設備と管理 定期購読・最新号・バックナンバー

設備と管理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

設備と管理雑誌の詳細です。


設備と管理の公式サイトへ
本・雑誌 設備と管理
本・雑誌内容 ビルや商業施設をはじめとする各種施設の管理に携わる方々のための専門誌です。常設の実務記事は、設備の基礎知識から運転管理、リニューアルまで多彩な内容です。高層化、複合化、IT化が進む建物設備にも対応します。空調、給排水、電気、通信、防災、消防、昇降機、照明、環境衛生、清掃等の最新動向と管理実務を網羅します。省エネルギー情報も提供します。
本・雑誌内容詳細 ■特設

各種非常電源の特徴と構成方法
石川 昇,吉田 剛司,今村 幸宏(日建設計)

病院やデータセンター,工場など24時間365日稼働し続ける施設がある.そこでは瞬時停電(瞬停)や瞬時電圧低下(瞬低)も許されない場合も.事故や故障はもちろん,保守点検でも停止はできないという環境の中で,非常電源,すなわち自家用発電機,蓄電池,UPSはどういった構成にするのか.それを支える電源系統の構成も含めて解説する.

■解説記事

・ウォータークライシスと水道コンセッション[後編]
 武田 建紀,平嶋雅雄(潮技術コンサルタント)

水危機を静的・常時的(水の欠乏,施設の劣化)と動的・非常時的(洪水,地震)に分けて考えるのではなく,広く静的・動的クライシスとして捉えてその対応について考える.今回の後編では,水道事業の民営化と再公営化について考察する.

・日本のダクト工事ヒストリア[番外編] 第3回 ビルマルチ空調がスパイラルダクトの採用を加速した
 安藤 紀雄(N.A.コンサルタント),瀬谷 昌男(MSアートオフィス)

2017年5月号から11月号まで掲載した創刊50周年記念連載の番外編.今回は日本におけるスパイラルダクトの歴史について,ビルマルチ空調方式が同ダクトの採用を後押しした背景を振り返る.

■新連載

現場の電動機 基礎技術と適用事例 第2回 三相誘導電動機の回転子構造と結線方法
丸岡 巧美(丸岡技術士事務所)

さまざまな分野・現場で多用されている三相誘導電動機.その原理・種類・構造・性能評価,始動・運転制御法,トップランナーモータ―適用上の注意点などの基礎技術を解説するシリーズ記事.第2回は三相誘導電動機の回転子構造と結線方法を取り上げる.

■ライセンス

平成29年度浄化槽管理士試験問題と解答・解説

2017年10月22日(日)に,全国5試験地で実施された試験の問題と解答・解説を掲載.12月12日に行われた合格発表によると,今回の受験者数は1007名で合格者は250名,合格率は24.8%だった.

■ニュースラインナップ

・第27回BELCA賞決定
・学校環境衛生基準を改正(案)
・建築基準法の一部改正案が閣議決定電技解釈・同解説の改訂案を公表
・平成28年度悪臭防止法の施行状況

■フォトギャラリー

赤坂インターシティAIR

■道草の拾い読み

千葉・千葉市 K.S HARBOR

■連載

・事例に学ぶ設備お悩み相談室/43. 自動制御機器更新時の注意点
・設備英語の英絵おもしろ百科/クロスコネクション
・のぞき窓を閉めないで/「音響兵器?」,なんとも無粋な!!
・現場技術者のためのイラスト日誌/構内電気設備/3. スイッチ・コンセント設備
・現場技術者のための電気設備早わかり 完全図解/電気設備編/第1章 電力供給設備/3. 電力を受電する高圧引込線設備
・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)/8.Tグリーンハイツ耐震補強・大規模修繕工事(後編)
・Excelを使いこなすためのワンポイント/174. Excelの小技(138)―マウスのダブルクリックでさまざまなことをやってみる―
・現場ではたらくビル管INTERVIEW/80. さいたま赤十字病院(日本空調サービス)

プロダクトNo 1497
出版社 オーム社
発売日 毎月11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。