文藝 定期購読・最新号・バックナンバー

文藝の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

文藝雑誌の詳細です。


文藝の公式サイトへ
本・雑誌 文藝
本・雑誌内容 20代から30代を中心に幅広い読者をターゲットにした文芸誌。毎号、気鋭・新鋭からベテラン作家まで、多くの書き下ろし小説(長篇・中篇・短篇・掌編)を掲載。横尾忠則、宮内勝典、高橋源一郎、町田康、保坂和志、恩田陸、最果タヒなど文学シーンを牽引する書き手による連載も充実しています。また、毎年冬号で発表される「文藝賞」は、田中康夫(「なんとなく、クリスタル)、山田詠美(「ベッド・タイム・アイズ」)をはじめ、綿矢りさ(「インストール」)、羽田圭介(「黒冷水」)、白岩玄(「野ブタ。をプロデュース」)、山崎ナオコーラ(「人のセックスを笑うな」)など毎年話題の新人作家を輩出。近年では2017年に同賞でデビューした若竹千佐子(「おらおらでひとりいぐも」)は、同作で芥川賞を受賞し社会現象を起こしました。「実験室としての役割」を忘れずに、つねに文学の「いま」を発信する季刊誌「文藝」に注目下さい。
本・雑誌内容詳細 【小説】長野まゆみ/町屋良平/水原涼/松井周/中原昌也他
【初小説】陣野俊史
【若竹千佐子・芥川賞受賞記念】町田康・斎藤美奈子
【新連載・文芸季評】山本貴光
プロダクトNo 2339
出版社 河出書房新社
発売日 1,4,7,10月の7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。