生体の科学 定期購読・最新号・バックナンバー

生体の科学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

生体の科学雑誌の詳細です。


生体の科学の公式サイトへ
本・雑誌 生体の科学
本・雑誌内容 生命科学・生物科学領域における最先端の研究を、毎号特集形式により紹介。神経科学はもとより分子生物学・酵素科学・栄養科学にいたる領域も含め、注目されるトピックテーマの最新情報を提供する。
本・雑誌内容詳細 ■増大特集 細胞多様性解明に資する光技術-見て,動かす■
特集「細胞多様性解明に資する光技術-見て,動かす」によせて(松田 道行)
□I.見る,観る,視る
超解像顕微鏡によるライブイメージング(岡田 康志)
多重染色・高密度標識で従来法の壁を超えるIRIS超解像顕微鏡法(渡邊 直樹・木内 泰)
走査型プローブ顕微鏡による生細胞の超解像イメージング(高橋 康史)
全反射蛍光顕微鏡による細胞膜受容体MPL二量体の1分子イメージング
 (坂本 明彦・船津 高志)
細胞膜受容体の1分子イメージング(柳川 正隆・佐甲 靖志)
分子モーターの1分子イメージング(飯野 亮太)
蛍光性ナノダイヤモンドを用いた1細胞計測(五十嵐 龍治)
多光子顕微鏡技術の新展開(堤 元佐・他)
深部イメージング性能を向上させる多光子蛍光顕微鏡技術(磯部 圭佑)
ラマン散乱顕微鏡を用いた生細胞イメージング(藤田 克昌)
近赤外イメージング(曽我 公平・上村 真生)
分子間相互作用を検出する2光子蛍光寿命イメージング(村越 秀治)
マウス生体深部蛍光イメージング(今村 健志・齋藤 卓)
ゴーストサイトメトリー:
 機械学習駆動型蛍光“イメージング”フローサイトメトリー(太田 禎生)
顕微内視鏡による脳内キナーゼイメージング(船曳 和雄)
次世代色収差補正技術(松田 厚志)
補償光学による深部イメージング(玉田 洋介・他)
光シート顕微鏡の展望(野中 茂紀)
透明化技術とシステムバイオロジー(小野 宏晃・他)
マクロレベルからナノレベルまでの連続イメージング(日置 寛之・他)
イメージング質量分析の最先端(近藤 豪・瀬藤 光利)
植物の蛍光イメージング(佐藤 良勝)

□II.見えなかったものを視る
神経伝達物質を高精細に可視化するハイブリッド型蛍光プローブの開発(浅沼 大祐・他)
多光子顕微鏡法のためのSHG専用色素(塗谷 睦生)
新しいイメージングに対応した新しい蛍光色素(多喜 正泰・山口 茂弘)
生細胞における細胞内局在特異的分子標識法(藤沢 有磨・他)
蛍光blinking制御による生体分子のダイナミクス観測-KACB法(川井 清彦・丸山 厚)
生細胞でのタンパク質蛍光標識技術の開発と糖鎖機能の解明(堀 雄一郎・菊地 和也)
内在性タンパク質の標識技術(三國 貴康・西山 潤)
グルタチオン検出用蛍光プローブの新潮流(梅澤 啓太郎・他)
酸化ストレス分子の蛍光プローブ(平山 祐)
生細胞内RNAイメージングのための人工核酸(樫田 啓・浅沼 浩之)
Ca2+センサーG-CaMPの進歩(大倉 正道・中井 淳一)
電位センサードメインを用いた膜電位プローブの進歩(河合 喬文・他)
cAMPやcGMPなどのセカンドメッセンジャーのイメージング(岡 浩太郎)
IP3センサー(谷村 明彦)
リン酸化酵素とGタンパク質のFRETバイオセンサー(寺井 健太)
エクソサイトーシスのイメージング(平嶋 尚英)
発生過程における生体内の力の可視化と測定法(田尾 嘉誉・Sevan Hopyan)
細胞の熱産生イメージングのための温度プローブ(鈴木 団)
ATPバイオセンサーを用いた生細胞内ATP濃度の可視化・計測(吉田 有希・今村 博臣)
マウスの生体発光イメージング技術の新展開(口丸 高弘・近藤 科江)
高輝度化学発光タンパク質の開発(中野 雅裕・永井 健治)

□III.見えたものを理解する
バイオイメージ・インフォマティクスの現状(内田 誠一)
多次元画像処理の基盤技術:VCAT5(横田 秀夫)
定量的画像解析により,細胞の中身を知る(朽名 夏麿・馳澤 盛一郎)
Deep learningを用いた細胞内画像中の粒子検出(堀田 一弘)
多重線形解析による多次元生物画像の統計モデリング(陳 延偉)
線虫の4Dイメージング画像処理(豊島 有)
線虫の画像処理からモデリングまで(塚田 祐基)

□IV.狙ったものを動かす
光によるショウジョウバエ中枢回路の機能解剖(能瀬 聡直・他)
行動下ゼブラフィッシュにおける光遺伝学による神経活動操作(天羽 龍之介・岡本 仁)
光によるマウス個体高次機能制御(村山 正宜)
光遺伝学による睡眠覚醒の制御(山中 章弘)
光によるマウスを用いた精神神経疾患の病態解析(小尾 紀翔・林(高木) 朗子)
光による霊長類脳機能制御:神経路選択的光操作技術(高田 昌彦・他)
CRISPR-Cas9システムの光操作技術(佐藤 守俊)
光誘導性二量体化による細胞内シグナル伝達経路の操作(青木 一洋・他)
光誘導性二量体・多量体形成システムを用いた受容体タンパク質活性の制御
 (遠藤 瑞己・小澤 岳昌)
光作動性転写因子を用いた遺伝子発現制御(今吉 格)
光照射分子不活性化法(CALI法)によるタンパク質機能制御(竹居 光太郎)
赤外レーザーによる遺伝子発現の操作技術(坂本 丞・亀井 保博)
ケージドヌクレオチドによる細胞機能の光制御(古田 寿昭)
プロダクトNo 1474
出版社 医学書院
発売日 毎偶月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。