訪問看護と介護 定期購読・最新号・バックナンバー

訪問看護と介護の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

訪問看護と介護雑誌の詳細です。


訪問看護と介護の公式サイトへ
本・雑誌 訪問看護と介護
本・雑誌内容 「在宅」の時代に現場の視点を重視した情報を精選して紹介する、専門職による専門職のための専門誌。訪問看護や介護に携わるすべての方に。
本・雑誌内容詳細 ■特集 在宅ケアの質を高める、“外縁”を広げる■
なぜ、今、在宅ケアシステムのイノベーションが求められているのか(高橋 紘士)
多死社会の看取りを支えるために(太田 秀樹)
地域住民を支える訪問看護ステーションとして活躍するために(角田 直枝)
地域緩和ケアの網を張るために(蘆野 吉和)
子どもたちとその家族のために(梶原 厚子)
精神障害を持つ人の生活を支えるために(渡邊 乾)
民間企業が地域包括ケアを構築し、事業を発展させるために(青木 正人)
介護の専門職たちがいきいきと働くために(秋本 可愛)


□巻頭対談
連載「在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!」100回記念対談
 秋山正子さん×山田康介さん 個別性に立ち戻り、やさしく自由な発想を!

□取材記事
「暮らしの保健室」がグッドデザイン特別賞を受賞!((文・写真)編集室)


●地域包括ケアのまちを歩く
 コミュニティデザインの視点で読み解くケアのまちづくり 最終回
地域包括ケアのまちづくりに必要な5つのこと
 Share金沢・三草二木 西圓寺・三草二木 行善寺(山崎 亮)

●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・100
地域が動くときに 「時代がかちっと音を立てた」(秋山 正子)

●認知症の人とその家族から学んだこと・9
認知症の人と介護家族の人生の物語にふれて思うこと(中島 紀惠子)

●訪問看護実践と成果のつながりを可視化するために
 日本語版オマハシステムの開発に向けて・17
日本語版オマハシステムBasicセミナーを開催して(オマハシステム研究会 長江 弘子・渡邉 賢治)

●どう読む!? 在宅医療・看護・介護政策・25
医療機関のウェブサイトを広告規制の対象に(社会保険旬報編集部)

●シンソツきらきら・13
初めての単独訪問(中澤 まどか・小瀬 文彰)

●訪問ほっとらいん
訪問言語聴覚士のキャリアに関する調査を実施(小島 香)
プロダクトNo 2428
出版社 医学書院
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。