フローリスト 定期購読・最新号・バックナンバー

フローリストの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

フローリスト雑誌の詳細です。


フローリストの公式サイトへ
本・雑誌 フローリスト
本・雑誌内容 フラワーデザイナーをはじめ、プロを目指す人、家庭での花飾りを楽しむ人のための、花のアートとビジネスの情報誌。1984年創刊。毎月の特集では、ヨーロッパを中心とした海外デザイナーや国内トップデザイナーによる、季節ごとの花のアレンジやブーケ(花束)、ディスプレイなどを紹介。日本をはじめ世界各国の花のイベントや花に関する知識・情報を広く取り上げている。フラワーデザインスクールの学生・講師、生花店のフラワーデザイナー、花き生産者、花き流通業者など関連業界の方にとって必携の花の月刊雑誌。
本・雑誌内容詳細 ◇特集:「コレ!」な葉物、枝物、生花をピックアップ
ご指名グリーンを使いこなす

ナチュラル感が増したり、ボリューム感を持たせたり、作品作りに欠かせないグリーン。
今回は葉物以外からもグリーンとして使えるものを編集部でピックアップ。
その中から2種を各花店がセレクトし、グリーンを使った花束、アレンジメントを作ってもらいました。
市場でのグリーン選びのポイント、こんなものもグリーンとして使っちゃうの? など基本から意外な使い方まで紹介。
人気花店の技を取り入れると、今まであまり使ってこなかった花材の新たな魅力に気づけるはず。

>>contents

柳原信教 [Pitou]
林 麗子 [ririnono]
海老原 浩 [にこぐさ]
青山ユキコ [flowers≡SHALIMAR]
紀 みほ [clove connolly]
北角真利枝、澤 岳司 [Chelban]
成瀬千絵 [Biquette]

仕入れの現場から探るイマドキのグリーン事情/株式会社プランツパートナー 常務取締役 山下真介

“使える”グリーンの選び方@大田市場/jardin nostalgique

想定外の使い方で魅力アップ! ひねくれグリーンテクニックレッスン/吉崎正大 [asebi]

--------------------------------------------------------
■第2特集:ジョルジュ・フランソワ
フレンチスタイルのエスプリとテクニック
--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------
■別冊付録! クリアファイル(タテ20×ヨコ13cm)2種
--------------------------------------------------------

■ランの世界
“あたりまえ”を丁寧に、誠実に。「幸せのコチョウラン」が育つ場所へ

--------------------------------------------------------
■好評連載
--------------------------------------------------------

■フランス流、花のある風景/ローラン・ボーニッシュ
バガテル公園のバラ

■旬花探訪 旬の花の使い方編/梶尾美幸
ハナショウブをアレンジする

■プリザーブド・プラス/大地農園
花の居心地

■花色暦組色/ヨシタミチコ
牡丹華

■花と人は世界を巡る/西田啓子
森、田舎に出かけよう

■旬の花とウェディング/日比谷花壇
初夏薫るグリーンコーディネート

■FLOWER ARTS RELAY
強調された直線のデザイン

■フロリストマイスターが教える 花の造形理論/橋口 学
自然観察~自然から受ける印象~

■WEEKEND FLOWER /花の国日本協議会
バラ、カーネーション、ライラック、ビバーナム・スノーボール

■it's time to /ある日
AM7:00“集中”

■フローリスト花散歩/花福こざる
トルコギキョウ

■旬花探訪/高倉なを
ハナショウブの産地を訪ねる

■叢のものさし/小田康平
素人的な発想

■懸想文/山田尚俊
珠花菱紋総柄花器

ほか
プロダクトNo 2313
出版社 誠文堂新光社
発売日 毎月8日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。