訪問看護と介護 定期購読・最新号・バックナンバー

訪問看護と介護の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

訪問看護と介護雑誌の詳細です。


訪問看護と介護の公式サイトへ
本・雑誌 訪問看護と介護
本・雑誌内容 「在宅」の時代に現場の視点を重視した情報を精選して紹介する、専門職による専門職のための専門誌。訪問看護や介護に携わるすべての方に。
本・雑誌内容詳細 ■特集 死を前にした人に私たちができること 現場の語りと事例から考える■
[巻頭座談会]
苦しむ人にどう向き合うか
看取りに苦手意識をもっていた私たちが、それでも関わり続けられる理由
 (津野 采子・高橋 美保・相田 里香[司会]小澤 竹俊)
「苦しむ人への援助と5つの課題」を使って、援助を言葉にしてみよう(小澤 竹俊)
□誌上事例検討会
小児がんの男の子とご両親の苦しみに向き合う(白山 宏人)
治療を断念していたALSのある女性と夫をチームで支える(相田 里香)
中重度の認知症のある方が、家族に囲まれ、自宅で穏やかな最期を迎えられるまで
 (津野 采子)
看取りに対する苦手意識をもっていたスタッフが最期まで関わり続けた事例(結城 光)


□事例報告
子育て期にあるがん終末期在宅療養者への訪問看護師とケアマネジャーによる支援
 (子吉 知恵美)


●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・102
沖縄で地域包括ケアを思う(秋山 正子)

●認知症の人とその家族から学んだこと・12
挨拶がケアになるとき(中島 紀惠子)

●訪問看護実践と成果のつながりを可視化するために
 日本語版オマハシステムの開発に向けて・20
複合課題をもつ家族への介入をオマハシステムで評価する(オマハシステム研究会 藤野泰平)

●どう読む!? 在宅医療・看護・介護政策・28
地域医療構想の議論の進め方が示される(社会保険旬報編集部)

●シンソツきらきら・16
就職から3年が経って(長山 詩穂・小瀬 文彰)
プロダクトNo 2428
出版社 医学書院
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。