油空圧技術 定期購読・最新号・バックナンバー

油空圧技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

油空圧技術雑誌の詳細です。


油空圧技術の公式サイトへ
本・雑誌 油空圧技術
本・雑誌内容 油圧技術と空気圧技術は、ともに流体のエネルギーを利用する動力伝達に関する技術です。油圧技術の本格的な導入は1950年以降で、この優れた生産性と経済性はあらゆる産業において注目され、その領域も広げてきました。空気圧技術は、経済性と機能性に優れた技術で、今日では生産ラインにおいて不可欠な技術であり、宇宙開発、海洋開発、医療、レジャー産業から工具まで幅広く利用されています。本誌は、この油圧・空気圧は勿論、電子技術、真空技術を含めた流体応用技術の専門誌として、実務面の解説、システムの設計、研究開発、機器の選定、メンテナンス、経済効率、技術資料等を提供します。対象読者は生産技術関係、設計者を中心に、開発、管理部門まで読者層の広がりがあり、30歳代を中心に安定した読者層を持っております
本・雑誌内容詳細 ■特集:IFPEX2017~カレッジコーナーに見る最新技術~2
○神奈川大学原子力耐震工学研究室/神奈川大学/藤本 滋・鈴木健児・諸星陽裕
神奈川大学工学部機械工学科の原子力耐震工学研究室では、原子力プラントの耐震・制振技術および構造物振動を利用した振動発電手法の開発を行うとともに、水圧駆動システムの機器の開発と制御を行っている。

○高出力パワー密度を有するマイクロ液圧源とその応用/東京工業大学/金 俊完
直流電圧の印加により電極間に活発な流れが発生する電界共役流体(ECF)の駆動原理とマイクロマシン(MEMS)の加工技術を融合した新たなマイクロ液圧源を実現し、この液圧源をマイクロメカトロニクス(アクチュエータ、センサ、制御システム)へ応用した研究事例を紹介する。

○東京電機大学藤田研究室/東京電機大学/藤田壽憲
本研究室の正式名称は流体制御研究室であり空気圧システムの主として研究を行っている。本稿では、その中でIFPEXにパネル出展した「サーボ弁の動特性を考慮した静圧軸受エアステージの軌道制御」と圧縮機の動力に風車を用いた「風力圧縮機」について紹介する。

○徳島大学高岩研究室/徳島大学/高岩昌弘
徳島大学高岩研究室では空気圧駆動による人間支援システムを開発している。本稿では、多自由度を駆動できる空気式パラレルマニピュレータを用いた手首リハビリ支援装置、ならびに装着者の体重を用いることで電気エネルギーを用いない歩行支援シューズについて紹介する。

○沼津工業高等専門学校村松研究室/沼津工業高等専門学校/村松久巳
本稿では、高齢者の姿勢の特徴を説明し、介助者による立位保持・左右の重心移動の支援方法を述べている。さらに著者らが開発してきた空気圧装置の改良点を説明し、柔軟な床面上における空気圧装置の支援の効果を検討した結果について紹介する。

○法政大学デザイン工学部・高機能メカトロデザイン研究室/法政大学/田中 豊
IFPEX2017カレッジ研究発表コーナーに出展した法政大学デザイン工学部の田中豊教授が主宰する「高機能メカトロデザイン研究室」の最新研究テーマを紹介する。

■製品と技術
○HIAC油中パーティクルカウンターを用いた清浄度管理/ベックマン・コールター㈱/阿部将人
作動油・潤滑油の清浄度管理における校正規格および清浄度規格の違いと今後の方向性について、自動粒子計測法(パーティクルカウンター)の測定原理からメリットを踏まえ解説する。

■研究室紹介
○大阪工業大学フレキシブルロボティクス研究室/大阪工業大学/谷口浩成
当研究室では、ソフトアクチュエータ、ソフトロボティクスをキーワードに、創造的自律型技術者の育成を目指し活動している。本稿では、研究室の活動および研究内容について紹介する。

■連載
○フィルタの正しい知識と使い方14/KEWEngineering(キューエンジニアリング)/伊澤一康
作動油への静電気帯電による火花放電を防止するために設備の接地や導電性フィルターにより解決できるとの誤った知識が多い。静電気の帯電原理を正しく理解することにより、静電気火花放電による油圧システムの故障防止対策を紹介する。

○油圧装置に於ける二大故障の根本的解決方法16/山本和夫
○ゴルフパロディ百人一首(第2回)/北川楊篤


■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油空圧用シールとパッキン

プロダクトNo 2698
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。