MJ無線と実験 定期購読・最新号・バックナンバー

MJ無線と実験の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

MJ無線と実験雑誌の詳細です。


MJ無線と実験の公式サイトへ
本・雑誌 MJ無線と実験
本・雑誌内容 1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線と実験』と改題し、オーディオ総合技術誌ろして現在に至っている。定評のある真空管・半導体アンプの製作記事を中心に、最新オーディオ製品の解説、高音質音楽ソフト、リスニングルーム紹介など、音楽をより洗練された機器で楽しむためのエンタテイメント月刊誌。
本・雑誌内容詳細 特別付録1
別冊付録
1980年代の『無線と実験』から
2A3/300B真空管パワーアンプ回路図アーカイブ

◇特別付録2
綴込付録
MJオリジナル自作オーディオ用レタリングシール

◇[特集]
●熱気に満ちた1日を誌上で再現
第3回MJオーディオフェスティバル

◇付録紹介
●1980年代の2A3/300B真空管パワーアンプ
●MJオリジナル自作オーディオ用レタリングシールの使い方

◇オリジナル・サウンドシステムの製作
●オール3極管構成のトランスドライブで最大出力3W
VT-62/801Aシングルパワーアンプ 岩村保雄
●すべてテレビ用真空管を使用した全段直結A級で最大出力5W
13FM7プッシュプルパワーアンプ  征矢 進
●DCアンプシリーズNo.259
DCパワーアンプドライブ2相ACモーター,リバースドライブによる電子ブレーキ
DP- 5000ターンテーブル制御アンプ 後編 金田 明彦
●クロスオーバー周波数の変更が容易なプラグインCR方式
12dB/oct型CR2段3ウエイチャンネルデバイダー[製作編] 安井 章
●初段差動増幅+カスコード接続,高電圧±120V供給
高耐入力/低ドリフトDCマイクアンプ[設計編] 柴田由喜雄
●高能率・高音質システムを目指す
小型スピーカーの設計と製作 第121回 小澤隆久

◇オーディオテクノロジー
●ハードウエアの変遷にみるオーディオメーカーの歴史[第52回]
マックトンの歩み(3)1992〜2001年の注目アンプ 柴崎 功
●FIR Designerソフトによる補正
スピーカーシステムのリニアフェーズ化(7) 新井悠一
●海外オークションで落札,ヴィンテージサウンドに接する
デノンDP-2700のフォノケーブルのグレードアップと電源ケーブルの交換 小林 貢
●デジタルオーディオのキーデバイス
オーディオ用ICの特徴と応用例[第78回]
A-D/D-Aコンバーターデバイス(59) 河合 一

◇MJベストオーディオコンポ
【ズームアップ】
●ロクサン Radius7
インテグレーテッドアーム搭載,ベルトドライブアナログプレーヤー
●オラクル ORIGINE mk2
インテグレーテッドアーム搭載,ベルトドライブアナログプレーヤー
●ロジャース LS3/5a 70th Anniversary
2ウエイ密閉型ブックシェルフスピーカーシステム
●モニターオーディオ Silver50
2ウエイバスレフ型ブックシェルフスピーカーシステム
●フォステクス T60RP
ウッドハウジング採用,全面駆動平面振動板ユニット搭載,セミオープン型ヘッドフォン
【MJレポート】
●EAT  LP Clamp Massive レコードスタビライザー
●新製品ニュース

◇音楽/音響空間/プロオーディオ
●Hi-Fi追求リスニングルームの夢 No.592
ゴールドムンドFull Epilogueスピーカーシステムを導入
茨城県守谷市 永瀬宗重氏宅
●自室 録音スタジオ化計画 真剣勝負」第25回
ジャケットのデザインはどうしたらいい? 渡邉博海

◇オーディオ&ソフトガイド
●MJテクニカルレポート
ブリフォニックレコードの高音質化技術を探る 柴崎 功
●MJオーディオ情報
●LPレコードの真実 第57回 重量盤の「スーパーディスク」(2) 山口克巳
●クラシック新譜紹介
●ジャズ・ポップス新譜紹介
●オーディオは悩ましい 第76回
200年近く前のこと 原島一男
●名曲を訪ねてシネマの森へ119 柳沢正史

◇読者のページ
●読者の作品誌上ギャラリー
●MJディメンション
●部品交換

◇表紙 ロクサン Radius7 ベルトドライブ式アナログプレーヤー
プロダクトNo 244
出版社 誠文堂新光社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。