目の眼 定期購読・最新号・バックナンバー

目の眼の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

目の眼雑誌の詳細です。


目の眼の公式サイトへ
本・雑誌 目の眼
本・雑誌内容 古美術・工芸のこころにふれる月刊誌をテーマに創刊され、35年の歴史をもつ『目の眼』。36年目の2013年4月号より、新編集長に白洲信哉氏を迎え、新装刊いたしました。洋の東西を問わず古美術・工芸品の美しさを追求する編集方針は継承しながらも、脳科学者・茂木健一郎氏の新連載がスタートするなど、よりバラエティに富んだ骨董・工芸の見方を探り、追求する紙面作りをいたします。骨董市情報や展覧会情報、現代の工芸作家の紹介記事など、古美術品に親しむための情報も満載です。
本・雑誌内容詳細 『目の眼』通巻500号記念 特別企画

アートコレクター最前線
21世紀を生きる数寄者たちのART&LIFE

前澤友作
市川猿之助
左右田鑑穂
佐藤辰美
佐久間幸子
中田梵庵
荒井 浩

古美術業界のキーパーソンに聞く
これまでの古美術 これからの古美術

戸田 博/井上繁雄/川島公之/柳 孝/田島 充
黒川精吉/池田哲郎/池田祥三/平野龍一/山口 桂

連載
柳宗悦 美に用いられた人 第39回
第23章 沖縄との邂逅 2
若松英輔

日本刀 五ヶ伝の旅 
備前伝の名工たち 第1回
長船派の交流と盟主光忠 1
田野邉道宏

肆拾壱ノ月 杜若 象形一輪挿し
ギャルリー正觀堂 藤田修作

Topics 
ART FAIR TOKYO REPORT
竹籠の魅力を再認識 都内4店舗で展示会を開催
モダンで斬新な竹工芸
東京アートアンティーク2018
ザ・美術骨董ショー
酒を盛り注ぎ、酌み交わす酒器の美


プロダクトNo 2629
出版社 目の眼
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。