放送技術 定期購読・最新号・バックナンバー

放送技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

放送技術雑誌の詳細です。


放送技術の公式サイトへ
本・雑誌 放送技術
本・雑誌内容 本誌は、中継、スタジオ制作、ロケ取材等の番組制作や設備更新、新技術開発の解説、および放送機器紹介や展示会レポートなど、「放送」に関わる最新の技術を幅広く紹介する送受信専門誌です。掲載記事は、業界の最前線で活躍する専門家の執筆によるもので、その内容は詳細でありながら非常に明快で読みやすく、様々な現場で役立つものとなっております。
本・雑誌内容詳細 【 グラビア記事 】
 
●「技研公開2018」開催
 
●「After NAB Show -Tokyo 2018-」開催
 
● 朋栄 内覧会開催
 
 
【 特集 4K・8K時代のビデオスイッチャー 】
★12G-SDIやIPなどにも対応する最新のビデオ(ライブ)スイッチャー製品について、ご紹介します。
 
●ソニーの最新マルチフォーマットスイッチャー
… 石毛雅文/60
 
●次世代4Kスイッチャ「MuPS-5000」シリーズの紹介
… 石橋 均/67
 
●パナソニックの最新4Kスタジオシステム
… 清水敏夫/74
 
●朋栄 ビデオスイッチャーHANABIシリーズ最新ラインアップ 12G-SDI対応 HVS-6000/HVS-6000M/HVS-1200
… 木下 聡/86
 
●グラスバレーの最新プロダクションスイッチャー
… 橋本章郎/92
 
 
【 一般記事 】
 
●愛知発地域ドラマ「真夜中のスーパーカー」4K制作
… 細野和彦・濱田信之・竹内 真・両角剛毅・眞弓敬司・宮本和也/99
 
●BS右旋の周波数再編 ~新4K8K衛星放送の導入に向けた現行BS放送の周波数再編の検討体制、事前準備、実施結果~
… 高田政幸・宇佐美 雄司・倉野公嗣・山口 隆・水谷芳信/107
 
●NHK「技研公開2018」レビュー 主役の一角に躍り出た「コネクテッドメディア」関連展示を振り返る
… 高瀬徹朗/117
 
●新4K8K衛星放送伝送用周波数変換装置の開発
… 島崎智拓・佐伯顕真/123
 
●汎用デジタルコンソールを用いたサテライトスタジオ音声卓更新
… 新井康哲/131
 
●NHKスペシャル シリーズ人体 神秘の巨大ネットワーク 撮影報告
… 今井 輝/135
 
●ディープラーニングによる骨格解析を利用した映像演出
… 木村健二・青木貴則・河村光彦/143
 
●HDR/SDR同時制作に向けた効率的な制作手法
… 村上昌孝・丸谷 良・齋 哲也/148
 
●HDR-TV方式の概要と関連規格
… 日下部 裕一/154
 
●「フラッシュ映像点滅軽減装置」の開発
… 代本 龍一郎・吉留忠大・田代靖彦/159
 
●サイマル放送用 IP制御によるCMフィラー切替え制御装置
… 五十嵐 直人・梶原 賢一郎・佐々木 章/163
 
●国内初 IP Liveを利用したリモートプロダクションの運用
… 磯部和紀/167
 
●ファイルベース時代に学ぶビデオ技術(プロ編) 第32回 「カメラ調整とその意味(標準編)」
… 水城田 志郎/174
 
●連載「放送・通信技術と測定」(設備の管理と測定) 第11回
… 若井一顕/184
 
 
【 コラム記事 】
 
●私のTVコマーシャル時代 その後 第19回 映画「ラウンド・ミッドナイト」‘86年 アメリカ、フランス 
…大野正夫/121
 
●メディア・ウォッチング 「FCCアップデート(1)」 
… 浜野 満/122
 
●映像アラカルト 一億総バッシング状態に思う「ネット世論」の恐ろしさ 
…/127
 
●FMロータリー 定年 
… 高木典昭/128
 
●AMプラザ 冬季オリンピックのエピソード 
… 霜田千晶/129
 
●音話屋ダイアリー ラ・フォル・ジュルネ2018 
… 石丸耕一/130
 
●ステージ音響 使えなくなるワイヤレスマイクロフォン? 
…高崎利成/191
 
●内外ニュース 
…/193
 
●新製品紹介 
…/194
プロダクトNo 2422
出版社 兼六館出版
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。