法学教室 定期購読・最新号・バックナンバー

法学教室の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

法学教室雑誌の詳細です。


法学教室の公式サイトへ
本・雑誌 法学教室
本・雑誌内容 『法学教室』は、最高の執筆陣により、様々な法的論点を明解に解説。また、毎号のタイムリーな特集は、法的関心をさらに広がりのあるものにします。他にも憲法・民法・刑法をはじめとした連載は既刊の法律書を理解をさらに深いものにします。
本・雑誌内容詳細  法学教室9月号は,会社法分野からコーポレート・ファイナンスを特集します。株式会社の資金調達の手法である株式(種類株式)・新株予約権・社債と,その還流となる手法である自己株式の取得について,会社法はどのように規律しているのでしょうか。
本特集では,基本的な会社法の規律を理解するとともに,その背後にある考え方をファイナンス理論や経済学の理論を交えて考察します。
 また,特別企画として「憲法から学問する」の第2回を掲載します。こちらもご注目ください。
さらに,時事的な記事として「国会概観」・「時の問題」・「判例クローズアップ」を掲載します。社会的に話題となった新法や判例をもう一度客観的に学習してみてください。
そのほかも充実の記事・好評連載が盛りだくさんです。法学教室9月号,どうぞご一読を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当事者をめぐる諸問題
Ⅰ 権利能力なき社団と不動産をめぐる法
 律関係●松村和德
Ⅱ 任意的訴訟担当の現代的展開●園田賢治
Ⅲ 遺産確認の訴えと必要的共同訴訟
 ●福本知行
Ⅳ 原告側必要的共同訴訟で提訴不同調者
 がいる場合●酒井博行
Ⅴ 必要的共同訴訟と上訴●佐瀬裕史



法務の世界と世界の法務
 ●平野温郎ほか【新連載】

 侵害を予期した上で対抗行為に及んだ場
 合における刑法36条の急迫性の判断方
 法(最高裁平成29年4月26日決定)
 ●照沼亮介
新法解説
 民法の一部を改正する法律●山野目章夫
 刑法の一部を改正する法律●北川佳世子


行政法クロニクル●原田大樹
「債権法改正」の文脈●森田 修
会社法判例――より深く学ぶ,考え
 る●田中 亘ほか【新連載】
民事保全・執行を勉強しよう――実
 務との架橋を目指して●阿多博文・
 古賀政治・鷹取信哉【新連載】
刑法各論の悩みどころ●橋爪 隆 
刑事訴訟法の基本問題●大澤 裕



 学窓から望むBrexitの闇と光・断章
 ●石川博康

イチオシ!!●江口大和ほか【新連載】
プロダクトNo 2412
出版社 有斐閣
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。