ダートスポーツ 定期購読・最新号・バックナンバー

ダートスポーツの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ダートスポーツ雑誌の詳細です。


ダートスポーツの公式サイトへ
本・雑誌 ダートスポーツ
本・雑誌内容 オフロードバイクの楽しみ方を提案する情報誌。ハード面とソフトな部分をバランスさせた保存性の高い内容でビジュアルに表現していく。読者は男女を問わずバイク入門者やベテラン層もカバーしてます。
本・雑誌内容詳細 ダートスポーツ6月号特集は『サスペンションのすべて』。オフロードバイクの乗りやすさ、速さ、スピードなど重要な部分を大きく左右するのがサスペンションのセッティング、セットアップです。
何も触っていないライダーも実際多いということで、本誌ではわかりやすく調整の仕方を解説するために、複数の解説者に登場していただき、ライダーやメカ、プロショップの視点から紹介しています。

また近年魅力的なモデルが多数登場している125cc特集、
世界が注目する全日本モトクロスワークスマシン特集、
そしてもちろんドラマチックな幕開けの全日本開幕戦を全力レポート!

特別付録として、最新アドベンチャーマシンとクロスオーバーモデルを網羅したカタログがつきます。
こちらはスタッフのインプレッション付きです!

○2018年4月24日発売 定価980円(本体907円)
特別付録

最新 アドベンチャー&クロスオーバー インプレッションカタログ
最新 アドベンチャー&クロスオーバー インプレッションカタログ

>>Amazonで今すぐ買う!
>>楽天ブックスで今すぐ買う!
>>hontoで今すぐ買う!
今月の表紙

★表紙ライダー:成田亮 [マシン]Honda CRF450RW
★PHOTO:宮崎大吾
★表紙デザイン:浜田具秀
あと1勝が遠かった昨シーズンの不調から一変、ライバルの山本鯨、小方誠をも抑え込み、全日本開幕戦で見事パーフェクトウイン、IA通算150勝を達成した成田亮。この勢いを持続できるか、早くも次戦以降が気になる!
CONTENTS

ライダーは黒山健一。7月に実戦デビュー!
電動トライアルバイク「TY-E」が世界戦へ

SHOEIの新作ヘルメットをインプレッション
VFX-WRはフィット感、軽量感がUP!

SUSPENSION guide for beginners
全方位、お悩み解決
サスペンションのすべて

カワサキの追撃態勢を、激写!!
2018全日本モトクロス マシンカタログ

塗り替えられた戦国模様。悔しさをバネにした戦士達
全日本モトクロス開幕戦

コンペモデルもファンマシンも魅力大
今アツい125ccオフロードバイク

新製品はここで一斉チェック
DIRT EYES

編集スタッフが本気で試す!
ダースポ的みんなのテスト

イーストシリーズがついに開幕
WEX EAST Rd.1 勝沼

さやおの
目指せ全国8地方選手権参戦!

全国各地のイベントを一挙公開
イベントフラッシュ

全国のレース、スクール情報満載
イベントガイド

読者さんからIAライダーまでみんな集まれ♪
ダースポパドック

第35回
きらたかしの「DIRT野郎」

広告目次が付いています
編集後記

feat.ENDURO
・また走れると思うなかれ、最高のレースの尊さよ JNCC Rd.2 グリーンバレー森羅
・ついに次世代がミータイヤが登場 iRC VE-33s GEKKOTAを試す!

永遠のバイク少年 大鶴義丹の
My Life with Dirt Bike

エキゾースト&ECUセットUP、JNCC参戦!
’18 NEW CRF250R プロジェクトRX

耐久性を向上したミディアムタイヤの実力は!?
DUNLOP MX33を試す!

大人の本気?無邪気?バトルが見物の開幕戦!
ウィークエンドレーサーズ2018開幕戦

現場で培われた技術、全て見せます!
K-CROSS 百戦錬磨メンテナンス

歌うダートガール渡邉藍の
オフロード大好きっ!

生駒姉妹の
ハピネスモトクロス

あなたのダートライフをバックアップ!!!!!!
BIG PRESENT
プロダクトNo 1595
出版社 造形社
発売日 毎月24日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。