放送技術 定期購読・最新号・バックナンバー

放送技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

放送技術雑誌の詳細です。


放送技術の公式サイトへ
本・雑誌 放送技術
本・雑誌内容 本誌は、中継、スタジオ制作、ロケ取材等の番組制作や設備更新、新技術開発の解説、および放送機器紹介や展示会レポートなど、「放送」に関わる最新の技術を幅広く紹介する送受信専門誌です。掲載記事は、業界の最前線で活躍する専門家の執筆によるもので、その内容は詳細でありながら非常に明快で読みやすく、様々な現場で役立つものとなっております。
本・雑誌内容詳細 【 グラビア記事 】
 
●CEATEC JAPAN 2017
 
●「キュー・テック 8Kコンテンツプレビュー2017」
 

【 特集 オーディオネットワークシステムの現状 】
★IPベースによる音声伝送システム(Audio over IP)を構築するための各種機器・ソリューション(AoIP規格Dante、Revenna/AES67他)について、各メーカー製品の特長をご紹介します。
 
●ヤマハからの新しい提案 -「DanteテクノロジーとヤマハDante対応製品のご紹介」-
 …石橋健児/60
 
●LAWO社のAoIP対応製品とその運用
 …溝渕 匠/66
 
●『REAC』が実現するシンプルかつ高音質なネットワーク・オーディオ
 …ローランド株式会社 RJSカンパニー 営業推進部/72
 
●AXIA社およびDigigram社のAoIPシステムと製品のご紹介
 …石原裕之/76
 
●Merging Technologies AoIP対応製品の特長
 …柳瀬智史/85
 
●オーディオブレインズ ネットワークオーディオ製品ラインナップ
 …山本 聡/89
 
●SSLのデジタルコンソールとAoIPへの対応
 …澤向 琢/92
 
 
【《小特集》熊本県民テレビ 新社屋の放送設備 】
 
●新社屋概要/マスター・バンク設備/制作スタジオ・サブ映像音声設備/報道スタジオ・サブ映 像音声設備/報道関連設備/CG設備/MA設備/回線設備/送信設備/社内ネットワーク設備
 … 本田達昭・村上広高・小崎 諭・内田隼人・入江浩文/116
 
 
【 一般記事 】
 
●報道アーカイブにおけるODA(Optical Disc Archive)の導入 
 … 西川 寛/95
 
●AM100kW送信機更新の概要 
 … 津茂谷 行弘・渕野泰宏/101
 
●オタリテック株式会社 インタビュー
 … /107
 
●株式会社アサカ インタビュー 
 … /111
 
●朝日放送 2017年 高校野球4Kの取り組み
 …宇佐美 貴士・谷田和郎・寺田果生・石野雅信・山中康男・川本龍文・長谷川 将宏・芝田幸司・村中貴彦・濱名紘輔・税所洋貴・山本和樹・中井隆幸・小南英司/148
 
●BSプレミアム にっぽんトレッキング100スペシャル 「生中継・夏の北アルプス山小屋大縦断!」制作報告 
 …齋藤雅浩・百崎洋一・泉本貴広・船木 聡・香川幸慶・齊藤文彦/156
 
●NHKスペシャル ~東京ブラックホール~ 制作記
 …林 克明・井村正美・林 伸彦/161
 
●TBSテレビ『SASUKE』における照明手法の紹介 ~見えるための照明と魅せるための照明の違いとは~
 …近藤明人/168
 
●『TOKYO SESSION-ROCKIN’ GAMBLER-』照明技術に関して
 …松田和樹/174
 
●ファイルベース時代に学ぶビデオ技術(プロ編) 第26回 「VTRの機構」
 …水城田 志郎/178
  
●連載「放送・通信技術と測定」(設備の管理と測定)第3回 
 …若井一顕/185
 
 
【コラム記事】
 
●私のテレビコマーシャル・フィルム時代 「モニター・スピーカー」
 …大野正夫/105
 
●メディア・ウォッチング FCC フォーカス 
 … 浜野 満/106
 
●音話屋ダイアリー オペラ「トスカ」ツアー 
 … 石丸耕一/110
 
●FMロータリー 驚愕 
 …坂口 実/192
 
●AMプラザ ラジオパーソナリティロボット登場!? 
 …上村敦史/193
 
●ステージ音響 劇場ホール・市民会館音響改修  
 …高崎利成/194
  
●映像アラカルト 早とちり 
 …/195
  
●内外ニュース 
 …/197
 
●新製品紹介 
 …/198
プロダクトNo 2422
出版社 兼六館出版
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。