庭 定期購読・最新号・バックナンバー

庭の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

庭雑誌の詳細です。


庭の公式サイトへ
本・雑誌
本・雑誌内容 全国各地を丁寧に取材し、地域固有の自然・風土・文化に根差して作られた庭、代表的な作庭家の技や人物そのものと主要作品、伝統を現代に生かす試み、自然の造形や現代アートとのコラボレーション、大型イベントやプロジェクトなど、様々な視点から多様性を引き出す庭など、住宅庭園から茶庭、坪庭、そして公園まで、あらゆる庭を紹介します。写真はすべて庭園専門のカメラマンによる撮影で、美しい空間をリアルに再現します。
本・雑誌内容詳細 特集
住まいの庭 土中環境を考える

土中環境の改善が造園界の未来を拓く
高田造園設計事務所/高田宏臣氏に聞く

植物同士が調和を取り合う好循環が生み出す生態系
猪原邸
 造園設計・施工=高田造園設計事務所

地面の呼吸をよみがえらせて半年で生き生きとした庭へ
池口邸
 造園設計・施工=高田造園設計事務所

自然の山の尾根と谷をイメージした起伏のある庭
M邸
 造園設計・施工=ナインスケッチ

“水くれ”が潤す循環する庭
K邸
 造園設計・施工=中央園芸

空と地上と地中を循環させる作庭術
SURROUNDED
 造園設計・施工=m28e

盛り土により生まれた築山と流れ
戒能邸
 造園設計・施工=創造園

雄大な奥只見の山野から発想をえた空石積の溝と土塀のある庭
A邸の庭
 造園設計・施工=創苑

石窟から湧き出る地下水を楽しむ
I邸の庭
 造園設計・施工=梅田園

interview
健康な大地を取り戻すことで庭をよみがえらせる
杜の園芸代表/矢野智徳さんに聞く


連載
美×技 Vol.07
岸根邸
 造園設計・施工=古平園

名庭園のある景色(第11回)
迎賓館としての品格を今につなぐ和洋併置の庭園
綱町三井倶楽部庭園(東京・港区)
 取材・文=粟野 隆/東京農業大学准教授

NIWA INTERVIEW #15
作庭とはこの世のものではない別世界をつくること
建築家・建築史家 藤森照信氏

作庭に役立つ素材と技術 16
涼を演出する水の庭

新連載
NIWA PERSON #1
ビジネス3本柱で造園業界をサポートしたい
グローベン代表取締役社長 服部吉剛氏

庭師のための READYMADE TOOLS 06
芝刈り機 キンボシ

内と外とをつなぐ「間」の設計作法
2章―新千里南町の家03
 文=竹原義二/建築家

庭木専門家に聞く植栽講座(第8回)
ジューンベリー
 専門家=橋本昌博/国分農園

現場で役立つ 職人の知恵と技術(第16回)
石積編⑥福島の石積
(2)花塚石・白河石
 文=内田 均/東京農業大学短期大学部教授


NIWA COLUMN
みどりの力(第12回)
みどりの知恵と「生きる力」
 文=矢ヶ崎朋樹/IGES国際生態学センター 研究員

時代の気分(VOL.12)
“日常”を入り口に暮らしをバージョンアップ
 文=小原直花/伊藤忠ファッションシステム ナレッジ室室長

庭を巡るArt/Culture(VOL.5)
森の中の美術館
中村キース・ヘリング美術館
 文=森田伸子/編集者


NIWA REPORT
花の魅力が満開
第33回全国都市緑化よこはまフェア
 文=井上花子/日本造園組合連合会 事務局長

世界に通じる日本の文化を発信
第8回世界盆栽大会inさいたま/茶庭の作庭
 文=押田大助/日本造園組合連合会埼玉県支部青年部長

自然との交わりから生まれた創造物
藤森照信展
―自然を生かした建築と路上観察/講演会「自然と建築」


NIWA NEWS

NIWA BOOK
NIWA CALENDAR

228号に協力いただいた
作庭家・造園家リスト

NIWA info
プロダクトNo 2000
出版社 建築資料研究社
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。