Newton(ニュートン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Newton(ニュートン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Newton(ニュートン)雑誌の詳細です。


Newton(ニュートン)の公式サイトへ
本・雑誌 Newton(ニュートン)
本・雑誌内容 科学雑誌Newton(ニュートン)は1981年の創刊以来、多くの方々に御愛読いただいております。ページ全面に展開するスーパーイラストレーションや美しくダイナミックな写真の数々、そして第一線の研究者に取材した正確でわかりやすいレポートがNewton(ニュートン)の特長です。Newton(ニュートン)は国際的にも高い評価を得ており、台湾版、韓国版、イタリア版、スペイン版、中国版も刊行されています。IT革命によって、私たちの周辺のメディアは驚くべきスピードでデジタル化しはじめています。ニュートンプレスではNewton(ニュートン)の編集を通じて蓄積された膨大な情報をデータベース化し、ネットワークや多様なデジタルメディアを通じて発信していきます。
本・雑誌内容詳細 Newton Special(1)

科学革命前夜 第3回(終)
マルチバース宇宙論
インフレーションが生みだす無数の宇宙
協力 横山順一/北澤良久/野村泰紀
執筆 福田伊佐央(編集部)

私たちの宇宙は,無数に存在する宇宙の中の一つかもしれない。そんな驚愕の宇宙観を提示するマルチバース宇宙論の不思議な世界にせまる。



Newton Special(2)

宇宙にあふれる系外惑星 第2回
生命の惑星はみつけられるか【試し読み】
地球外生命はスーパーアースや“月”にすむ?

太陽系外の惑星探査の大目標は,生命のすむ系外惑星をみつけだすことだ。生命のすむ惑星とはどのような惑星だろうか? 生命が存在する証拠をつかむには?

協力 井田 茂/成田憲保
執筆 小松研吾(編集部)

Newton Special(3)

再生医学の最前線 第4回(終)
“本物の臓器”はつくれるか?【試し読み】
集まれ細胞! そしてみずから形づくれ!

複雑な構造をもつ眼や腎臓によく似た“ミニ臓器”がつくられつつある。どうやって“つくる”のだろうか? 臓器を丸ごとつくる方法はないのか?

協力 永樂元次/髙里 実/武部貴則/中内啓光/西田幸二/西中村隆一/八代嘉美
執筆・担当 松田壮一郎(編集部),島田祥輔

Newton Special(4)

日本の起源 第1回
日本人はどこから来たのか?【試し読み】
日本列島にたどりついた旅人たち

日本人の祖先は,いつ,どうやって日本列島へとたどりついたのだろう。日本列島に新人がたどりつき,「日本人」が誕生するまでの道のりをたどっていこう。

協力 出穂雅実/海部陽介/佐野勝宏/篠田謙一/馬場悠男
執筆 三ツ村崇志(編集部)

2017年ノーベル賞
医学・生理学賞
体内時計の分子メカニズムを解明
協力 内匠 透
執筆 井上達彦(編集部)
化学賞
生体分子の構造を解明する「クライオ電子顕微鏡」を開発
協力 吉川雅英
執筆 永原和聡(編集部)

FOCUS
Biology
メダカは季節によって色の見え方が変化する
協力 吉村 崇
執筆 荒舩良孝
Medical Science
胎児期にダウン症の症状を改善する「アルジャーノン」
協力 萩原正敏
執筆 今井明子
Information Science
実用的な「量子コンピューター」実現に向け,大きく前進
協力 武田俊太郎/古澤 明
執筆 赤谷拓和(編集部)

世界の絶景
アルマ望遠鏡/モノ湖
編集部

2017年ノーベル物理学賞
重力波天文学の幕開け【試し読み】
天文学は新たな時代へと歩みはじめた

2017年のノーベル物理学賞は,2015年の重力波の初観測に貢献した アメリカの3人の研究者に授与された。重力波は,従来の電磁波では観測できないさまざまな現象を観測できると期待されている。重力波の基礎と,新たな天文学の展望について解説しよう。

編集部

Cosmic Wonder
心ゆさぶる宇宙へのいざない【試し読み】
グリニッジ天文台天文写真コンテスト2017
協力 藤井 旭
執筆 加藤まどみ

Nature View
角のある動物たち【試し読み】
ねじれたり,まっすぐのびたり,曲がったり
協力 遠藤秀紀
執筆 永原和聡(編集部)

from Miraikan
地球温暖化が生物の大量絶滅を引きおこす?
日本科学未来館

身近な“?”の科学
雑草
協力 西尾孝佳
執筆 大嶋絵理奈

Basics of Science
蛍光,燐光,蓄光
協力 渡辺敏行
執筆 永原和聡(編集部)

宇宙天体百科
ヒアデス星団
執筆 渡部潤一
プロダクトNo 1991
出版社 ニュートンプレス.
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。