東京人 定期購読・最新号・バックナンバー

東京人の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

東京人雑誌の詳細です。


東京人の公式サイトへ
本・雑誌 東京人
本・雑誌内容 「東京人 Tokyo-jin」とはあるものではなく、なるものである。東京で生まれ暮らす人はもちろんのこと、日本各地から、世界各国からやってきて、学んだり仕事をしたりしている人はみな「東京人」。月刊「東京人」では、東京を舞台に生きるヒト”東京人”のあり方を模索し、彼らが創り上げていく歴史・文化・風俗・建築物・文学・風景など東京という舞台が生み出す様々な事象を、毎号の特集で探っていきます。あなたも月刊「東京人」で、東京の隠れた魅力を発掘してみませんか?
本・雑誌内容詳細 東京人2017年月10号目次

東京人 10
october 2017 no.388
contents

特集
クラシック音楽都市?東京
写真・渡部さとる
絵・吉井みい

鼎談
感動を伝えていきたい、それが原点
指揮者 広上淳一×指揮者 大野和士×ピアニスト 小山実稚恵
構成・文 片桐卓也 16

今輝く、若い才能たち
文・小室敬
ピアニスト 反田恭平 24
ヴァイオリニスト 服部百音 25
作曲家、ピアニスト 向井響・向井航 26
 
音楽が遍在する世界で
文・恩田陸 27

「交響曲第一番」
色彩的な和声を、風景と一緒に聴く悦び
「くるり」ミュージシャン 岸田繁
文・青澤隆明 28

音楽の都ウイーンで出会った、音楽通の玄関番
文・ドイツ文学者、エッセイスト 池内紀 30

来日演奏家が見た、東京の音楽事情
ヴァイオリニスト イサベル・ファウスト 31

鼎談
東京を、新しい音楽都市にしていこう
日本フィルハーモニー交響楽団理事長 平井俊邦×東京都交響楽団理事長 近藤誠一×読売日本交響楽団理事長 小林敬和
構成、文・山田治生  32

東京クラシック音楽マップ
絵・尾黒ケンジ 40

東京が本当の音楽都市になるために
わたしの街の音楽
文・林田直樹 42

東京オーケストラガイド 46

初心者のための聴き方入門
選・文 野本由起夫 51

「クラシック」の流行
文・林田直樹 54

東京クラシック音楽シーンの記憶
文・山田治生 56

演奏家と評論家の危うい関係
文・ピアニスト、文筆家 青柳いづみこ 60

私とクラシック
室内楽の輝きに魅せられて
文・国立公文書館館長 加藤丈夫 62
結局、クラシック万歳
文・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹 宮家邦彦 63
先代の想い溢れるホールで、渾身の師弟デュオ
文・株式会社龍角散社長 藤井隆太 64
音楽との出会いという「天啓」
文・脳科学者 茂木健一郎 65
心と脳を育てる音楽教育の今
文・吉井妙子 66

被災地で見た音楽のかたち
東北篇
文・写真 佐々木隆二 68
熊本篇
文・坂本一生 70

コンサートホールに命を与える人
音響設計家 豊田泰久
構成、文・杉本省三 72

出版を通して、音楽の魅力を伝え続ける
音楽之友社代表取締役社長 堀内久美雄
文・木部夜巴仁 76

公益財団法人ソニー音楽財団
0歳まえからのクラシック体験 39

スタインウェイ&サンズ東京 ショールームオープン
至高のピアノと出会う喜び 78

東京を彩るホール案内
東京文化会館
豊富な資料に触れられる「音楽資料室」がすごい 80

サントリーホール
パイオニアとして愛され続ける理由
サントリーホール館長、チェリスト 堤剛 82

Bunkamuraオーチャードホール
大人の味わいを持つ、カルチャー・コンプレックス 84

東京芸術劇場
次世代のための芸術文化の創造発信拠点 86

東京オペラシティコンサートホール
武満徹が愛し先取性に満ちた、西新宿の劇場都市 88

すみだトリフォニーホール
墨田区の人たちの文化的な誇りになりたい 
新日本フィルハーモニー交響楽団音楽監督 上岡敏之 90

トッパンホール
歴史ある地に奏でられる、室内楽の最高峰
トッパンホール支配人 笹野浩樹 92

ミューザ川崎シンフォニーホール
360度、演奏家も観客もお互いの表情が判る臨場感 94

めぐろパーシモンホール
音楽に触れ、体験し、楽しめる区民の芸術文化拠点 96

音楽を楽しもう♪
楽器店、音楽教室
ヤマハ銀座店/山野楽器本店/松尾楽器商会/カワイ表参道/シャコンヌ吉祥寺
名曲喫茶
名曲喫茶ライオン/名曲喫茶カデンツァ/ヴィオロン
文・金丸裕子 97


先付 春夏秋冬18 
涼秋 白イカの焼霜造り
文・瀬川慧
写真・大山裕平 3

東京点画
文・井川直子
昭和のカウンター、東京の距離感 7
文・前田正子
学生たちは、上海の喧騒に何を想う 8
文・田中美穂
星のはなし 9

東郷青児
昭和のやさしい面影に、ふたたび出会う
文・野崎泉 102

曇天記 108
約束にもならない言葉
文・堀江敏幸
写真・鈴木理策 110

ちょいとごめんなさいよ、四時からの悦楽84
新大久保「ネパール居酒屋モモ」の巻
グラスの中にヒマラヤ山脈が見えた
文・林家正蔵
写真・川上尚見 112

キリンビール
地元で愛される大衆居酒屋第3回
煮込みとビールでしみじみ、街と一緒に歴史を刻む店
季節料理 赤津加/池袋東口居酒屋 バッカス/銀座 ささもと
文・金丸裕子
写真・渡邉茂樹 116

赤坂人物散歩6 今宵ホッピーをこの店で!
小料理屋「ままや」を営み、そして愛した、昭和の語り部
向田邦子
文・渡辺憲司 118

四万六千日をめぐる、浅草のおもしろ空間探検
文、写真・川田順造 124

まちの仕掛け人たち26 荒川区町屋
わがまちのローカルフード、“もんじゃ”を広めたい!
あらかわもんじゃ学研究会
文・金丸裕子 132

リカちゃん誕生50周年!
憬れや夢をカタチに
文・三村美衣 124

東京つれづれ日誌88
「近鉄」、市川大門を歩く
文・川本三郎 150


Close up TOKYO
Interview
新宿区文化観光課学芸員
北見恭一 141

Books 本
書評同人
五十嵐太郎、苅部 直、平松洋子 141

今月の東京本 145

Culture 146
映画・美術・舞台・古典芸能

City 街 148
New Open New Sight
東京ネットワーク

SHOPS&GOODS 120
バックナンバー 122
編集後記、次号予告 154
プロダクトNo 1808
出版社 都市出版
発売日 毎月3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。