淡交 定期購読・最新号・バックナンバー

淡交の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

淡交雑誌の詳細です。


淡交の公式サイトへ
本・雑誌 淡交
本・雑誌内容 宗家行事や茶会の模様をはじめ、茶道の基礎知識から各種点前、応用に至るまでを豊富な写真で紹介。また「茶の湯」を中心に、広く日本文化の美と心を知る多彩な読み物を満載してお届けします。
本・雑誌内容詳細 淡交平成30年新年号
七事式●炭付花月之式・炉(三) 点前●紹鷗 棚 濃茶点前(一)


裏千家茶道の機関誌、また茶の湯を中心とする日本文化を総合的に紹介する月刊茶道誌。宗家の最新情報や全国の淡交会会員の活躍を豊富な写真とともに紹介、さらにオールカラーの点前のページや連載読物、毎号テーマを変えての《特集》など、多彩な情報を満載してお届けします。

◎今月の扉 四季の金団
はじまりの色(髙家 啓太)

◎巻頭言
共に成長する(千 宗室)

◎行事カラー
宗旦忌
第50回東海地区大会
今月の「茶会記」より

◎点前のページ
七事式の解説 炭付花月之式・炉(三)(千 宗室/監修)
点前の解説 紹鷗 棚 濃茶点前(一)

◎特集
京焼の雅 京の都で育まれたやきもの
京焼への想い(木下 收)
対談 京焼の始まりと発展―仁清・乾山・古清水を中心に(永樂 善五郎 中ノ堂一信)
粟田焼の歴史と特徴(安田 浩人)

◎好評連載
お茶はにがて 勇将の「静謐」(葉室 麟)
ロバート キャンベルの名品に会いに行く 曜変天目(ロバート キャンベル)
日本のうるし 京漆器
茶人の嗜み 能を学ぶ 翁(金剛 龍謹)
皇室と茶の湯 皇室の喫茶受容(依田 徹)
触れることば~心に触れることばの秘密 初春を寿ぐ(黒川 伊保子)
茶道心講 楽しさは細部に宿る(岡本 浩一)
春夏秋冬 質問室(今日庵業躰部)
淡交歌壇(佐佐木 朋子・選)
淡交俳壇(橋本 榮治・選)
インタビュー 我が師を語る(植松 宗慶)
今月の表紙より(鈴木 宗博)
組織における茶道の広がり 株式会社 御座候

第29回淡交歌壇・俳壇年間最優秀賞

各地の献茶式
[多賀大社/身延山久遠寺/伏見稲荷大社/生國魂神社/天龍寺/有馬善福寺/吉田神社]

行事報告
青年部九州ブロック創立50周年記念大会

東西南北
[鵬雲斎大宗匠、絆の会で講演/ブータン王国王女が来庵/鵬雲斎大宗匠、古典の日制定5周年記念式典に出席/鵬雲斎大宗匠、京都大学大学院思修館で講義/洛趣会 開催/第37回国際茶会 開催]

伊住公一朗様にご長女誕生
総本部だより
月釜ご案内
淡交通信(ホッとお便り/情報アラカルト/書棚に一冊)
クロスワードパズル
美術館案内
いちょうプラザ(学校茶道/国際部)
裏千家学園 お茶づけの日々

茶会記(宗家会記/淡交会記/一般会記)

寄稿「ウクライナにおける日本年」三つの茶道行事(若野豪宏)
プロダクトNo 1589
出版社 淡交社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。