ホリデーオート 定期購読・最新号・バックナンバー

ホリデーオートの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ホリデーオート雑誌の詳細です。


ホリデーオートの公式サイトへ
本・雑誌 ホリデーオート
本・雑誌内容 1971年の創刊以来、常にカーライフの最先端情報をリードしてきたホリデーオートが月刊化して、さらにパワーアップ。クルマを選ぶ、買う、乗る、維持する、買い換えるといったカーライフのあらゆるシチュエーションの中で”今”得するタメになる情報を満載。
本・雑誌内容詳細 【第一特集】
『昭和の男はスーパーカー』
○スーパーカーの系譜
 ①ランボルギーニ カウンタック LP400 etc.
 ②フェラーリ 512BBi etc.
 ③ポルシェ 930ターボ etc.
 ④ロータス ヨーロッパ スペシャル etc.
 ⑤ランチア ストラトス etc.
○スーパーカーの時代
 ①クルマ編/和製スーパーカー
 ②風俗編
 ③ミニカー編
 ④グッズ編
○スーパーカーQ&A
○最新スーパーカー事情
 ①最新ランボルギーニ2台を乗り較べ
 ・ウラカン ペルフォルマンテ × アヴェンタドール S
 ②スーパーカーインプレッション集 by 編集部
 ・フェラーリ 488GTB
・メルセデスAMG GT S
・BMW i8
・ロールス・ロイス レイス
・ランボルギーニ アヴェンタドール
・アストンマーチン DB11
・マクラーレン MP4-12C
・ランボルギーニ ウラカン
 ③日本のスーパーカーに乗りたい!
 ・NSX ・GT-R NISMO ・LC500
○スーパーカー懐かしの思い出話集
○対談・日本メーカーはスーパーカーが作れるのか

【第二特集】
『リーフがもたらすEV新世紀』
~新型リーフ 発表記念特集

【第三特集】
『N-BOX 全身進化』
~軽ナンバー1はどう進化したのか?

【速報】
『マツダSKYACTIV-X 速攻試乗!』

【特集】
『編集部員の夏休み自由研究』

『東京モーターショー 2017 出品確定車速報』
第二弾 ホンダ・マツダ・スズキ

『昭和のクルマ Q&A』

【特別企画】
◎カスタムカー最前線
・IMPUL ノート
・IMPUL セレナ
◎カローラ花冠パレード「ゴール編」
◎緊急入電 超速SCOOP 新型スイフトスポーツ
◎三菱自動車の野外活動
「スターキャンプ 2017 レポート」

【インプレダイジェスト】
01 シトロエン C3 シャイン
02 ホンダ グレイス
03 スズキ エクスード 1.4ターボ
04 ニッサン フェアレディZ バージョンST

【連載】
◆KAZとイシイの “ソウルサーチャーズ”
「RHTでオープンエア・モータリング!」
・マツダ ロードスターRF
・メルセデス・ベンツ SLC
◆New Model News
◆鈴木ケンイチの “ハイウェイ・グルメの旅”
・山形自動車道・寒河江SA(上下)「山形牛ステーキ丼」
◆SHOW ROOM
◆こんなモノどう?セレクション
・生活に寄り添うKTCのツールたち
◆インフォ・スクエアPLUS
・エスツーレーシング
・日本ミシュランタイヤ「太田サイト見学会」
・ホンダ「安全運転普及活動・福祉領域メディア取材会」
・LIXIL「カーポートSC」
◆極上名車を探し隊が行く “ノスタルジ屋”
・ホンダ シビック・タイプR
◆得する読者プレゼント
◆男の玩具箱
・LE MANS 43/NISSAN R88S No.85 1988
◇ブランドストーリー
「トランパス」その2
◇競争事件簿
◇HAインフォスクエア
◇HAライブラリー
◇日本クルマ遺産
・スズキ 初代ワゴンR 1993年
◇モンスターエンジンに昂ぶる
・洋上のリゾートパーク。クルーズ船の心臓部
◇久留間尾四郎リターンズ
◇月刊タイヤ情報館
◇(有)新橋モーター商会
◇国産新車価格表
◇次号予告 / 編集後記

【コラム】
◆竹岡圭のラリー挑戦日記
◇[読むSCOOP]こちら諜報部
◇リレーエッセイ「自腹で乗りたい」西村直人さん
◇黒井尚志の “遠慮なしに言わせてもらおう”
◇太田哲也の “いつもそばにクルマが”
◇レジェンド編集者の取材奮戦記
プロダクトNo 2448
出版社 モーターマガジン社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。