人民中国 定期購読・最新号・バックナンバー

人民中国の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

人民中国雑誌の詳細です。


人民中国の公式サイトへ
本・雑誌 人民中国
本・雑誌内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
本・雑誌内容詳細 ■特別企画 記念特集 中日国交正常化45周年
  新たなスタートラインに 両国識者8人の証言と提言
    PART1 初心を忘れず原点に戻ろう  劉徳有
    PART2 過去を知り共に未来を語る  南村志郎
    PART3 経済協力で共同繁栄の道  張雲方
    PART4 中国との絆で人生豊かに  星屋秀幸
    PART5 民間交流が変圧器の役目  [革+斤]飛
    PART6 青少年交流を強化しよう  沖村憲樹
    PART7 日本語に出会って半世紀  徐一平
    PART8 相互批判は信頼関係の礎  大平裕

■時事・経済
  この人に聞く 小川洋 福岡県知事
    地方交流が信頼関係の基礎
  up-to-date NEWS
    解放軍創設90周年 習近平主席が閲兵
    BRICS諸国が国政運営について交流/M7が九寨溝を直撃
    金沙江に世界第2の水力発電所/トピックス/キーワード
  チャイナ・パワーを読み解くPartⅡ
    注目のBRICSアモイ会議 「一帯一路」との連携は  文:江原規由
  中日経済のいま 地方都市に新変化の兆し
    電気自動車が提携の好機 日本製の車載電池を中国車に  文:陳言

■文化・観光
  漢俳よもやま話(9) 大平正芳氏と「温故知新」  文:劉徳有
  悩まない心をつくる人生講義  チーグアン・ジャオ(趙啓光)/訳:町田晶
    第9回 美
  美しい中国 成都(下)
    茶館の談笑が育む天府の国 新旧の歴史が交差する街角
  時のひと▼芸術大家 国交正常化45周年記念 特別企画
    魚と竹を絆に「相互理解」 アーティスト 王伝峰氏
  中国紅茶の旅(9) 杭州銘茶の紅一点「九曲紅梅」  文:須賀努
  report 幻の『斉論語』 前漢墓から出土  文:徐長青、王意楽

■社会・民生
  躍動と感動 13億人のものがたり
    子どものために服を販売 微信で新しい在宅ワーク

■インフォ・コーナー
  report 南京で学んだ歴史、考えた未来――日本「五星奨」遊学団の感想

  From BEIJING いま、北京の街角から
    21. 北京坊  文:石垣久美子/写真:佐渡多真子
  笹川杯作文コンクール 優勝賞
    中日関係と情報発信  文:呉氷潔
  楽らく対訳
    秋声一片/秋を告げる音
  新語ネット語
    放飛自我/無人超市/鍵盤侠/ga4舞
  交流&イベント
  インフォボックス
  @Japan わたしと中国
    「赤い輪」  文:北條久美
  マンガキャラ 中国の諸民族
    ドアン族  イラスト・文:李昀
  快楽学唱中文歌♪ 蘇運瑩『野子』  孟群、星和明

  VOICE・編集後記

〔とじ込みページ〕
  中国の切手 鳳(文物)
  俳句でつづる12景 円満
  読者アンケート
プロダクトNo 1385
出版社 東方書店
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。