ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き 定期購読・最新号・バックナンバー

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付きの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き雑誌の詳細です。


ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付きの公式サイトへ
本・雑誌 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き
本・雑誌内容 生の英語のインタビューや、すぐに役立つ特集記事などで、楽しく英語力アップできる学習情報誌です。付属CDには、映画・音楽業界や経済界の第一線で活躍する人々のインタビューやスピーチ、英米の旬なニュースなど、さまざまなタイプの英語が収録されており、オールラウンドな英語力を身につけることができます。すべての英文には対訳と語注がついているので、目的やレベルに合せた幅広い学習が可能。読み応えのある連載記事も満載で、毎号飽きずに英語学習を継続できます。来春、創刊45周年を迎える、信頼と実績の英語学習情報誌のトップランナーです。
本・雑誌内容詳細 ■特集■
ジャパングリッシュも時にアリ?
「カタカナ」英語を「通じる」英語へ

私たちの日常は、さまざまなカタカナ英語であふれていますが、果たしてそれらの単語はネイティブに通じるのでしょうか? 本特集では、ビジネスから日常会話まで、毎日のように耳にする、いろんなカタカナ英語を取り上げ、それらを「通じる」英語へ変換する方法をご紹介します。また、日本語として浸透している「カタカナ語」の、「実際の英語発音」を音楽に合わせて練習できる「チャンツ」も収録しています。「カタカナ語」をきっかけに、楽しく英語を学んでみませんか? 博多弁と英語を話す、アンちゃんことアン・クレシーニさんの解説でお届けします。

■特別企画1■
ハリー王子&メーガン・マークル 祝・結婚!
華麗なる世界のRoyal Wedding

5月19日に行われる、英ハリー王子とアメリカの俳優メーガン・マークルの挙式は、世界から大きな注目を浴びています。2 人の新たな門出を祝して、各国のロイヤルカップルの誕生秘話や「なれそめエピソード」を、たっぷりお届けします。「幸せな英語」をぜひ味わってください。

■特別企画2■
大人のための ハックルベリー・フィン入門

「ハックルベリー・フィン」を、皆さんは覚えていますか?「『トム・ソーヤーの冒険』に出てきたトムの友達……」「でもどんなキャラクターだっけ?」そんな方も多いのではないでしょうか。アメリカの作家マーク・トウェインにより創作されたこの少年は、児童小説の奔放な登場人物であるとともに、19世紀アメリカの奴隷制が持つ問題をあぶり出す重要なキャラクターでもあります。2017年12月、そのハックを主役に据えたトウェインのAdventures of Huckleberry Finn の新訳版、『ハックルベリー・フィンの冒けん』(研究社)が刊行されました。本企画では、この新訳版の翻訳者である柴田元幸先生の解説を通して、この作品が持つ特異性や詩情を体感してみましょう。

■Audio Focus(インタビューのスクリプト&CD ※雑誌に付属)
EJ Interview 1 ハリー王子&メーガン・マークル(俳優)
新たな風を予感させるニューカップル

昨秋、英王室からおめでたいニュースが飛び込んできました。チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の次男である、ハリー王子ことヘンリー・オブ・ウェールズ王子の婚約が発表されたのです。お相手はアメリカの女優メーガン・マークル。今年5月に結婚式を控えた幸せいっぱいの2人が一緒にインタビューに臨んだ様子をお聞きください。2人きりで過ごした星空の下の思い出や、王子がメーガンさんに贈った指輪に込められた、今は亡きダイアナ妃への思いも語られます。

EJ Interview 2 ケネス・ルオフ(歴史学者、日本研究者)
皇室の未来を考える

アメリカのポートランド州立大学教授のケネス・ルオフさんは、日本の近現代史の研究者で、同大学日本センターの所長を務めています。日本の天皇制に関する著書、『国民の天皇 戦後日本の民主主義と天皇制』では、2004年大佛次郎論壇賞を受賞しています。EJによる電話インタビューにて、今上天皇の生前退位について、今上天皇皇后両陛下の革新的な点について、ひいてはルオフさんが考える、日本の皇室制度の未来について、語ってもらいました。

World News
News 1:北朝鮮と韓国、2 年ぶりの直接会談
News 2:大寒波襲来、アメリカで記録的な大雪
News 3:ハリー王子婚約発表、経済効果に期待

Documentary
From AFP ハリケーン後の人生

連載
Tea Time Talk(ケイ・ヘザリ)/英米小説翻訳講座(柴田元幸)/通訳の現場から(関根マイク)/勝手にENGLISH JOURNAL!/Remarkable Japan! 日本人の知らない意外なニホン/キムタツ式日常表現クイックレスポンス ほか
プロダクトNo 142
出版社 アルク
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。