畜産の研究 定期購読・最新号・バックナンバー

畜産の研究の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

畜産の研究雑誌の詳細です。


畜産の研究の公式サイトへ
本・雑誌 畜産の研究
本・雑誌内容 戦後、日本の畜産は先進国に一刻も早く追いつこうと、暗中模索のうちに数多くの研究が行われていました。そのような背景のもとで、昭和22年に姉妹誌である「農業および園芸」から、注目を浴び始めた畜産分野を独立させたのが本誌です。本誌は畜産研究関係者の中でも、試験研究所・大学先進農家に主な読者層を有し、研究要報や農家の経営事例をはじめとし、さまざまな情報を提供し続けています。
本・雑誌内容詳細 (小特集:日本畜産環境学会第14回大会について)
健全な環境を作り,人の健康を守る
(東北大学大学院農学研究科環境システム生物学分野)
中井 裕
飼料を極め,環境を守る
-飼料や栄養の基礎を理解して,豚から窒素やリンの排せつ量を減らす-
(農研機構フェロー,元畜産環境技術研究所)
古谷 修
「東アフリカと東南アジアにおける水の安全安心」
-ケニアとタイにおける活動事例-
(長崎大学工学研究科)
板山朋聡

(産業動物)
酪肉近と研究開発・技術普及
~その6.国内における飼料用穀類の生産拡大~
(畜産飼料調査所)
阿部 亮
変わりつつあるヨーロッパの鶏卵産業
(ドイツ,ベヒタ大学名誉教授)
ハンス・ウイルヘルム・ヴィントホルスト著
(畜産研究会代表)
杉山道雄
(名古屋芸術大学名誉教授)
大島俊三
(東海学院大学管理栄養学科助手)
棚橋亜矢子
山内加代子
共訳
反芻動物の生産に関する最近の研究動向(4)
(東北大学農学研究科 動物生理科学分野)
加藤大地
鈴木 裕
芳賀 聡
加藤和雄
盧尚建
(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 那須研究拠点)
芳賀 聡
(東北大学大学院農学研究科 家畜生産機能開発学寄付講座)
加藤和雄
盧尚建
小型実験動物の飼育施設で発生する悪臭に関する考察
(東京農業大学)
祐森誠司
池田周平
放牧酪農を軸に多彩な商品開発で販路を広げる
―十勝しんむら牧場の実践から
(ルポライター・「北海道・農業と動物福祉の研究会」事務局)
滝川康治
シカ肉の有効活用を目指して
~衛生的なシカの解体処理方法の検討~
(東京農業大学客員教授・麻布大学名誉教授)
押田敏雄
(信州ナチュラルフーズ)
青木和夫
(麻布大学獣医学部)
坂田亮一
実践飼料学の失敗と成功(4)
―品質管理半世紀の軌跡から―
(日本技術士会 畜産技術士センター,飼料・ペットフードコンサルタント)
本澤清治
飼料学(128)
―飼料添加物(feed aditives)―
((株)エコアニマルヘルスジャパン)
岡野圭介
((一社)日本科学飼料協会)
石橋 晃
子牛用代用乳-WPC,SOWE,リジン,メチオニン―
(家畜栄養コンサルタント)
大成 清
パラグアイにおける石こう(CaSO4・2H2O)による赤色酸性土壌の改良事例
―アルト・パラナ(Alto Paraná)県イグアス(Yguazú)日系移住地での事例(2)―
((株)宏 大 (元:パラグアイ国立ピラール大学農牧
および地域開発学部客員教授))
冨田健太郎
Dr.Ossyの畜産・知ったかぶり(54)
(東京農業大学客員教授・麻布大学名誉教授)
押田敏雄
プロダクトNo 1627
出版社 養賢堂
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。