TARU(たる) 定期購読・最新号・バックナンバー

TARU(たる)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

TARU(たる)雑誌の詳細です。


TARU(たる)の公式サイトへ
本・雑誌 TARU(たる)
本・雑誌内容 「月刊たる」は関西発のお酒とその周辺をご紹介する雑誌です。創刊30年、「酒の知識」「酒と人」「酒と文化」「肴」などおよそお酒に関わる全てを”話題一杯”献上しています。酒好きな方だけでなく、酒を扱うプロの方も満足させる内容です。
本・雑誌内容詳細 [特集]
「多士済々!日本ワイン」
 近年、国内外で評価が高まっている日本ワイン。新しいワイナリーも続々と産声を上げ、市場は活況を呈している。実は日本におけるワイン産業の歴史は古く、日本で初めて民間の醸造会社が設立されてから、今年は140年目に当たる。苦労して礎を築いた先人たちに敬意を払い、最新の英知を注ぎワイン造りのさらなる高みを目指す―
 そんな優れた造り手たちが切磋琢磨し合う、〝多士済々〟の日本ワインに目が離せない。
 ※〝多士済々〟とは、才能豊かな人が大勢いるという意味の四字熟語


●表紙絵『新しい事にチャレンジ!』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の
線と色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。今号は、
楽しそうに遊びに興じる舞妓さん。過ごしやすい秋の日、新しい事でもはじめようかな、
どこか旅にでようかな、なんて考えているのでしょうか。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ ;椎名誠「秋の堤防釣り」
□連載
・カクテルNOTE;〈モヒート〉
〔Bar SPORTS 運慶〕山田治樹さん
・ワインのお話;高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々; 川嶋舟 
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔まだん〕の『スンドゥブチゲ』
・飲むたび、こころ旅;檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ;島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ;中村順一
・今宵の1話
・関西プラッと便連動企画!
日本酒 蔵元めぐり 大田酒造
□盛大だった、銘酒『鶴齢』の蔵元、青木酒造の300周年式典!
 
□『STVラジオ×月刊たるのコラボレーション企画『多聞』といただく北海道の酒の肴
□ニッカウヰスキーから待望のシングルモルト数量限定発売、新しいチャレンジのウッド・フィニッシュ
□ランチ、ディナーから大人数での貸し切りパーティーまで さまざまなシーンを
〔石窯料理とクラフトビール ROAST〕で過ごす
□『瓶チュー』は、なぜ〝津山のソウルリカー〟と呼ばれるのか
□お酒と睡眠 ; 雑口利祐(一般社団法人チェリー・ブロッサム代表理事)
□龍の瞳サクセスストーリー ; 今井 隆
プロダクトNo 1584
出版社 たる出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。