バンクビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

バンクビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

バンクビジネス雑誌の詳細です。


バンクビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 バンクビジネス
本・雑誌内容 「バンクビジネス」は、金融機関の営業店で働く方を対象にした「銀行実務」の専門誌です。その特徴は、マンガ・イラスト満載の誌面。難しい金融実務を読みやすく・やさしく紹介しています。営業店の日常業務はもちろん、最新の法改正や金融業界の動向まで学べる「バンクビジネス」は、あなたのスキルアップを強力にサポートする雑誌です。
本・雑誌内容詳細  昨今、事業性評価融資の必要性が高まっている中、取引先の定性面を融資稟議で明確に表すことが求められます。そこで本特集では、所見欄を中心にした稟議書について説得力を高める書き方と添付する必要書類を解説します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*****************特集******************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事業性評価を踏まえた「稟議書」の書き方
~説得力を高めるために必要な所見欄の記載ポイント

●客観的なエビデンスも活用しながら所見欄に定性面を記載しよう

●取引先の定性面を所見欄に記載する際のポイント
|① 所見欄の記載方法
|② 取引先の定性面を上手に伝えるため所見欄はこう書く
└―――――――――――─────────────────

●資金使途別に見る効果的な所見欄の記載方法
|① 設備の更新に伴う資金の融資を申し込まれた
|② 業績が悪く不足する運転資金の融資を申し込まれた
|③ 業績好調な先から運転資金融資の申込みを受けた
|④ 新規事業の開業資金の融資を申し込まれた
|⑤ 業績の低迷を理由に元本の返済猶予を要請された
|⑥ 大口受注に伴い発生する運転資金の融資申込みを受けた
|⑦ 従業員の賞与資金について融資の申込みを受けた
└―――――――――――─────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
****************取材企画*****************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●フロントランナー
石原 寛之 さん(鳥取銀行産業会館支店)

仮説を基にしたニーズ発掘と創業支援で鳥取地域に貢献

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
**********高齢者対応レベルアップシリーズ②***********
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●特殊詐欺からお客様を守る!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*****************マンガ*****************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●さくら&けやきちゃんの投信提案キックオフ
「お客様に適した分散投資の方法を提案していますか?」

●銀行『事件簿』ドキュメント
「人員削減や成績不振が招いたサービス残業の強要」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*****************連載******************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・金融最新ニュース掲示板
・若手銀行員のお悩み相談所
・実務重要テーマ集中講座
・顧客本位の実現につながる投資信託アドバイス(商品説明編)
・住宅ローンの説明ガイド
・どうしたらいい?こんなときの融資実務
・新入行員のための金融実務Q&A
・はじめての後輩指導こんなときどうする?
・決算書分析の落とし穴
・年金口座獲得に向けた声かけ
・Free Room
・マンガ 相続トラブル駆け込み相談室
・法人営業力UPセミナー
・金融実務ステップアップ誌上セミナー
プロダクトNo 2097
出版社 近代セールス社
発売日 毎月5,20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。