Jurist (ジュリスト) 定期購読・最新号・バックナンバー

Jurist (ジュリスト) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Jurist (ジュリスト) 雑誌の詳細です。


Jurist (ジュリスト) の公式サイトへ
本・雑誌 Jurist (ジュリスト)
本・雑誌内容 『ジュリスト』は、法律問題を法律・実務の双方から客観的・専門的に掘り下げて解説。裁判所・弁護士・官庁・企業の実務に必要な立法・判例・実例・最先端情報をタイムリーに解説。また、裁判所・弁護士界等の動向、法学者の消息、海外の法律情報を掲載します。
本・雑誌内容詳細 さまざまな類型の訴訟が断続的に行われ,そのたびに議論を呼んでいたNHK受信料制度。2017年12月にはついに,最高裁大法廷による初判断がなされ,世間の耳目を集めました。本特集では,この判決で示された点について,解説と多角的な検討を行い,これからの放送制度の在り方を考察します。
また,巻頭カラーの「裁判官に聴く 訴訟実務のバイタルポイント」では会社訴訟を取り上げました。株式非公開の同族会社から大企業まで,企業法務に携わる人にとって重要な訴訟手続の現在の姿を把握できます。

特集 NHK受信料訴訟大法廷判決のインパクト
NHK受信料訴訟大法廷判決を受けて●宍戸常寿・音 好宏・鈴木秀美・山本和彦
NHK受信料訴訟大法廷判決の解説●冨上智子
NHK放送受信契約の締結をめぐる諸問題――最大判平成29年12月6日の検討●横山美夏
NHK受信料訴訟大法廷判決の検討――租税法の観点から●浅妻章如

連載/働き手・働き方の多様化と労働法②「兼業・副業と労働法」●桑村裕美子
連載/債権法改正と実務上の課題⑤「保証」●潮見佳男・岡 正晶・黒木和彰
連載/裁判官に聴く 訴訟実務のバイタルポイント⑩「会社訴訟(1)」●門口正人・大竹昭彦・岩井直幸
プロダクトNo 1369
出版社 有斐閣
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。