助産雑誌 定期購読・最新号・バックナンバー

助産雑誌の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

助産雑誌雑誌の詳細です。


助産雑誌の公式サイトへ
本・雑誌 助産雑誌
本・雑誌内容 現代助産師に欠くことのできない最新の周産期医療と助産の知識・情報を発信。新人からベテランまで、パワフル助産師の必読雑誌。
本・雑誌内容詳細 ■特集 助産師が行なう産後ケア 自立を支援する視点から■

□産後ケアで助産師が担う役割とは
基本的な考え方とその背景(島田 真理恵)
□助産師が「地域」で取り組む産前・産後ケアに向けて
日本助産師会の考え方と活動(山本 詩子/安達 久美子/葛西 圭子/岡本 登美子)
□地域における助産師主導の産後ケア事業の展開
川崎市助産師会の取り組みから(稲田 千晴)
□医療機関に附属する施設で助産師が行なう産後ケアの意義
産前産後ケアセンター東峯サライの取り組み(中嶋 彩/松峯 寿美)
□産婦人科の分娩施設を産後ケア施設へ転用した取り組み
綾瀬産後ケアの実践から(林 香織/丹波 恵津子)
□台湾の産後ケア施設における経験の蓄積と社会環境の整備に学ぶ(林 謙治)
□台湾の産後ケアの実際
李ヘケルさんに聞く([通訳]加藤 阿幸)


□特別記事
モンゴルとの助産交流(2)
 モンゴルでのドゥーラワークショップ(福澤(岸) 利江子/トゴバタラ ガンチメゲ)
□TOPICS
お産のない久米島病院で活躍する助産師たち(松原 由美子/湯本 律子/仲地 倫菜/田端 弘美/津波 勝代)


●私たちの仕事場[26]
埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター

●宝物,教えてください[29]
思い出の写真入りCD(黒川 寿美江)

●ワタナベダイチが行く! 全国・両親学級レポート[6]
受講者に合わせてプログラムを調整,1人ひとりに寄り添う両親学級!(渡辺 大地)

●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[38]
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 保健学専攻看護学講座 助産師養成コース

●りれー随筆[401]
難民キャンプでの出会いを胸に(上野 麻実)
プロダクトNo 1380
出版社 医学書院
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。