の広がりがあり、30歳代を中心に安定した読者層を持っております
本・雑誌内容詳細 ■特集:コンプレッサ
○巻頭言:モバイルエアコンプレッサへの期待/東京電機大学/藤田壽憲

○環境に配慮した新型油水分離機/㈱アメロイド日本サービス社
コンプレッサが圧縮空気を作る際に発生する水がドレン水である。給油式コンプレッサのドレン水は油を含んでいるので、事業者は工場排水として適切な処理をしなければならない。本稿ではドレン水の発生原理と、その処理に適した油水分離機について説明する。

○空気圧システムの省エネルギー対策および製品/SMC㈱/妹尾 満
本稿では、コンプレッサとメインラインの省エネルギー対策および省エネルギー製品としてメインラインフィルタ AFFシリーズと Sカプラーを紹介する。

○インダストリー4.0と圧縮空気システムの制御/ケーザー・コンプレッサー㈱/河合 仁
インダストリー 4.0を掲げ、 IoT技術をリードするドイツ。その中でも IoT技術をいち早く取り入れ、圧縮空気システムの省エネに結び付けた。本稿では、同技術を用いた新しい台数制御の方法を紹介すると共に具体的な省エネ実例を紹介する。

○新型オイルフリースクリュ汎用圧縮機の開発/㈱神戸製鋼所/木内 優
新型オイルフリースクリュ汎用圧縮機「エメロードALE IV」を商品開発し、 2016年より 120~ 160kWの水空冷機を販売開始した。本稿では、世界トップクラスのエネルギー効率を実現し、世界最高レベルの低騒音を達成した「エメロード ALE IV」を紹介する。

○製造現場におけるサイクロン気水分離機器の活用とその効果/㈱セイロアジアネット/ 岡 俊彦
圧縮空気の管理には『量的管理』と『質的管理』があるが、現在の様に超精密化を仕様とする製造現場には、質的管理の重要性が問われるのである。本稿では、電磁弁・シリンダ等の圧縮空気トラブルにサイクロン気水分離機器「水とりくん」は効果があるか?を検証してみた。

○新型オイルフリースクロール圧縮機/㈱日立産機システム/兼本喜之
クリーンで低騒音なオイルフリースクロール圧縮機に、当社にて開発した高効率アモルファスモータを一体化することで圧倒的な小型化を図り、更に圧縮機をインバータで回転速度速制御することで省エネを実現した、「アモルファスモータ一体型 オイルフリースクロール圧縮機」を開発した。

○エアコンプレッサ台数制御装置VM-1010ST/三浦工業㈱/寒川良浩
当社が提案する蒸気駆動エアコンプレッサ SDシリーズ、及び熱回収式電動エアコンプレッサ VAシリーズは、従来なかった規模で省エネを実現できる商品群である。本稿では、これらの機器の効果的な運用を容易に実現する機器として、蒸気駆動エアコンプレッサと連携が可能なエアコンプレッサ台数制御装置VMを紹介する。

○各社のコンプレッサ
アネスト岩田㈱/ヴァイサラ㈱/オリオン機械㈱/CKD㈱/東亜潜水機㈱/東芝産業機器システム㈱/㈱フクハラ/ベコテクノロジーズ㈱/北越工業㈱/三井精機工業㈱/㈱明治機械製作所

■連載
○油圧装置に於ける二大故障の根本的解決方法15/山本和夫

○ゴルフパロディ百人一首 第1回/北川楊篤

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧フィルタ
プロダクトNo 2698
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。