美術手帖 定期購読・最新号・バックナンバー

美術手帖の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

美術手帖雑誌の詳細です。


美術手帖の公式サイトへ
本・雑誌 美術手帖
本・雑誌内容 資料性の高いヴィジュアル・マガジンとして海外からも熱い注目を浴びている。1948年の創刊以来、たえずアートシーンをリードしつづけるオピニオン雑誌。
本・雑誌内容詳細 特集
新しい食

私たちは日々、何かを食べて生きている。
自分がどういうものを食べているのかを知ることは、
自分が生きる環境の構築に主体的に関わる第一歩となる。
巨大企業の利益追求により工業化され、
目に見えなくなってしまった食の供給システムや、
遺伝子組み換え食品、食品添加物のリスクなど、
食をめぐる問題はあまりに大きい。
本特集では、そんな現状において、食を通じて
新しい未来のあり方を模索する取り組みに大小問わず注目したい。
何を、どう、食べるのかが問われる現在の「食」の動向と、
その可能性を探っていきたい。

SPECIAL FEATURE
新しい食
未来をつくる、フード・スタディーズ

INTERVIEW
食の変革者たち 
船越雅代/岩間朝子/小倉ヒラク

新しい食 プロジェクトファイル 
林良樹インタビュー
タルマーリー/猪鹿庁/津端修一・英子/こども食堂/富塚ガーテン/
ガストロモチーバ/アンドリュー・コート/
アリス・ウォータース/プリンツェッシネンガルテン

フードを超えたレストラン
小松宏子=文 石塚晶子=編集
年表:食文化の潮流

体験したい!「新しい食」リスト
「新しい食」をもっと知るための本と映画

ARTIST FILE
「新しい食」に取り組むアーティストファイル
マイケル・ラコウィッツ/メラ・ヤルスマ/風景と食設計室 ホー/
ジェレミー・デラー/ラシード・アリーン/マライエ・フォーヘルサング/
ゾンターク/井上亜美/大畑周平/EAT&ART TARO/本原令子

INTERVIEW
キーパーソンと考える食の未来
土井善晴 食の基本「一汁一菜」という提案
野口勲 「タネ」から考える生命の循環
高橋一也 守るべき「古来種」野菜
秋山佳胤 「不食」という思想

ESSAY
食の調鼎と情動 森岡祥倫=文
人間チューブ論 藤原辰史=文

SPECIAL FEATURE
「怖い絵」展
ダークツーリズムで広がる絵画の抱える怖さ 井出明=文

Artist Pick Up コラクリット・アルナーノンチャイ 大坂紘一郎=聞き手

WORLD NEWS
New York/Hanover/Vienna+Berlin/Santiago de Cali/
世界のアート注目トピックス

連載:コンテンポラリー・ファインアート
アグリゲータについて
デイヴィット・ジョーズリット=文 大森俊克=翻訳

ARTIST INTERVIEW
モナ・ハトゥム Mona Hatoum 
岡部あおみ=聞き手

東京都美術館「杉戸洋 とんぼとのりしろ」展 鈴木俊晴=文
富山市ガラス美術館
「家住利男 削りの形」展/「アン・ヴォルフ アンダンテ」展
札幌国際芸術祭2017 佐々木敦=文
軽井沢ニューアートミュージアム「神木佐知子」展 藤生新=文
「根本敬ゲルニカ計画」第6回 ニコ・ニコルソン
平山昌尚「つづく」21話

REVIEWS
水木塁/藤田嗣治/陶芸--現代美術の関係性ってどうなってんだろう?/
高﨑元尚/白川昌生/石川九楊/遠藤利克/
2D(にじげん)プリンターズ/ラファエル・ローゼンダール/
キーファー─ロダン/やわらかな脊椎/サンシャワー
木下知威+椹木野衣+清水穣+黒瀬陽平+勝俣涼+栗本高行+
畑中章宏+小金沢智+大森俊克+長谷川新+副田一穂+中村史子

INFORMATION
MOVIE/EXHIBITION/STAGE/BOOK/月刊美術史

『美術手帖』定期購読割引サービスのご案内
常備店リスト+バックナンバー案内
次号予告+読者プレゼント

BOOK IN BOOK
ART NAVI 今月の美術館・ギャラリーガイド
期待のアーティストに聞く!/今月のイチ押し展覧会!/
イベント情報/ギャラリストに聞く
プロダクトNo 2196
出版社 美術出版社
発売日 毎月17日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。