人民中国 定期購読・最新号・バックナンバー

人民中国の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

人民中国雑誌の詳細です。


人民中国の公式サイトへ
本・雑誌 人民中国
本・雑誌内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
本・雑誌内容詳細 ■特別企画 特集 第19回党大会
  新思想を旗印に 新時代切り開く
    PART1 初心と使命貫く長編報告
    PART2 広く共感呼ぶ習近平宣言
    PART3 政治局常務委員7人の横顔
    PART4 人民に美しい未来を約束
    PART5 国内の反応から見る重点
          日本の有識者が語る19大
          中国の今後に世界が期待

■時事・経済
  up-to-date NEWS
    習近平総書記が大型成果展を参観/習近平国家主席がICPO開幕式で基調講演
    天津にエアバスのC&DC誕生/8連休に600万人海外へ
    中国大使館主催招待会に安倍首相出席/「風雲4号」撮影画像が微信画面に
    港珠澳大橋建設がラストスパート/グラフェン研究に大きな進展
    トピックス/キーワード/19大にひと言
  チャイナ・パワーを読み解くPartⅡ
    世界の注目集めたこの5年 「一帯一路」構想や反腐敗  文:江原規由
  中日経済のいま
    日本語人材をもっと生かせ専攻卒業生は毎年1万5000人  文:陳言

■社会・民生
  躍動と感動 13億人のものがたり
    昼夜問わず出勤の救急医 働くこつは急がず慌てず

■文化・観光
  漢俳よもやま話(11) 平安建都1200年  文:劉徳有
  悩まない心をつくる人生講義  チーグアン・ジャオ(趙啓光)/訳:町田晶
    第11回 後悔しないこと
  美しい中国 青海(下)
    来客もてなす豪快羊肉料理 多様な宗教文化根付く西寧
  report 国際交流の大切さを受け継ぐ
    手塚プロダクション社長 松谷孝征氏に聞く
  時のひと▼芸術大家
    雅俗兼備で大衆に向けた書画を 書画家 管峻氏  文:王金晶
  中国紅茶の旅(11) 現代史と歩んできた英徳紅茶  文:須賀努

■インフォ・コーナー
  report 友好都市の友好試合 卓球による中日交流
  From BEIJING いま、北京の街角から
    23. 盆景  文:石垣久美子/写真:佐渡多真子
  report 中日21校の学長が西安に集結
  笹川杯作文コンクール 優勝賞
    小さい風でも、海を越えられる  文:張孟傑
  楽らく対訳
    花落的声音 花が落ちる音
  新語ネット語
    弯道超車/獲得感/打[上/下]/泪目
  交流&イベント
  インフォボックス
  マンガキャラ 中国の諸民族
    エベンキ族  イラスト・文:李昀
  快楽学唱中文歌♪ 那英『默』  孟群、星和明

  VOICE・編集後記

〔とじ込みページ〕
  中国の切手 張騫
  俳句でつづる12景 牧歌
  読者アンケート
プロダクトNo 1385
出版社 東方書店
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。