保育の友 定期購読・最新号・バックナンバー

保育の友の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

保育の友雑誌の詳細です。


保育の友の公式サイトへ
本・雑誌 保育の友
本・雑誌内容 保育実践に役立つ情報やヒントがいっぱいの保育所保育の専門誌。最新の保育情報を伝えるとともに、子どもの発達段階に応じた保育内容、地域性豊かな実践やカリキュラムを紹介。
本・雑誌内容詳細 ☆『保育の友』13年09月号
▼9月号の特集は、『保育の友』創刊60周年を記念して、創刊当時から現場で実践を重ねてきた方がたのお話を伺いながら、これからの保育に向けて考えてみました。

▼特集▼創刊60周年記念
『保育の友』から未来に向けて発信!
 『保育の友』が創刊された1953年、保育所数は6,852か所、利用の措置を受けた子どもは64万人余りでした。現在、保育所数は23,000か所以上、利用する子どもは225万人以上と、規模は三倍以上に大きくなっています。
 本誌創刊号の巻頭では、当時、厚生省初代保育課長であった吉見静江氏からこのようなことばが寄せられています。「子供と共に喜び、子供と共に成長の苦労を分つ心が、保育者には尊い喜びでこそある」。そして、研究や開拓のないところに前進はない、と、保育現場をはじめとした関係者を鼓舞しています。それから60年を経て、現場の実践は質・量共に大きく飛躍しましたが、時代や環境の変化に合わせた新たな対応も求められています。
 そこで本特集では、本誌創刊の当時から現場で実践を重ねてきた方がたのお話を伺いながら、これからの保育に向けて考えてみました。

◆対談 未来の子ども・未来の保育士へのメッセージ
 石井 哲夫(社会福祉法人嬉泉常務理事)
 山縣 文治(関西大学教授)
 ・一貫して子どものために-受容と交流の一体化-
 ・保育と教育、子どもの生活をとらえる見方で考えたい
 ・発達の過程を幅広く、多面的にとらえる発想を
  他

◆インタビュー対談 保育の根っこにこだわり続けて(ダイジェスト版)
 村田 保太郎(子どもと教育総合研究所所長)
 井桁 容子(東京家政大学ナースリールーム主任)
 ・保育者の心に通じるようにさやしいことばで
 ・保育者の行動の意味をとらえて、考え直す
 ・問題提起のかたちで保育のプロを問い直す
  他

【創刊60周年企画】
『保育の友』総目次(平成15年1月号~平成24年12月号) 

☆好評連載!!
≪私たちの指導計画<9月>≫/<元気っ子バンザイ>/<身近なものからかんたん工作>/<保育園発! 自然をあそぼう>/<ひろがるうたあそび>/<環境構成を考えてみよう>/<エッセイ>/<霞が関>/<基礎から学ぶ保育リスクマネジメント講座>/<保育園と家庭をつなぐコミュニケーション>/<子どもの保健>/<描こう、保育所の近未来像>/<保育士のための書き方講座>/<応援☆保育士のココロ>/<保育ジャーナル>/<えほん・かみしばいのひろば>/<子どものつぶやき>他
プロダクトNo 2410
出版社 全国社会福祉協議会出版部
発売日 毎月11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。