税経通信 定期購読・最新号・バックナンバー

税経通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

税経通信雑誌の詳細です。


税経通信の公式サイトへ
本・雑誌 税経通信
本・雑誌内容 税務・会計・経理実務のパートナー。昭和21年創刊の専門雑誌で現在第58巻。財政・税制・会計・商法・経済・経営などの分野のトピックな問題点を的確にとらえたテーマで、欺界の一流の方々の示唆に富む研究・解説論文を掲載。また、官庁の法令通達立案担当者による迅速・詳細な解説、実務家による税務・会計・経理実務の問題点を取り上げて具体的事例により解説。付録として、改正法令通達をいち早く収録。
本・雑誌内容詳細 THE PERSPECTIVE 所有者不明土地の解消に向けた租税法上の方策/岩﨑政明(明治大学)
Business 会社法の見直しに関する中間試案が公表/「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」「法務局における遺言書の保管等に関する法律案」が国会提出/日本経済団体連合会
続 租税史回廊(第13回) 〔現代における動き⑦〕租税心理学と財政錯覚/中里実
会計基準解説 企業会計基準第28号「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等について/村瀨進吾
特別論文 時間的プレッシャーに対応した原価企画のあり方に関する考察/諸藤裕美(立教大学)

特集Ⅰ ”思いがけない認定課税に注意!
個人と同族法人間での借地権をめぐる問題”
1 借地権の概要と課税関係の基本/武田秀和
2 借地権の設定方式の整理と認定課税/成田一正
3 相当の地代の意義とその変更の可否/安部和彦
4 借地権がうやむやになっている場合の対応/小林磨寿美
5 借地権評価時の実務と計算/角田壮平

特集Ⅱ ”都市農地の相続と納税猶予
継続保有するか手放すか? 選択のメリットデメリット”
1 農地制度と税務の変遷/清田幸弘
2 納税猶予制度の改正の変遷/島田哲宏
3 納税猶予を受けるメリット・デメリット/川合忠信
4 納税猶予を受けるために必要な手続/大橋誠一

イチからはじめる組織再編税務の基礎(第38回) 未処理欠損金額の引継制限等における「制限額」/平井伸央
イチから始める相続税実務の基礎(第2回) ”生前贈与・遺言、相続放棄等の基礎知識
準確定申告の留意点”/鹿志村裕
基礎からわかる財務諸表の学び方・考え方(第8回) デリバティブとヘッジ会計/桜井久勝
経営者と後継者のためのキャッシュプランと税務(第4回) 現経営者・後継者の双方が納得するキャッシュプラン/松浦真義
税務相談Q&A 所得税 税理士報酬の必要経費算入の可否/小田満
税務相談Q&A 法人税 執行役員と法人税法上のみなし役員の関係/小畑孝雄
税務相談Q&A 資産税 構築物の評価/松岡章夫
税務相談Q&A 消費税 クレジットカード加盟店手数料の取扱い/佐藤明弘
税務相談Q&A 国際課税 外国投資信託の受益権を取得した内国法人の課税関係/丹菊博仁
Sound Accountingを求めて(第41回) 社内不正に備える(3)―領収書をめぐる不正―/田中弘
最新判例・係争中事例の要点解説(第92回) 書面によらない金地金の贈与について贈与税の賦課決定処分等がなされた事案で、贈与の有無等について主張立証責任を踏まえた判断がなされた事例~京都地裁平成27年10月30日判決(TAINZ:Z265-12750)~/佐藤香織
経理の窓 不動産の信託と税金/安積健
別冊付録/税務法令通達月報
プロダクトNo 1509
出版社 税務経理協会
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。