淡交 定期購読・最新号・バックナンバー

淡交の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

淡交雑誌の詳細です。


淡交の公式サイトへ
本・雑誌 淡交
本・雑誌内容 宗家行事や茶会の模様をはじめ、茶道の基礎知識から各種点前、応用に至るまでを豊富な写真で紹介。また「茶の湯」を中心に、広く日本文化の美と心を知る多彩な読み物を満載してお届けします。
本・雑誌内容詳細 平成29年
淡交平成29年9月号
七事式●且坐之式・風 炉(五) 点前●立礼・初炭手前(三)
裏千家茶道の機関誌、また茶の湯を中心とする日本文化を総合的に紹介する月刊茶道誌。宗家の最新情報や全国の淡交会会員の活躍を豊富な写真とともに紹介、さらにオールカラーの点前のページや連載読物、毎号テーマを変えての《特集》など、多彩な情報を満載してお届けします。

◎表紙 茶室を感じる
     重厚な構え

◎巻頭言
その土地の色合い(千 宗室)

◎行事カラー
精中・圓能・無限忌
坐忘斎家元、チェコ共和国首相に呈茶

◎点前のページ
七事式の解説 且座之式・風炉(五)(千 宗室/監修)
点前の解説 立礼 初炭手前(三)

◎特集
国宝の美 日本の歴史と美術を物語る名品
「国宝」とは何か? (降矢 哲男)
日本人が生み出した美の清華
国民画家・雪舟の誕生/等伯・久蔵、親子の共演(山本 英男/福士雄也)
中国への憧れと日本独自の美意識(降矢 哲男)

◎好評連載
わたしの「名物」―私的名物記 双子石(金沢 百枝)
茶の湯と仏教 天祐紹杲と清巌宗渭・玉舟宗璠・天室宗竺(筒井 紘一)
茶の湯に出会う、日本を知る 樂茶碗を知る(はな)
茶室を感じる 色気の空間、密庵席(中村 義明×前田 圭介)
茶道心講 素麺茶事のシミュレーション(岡本 浩一)
淡交歌壇(佐佐木 朋子・選)
淡交俳壇(橋本 榮治・選)
文様を読む 長月「菊」(木下 明日香)
茶花を育てる シュウカイドウ(塩見 亮一)
青年部、思い出の茶会 三重南青年部

各地の献茶式
[日光東照宮/北海道神宮/貴船神社/八坂神社]

行事報告
横須賀支部四部合同記念行事

東西南北
[札幌今日会 開催/鵬雲斎大宗匠、京都キエフ交流の会15周年で講演/鵬雲斎大宗匠、清見寺で茶会/鵬雲斎大宗匠、外務省研修所で講義/鵬雲斎大宗匠、「学徒から学生へ」で特別講演/鵬雲斎大宗匠、上賀茂神社崇敬会総会で講話/第15回茶道文化賞選考委員会 開催/中国文化部一行来庵/鵬雲斎大宗匠、京都大学大学院ELPで講義/千万紀子様、ノートルダム女子大学で講義/伊住禮次朗様、京都府庁旧議場土曜講座で講義]

総本部だより
月釜ご案内
淡交通信(ホッとお便り/情報アラカルト)
クロスワードパズル
美術館案内
いちょうプラザ(学校茶道/国際部)
裏千家学園 お茶づけの日々

新刊紹介「茶席からひろがる 漢詩の世界」

茶会記(宗家会記/淡交会記/一般会記)
プロダクトNo 1589
出版社 淡交社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。