TARU(たる) 定期購読・最新号・バックナンバー

TARU(たる)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

TARU(たる)雑誌の詳細です。


TARU(たる)の公式サイトへ
本・雑誌 TARU(たる)
本・雑誌内容 「月刊たる」は関西発のお酒とその周辺をご紹介する雑誌です。創刊30年、「酒の知識」「酒と人」「酒と文化」「肴」などおよそお酒に関わる全てを”話題一杯”献上しています。酒好きな方だけでなく、酒を扱うプロの方も満足させる内容です。
本・雑誌内容詳細 【特集】
お酒とおサカナ

日本人の食生活になじみ深い「魚」。
スーパーなどに並ぶ魚によって季節を感じ、
酒宴や特別な祝い事などに欠かせないものとしても
私たちは昔から、魚を愛でてきた。
そんな身近な存在である「魚」はどのようにして私たちの手元に届けられるのか。
我が国日本の現在の「サカナ(魚・肴)」事情を追いながら、
さらなる魚の可能性を知り、もっと魚をお酒とともに楽しもう!
『たる』がおススメする、魚料理に合う日本酒も厳選紹介します。


□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「奥会津の白濁酒」
・カクテルNOTE —〈スペシャル ジンフィズ〉
〔Bar Matsumoto〕松本純さん
□ビールの楽しみを広げる アサヒビール
□[Special Report]
3タイプ揃った話題の純米酒『魚沼』 — 白瀧酒造
呑兵衛さんは「異常酩酊」を知ることが大事 — 樋木酒造
□ワインの大手メーカー メルシャンが贈るオーガニックワイン
□FOODEX JAPAN 2018
□ハンドメイドから生まれるクラフトバーボン『メーカーズマーク』
□[Special Report]
受け継がれた精神を活かし、お酒造りを極め続ける『越乃寒梅』醸造元 — 石本酒造
「新潟淡麗 にいがた酒の陣 2018」 今年も大盛況の14万人超動員
□新たな切り口で伝統文化を発信し、未来の子供たちを支えたい — 丸山貴弘氏
□第4回 藤本義一文学賞 作品を募集します! キーワードは「夢」!
□連載
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー

プロダクトNo 1584
出版社 たる出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。