TARU(たる) 定期購読・最新号・バックナンバー

TARU(たる)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

TARU(たる)雑誌の詳細です。


TARU(たる)の公式サイトへ
本・雑誌 TARU(たる)
本・雑誌内容 「月刊たる」は関西発のお酒とその周辺をご紹介する雑誌です。創刊30年、「酒の知識」「酒と人」「酒と文化」「肴」などおよそお酒に関わる全てを”話題一杯”献上しています。酒好きな方だけでなく、酒を扱うプロの方も満足させる内容です。
本・雑誌内容詳細 [特集]
「世界のクラフトジン ジャパニーズジン」
ジントニックやマティーニなど、カクテルの王道として親しまれてきたジンが、
ここにきて一大ブームとなっている。
ジュニパーベリーを用いること以外に、産地や造りに縛られない自由度もあり、志の高い造り手たちが、原材料や手間暇を惜しまない、こだわりの〝クラフトジン〟を世界中で生産しているのだ。
その波は日本にも到来し、〝ジャパニーズジン〟が各地で産声を上げている。
注目の世界のクラフトジン、ジャパニーズジンの世界を紐解いてみよう。


●表紙絵『赤富士とほろ酔い舞妓』/大杉真司
京都を拠点に舞妓をテーマにした油絵を描き続けている大杉氏。独特の
線と色使いで描かれた作品は国内外で高い評価を受けています。今号は、
赤富士を眺める舞妓さん。美しく輝く秋の日の光に頬を染めているのがこ
ちらから見えないのは、ほろ酔いの姿を隠しているからかもしれません。

□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ―椎名誠「ガクンと膝にくる酒」
□連載
・カクテルNOTE――〈ギムレット〉
〔The Bar 草間GINZA〕草間常明さん
・ワインのお話―高橋哲夫
・黄金の琥珀に純白の泡 松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 ― 川嶋舟 
・春宵酔刻 柄長葉之輔
・メッセンジャー黒田のめし活★パラダイス 〔大田家〕の『旬の新鮮な魚介盛』
・飲むたび、こころ旅 ―檀タツオ
・酒の肴、歴史が肴 ―島直也
・日本酒スタイリスト 島田律子のSAKE スタイル
・日本の酒を世界のSAKEに 文/レオポルド・プツェリ 訳/西川彩奈
・メビウスの輪 ―中村順一
・今宵の1話
・関西プラッと便連動企画!
日本酒 蔵元めぐり 玉乃光酒造
□世界で愛されるハーブリキュール 『カンパリ』&『アペロール』 
□期待大!温故知新の改革を推進する現当主、秋田「新政」
□『サントリーウイスキー 角瓶』80周年 ウイスキーの愉しみ方
□『火宅の人』の、とっておきのポルトガル赤ワイン 『ダン メシアス』
□初秋を彩るメルシャンワイン
□P箱で始めるeco リユースで始めよう
□龍の瞳サクセスストーリー 一握りの籾から物
プロダクトNo 1584
出版社 たる出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。