九州のムラ(九州のムラへ行こう) 定期購読・最新号・バックナンバー

九州のムラ(九州のムラへ行こう) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

九州のムラ(九州のムラへ行こう) 雑誌の詳細です。


九州のムラ(九州のムラへ行こう) の公式サイトへ
本・雑誌 九州のムラ(九州のムラへ行こう)
本・雑誌内容 「九州のムラ」はことし発刊15年目。「ムラの生命(いのち)をマチの暮らしに、マチの力をムラの生業(なりわい)に」をテーマに、ムラとマチの人々を「食」と「たび」という交流キーワードでつむぐ地域情報誌です。
本・雑誌内容詳細 ≪今号の特集≫
 今から約11年前、リニューアル前の『九州のムラ』13号(2003年6月発行)で特集を組んだ「歩くンです。」が帰ってきた!ということで「Re:歩くンです。」。
 今回歩いたのは3地域。
まずは「長崎県佐世保市黒島」。世界遺産登録を目指している長崎の教会群「黒島天主堂」で有名なところです。島内ガイドによる案内で、自然や食など島の魅力を堪能しました。
次に「福岡県宗像市大島」。こちらも世界遺産登録を目指す沖ノ島・宗像関連の取材で、沖津宮・中津宮・辺津宮と、宗像三女神に祈りを捧げる旅を紹介します。
最後は、「鹿児島県霧島市・曽於市」。霧島ジオパークに属するこの地域には、豊かな森と清らかな水、そして大自然と共生する人々がおり、その足跡をたどる旅となりました。
以上、九州のムラならではの「ムラ歩き」をたっぷりとご紹介。他にも内容盛りだくさんです。
こころおどり、五感めざめる、「九州のムラ」22号。ぜひご覧ください。

【目次】
■ムラコラム
   ムラのレストラン:『古民家のめしや しんたく』  /宮崎県高千穂町
   ムラガール ノコノコ・デザイン・クラブ  /福岡県福岡市
   ムラ暮らしコラム 横田真希さん  /鹿児島県薩摩川内市上甑島
■特集「Re:歩くンです。」
   “シンプルに生きる”を島人に学ぶ。「黒島」 /長崎県佐世保市黒島
   天孫を助け奉る、厳かなる信仰の地。「宗像」  /福岡県宗像市田島、大島
   悠久の大自然に、人々の足跡を見た。「 霧島・曽於」  /鹿児島県霧島市・曽於市
■特別インタビュー
   東川隆太郎さん、“歩く”の極意、教えてください。
■連載ムラのデザイン
   『大川組子』  /福岡県大川市
■地域 ×『九ムラ』のコラボ企画
   世界一の九州をつくろう。 福岡県宗像市  /キリンビールマーケティング株式会社
   SASEBO時旅 長崎県佐世保市  /公益財団法人佐世保観光コンベンション協会
   心もお腹もいっぱいだ! 長崎県佐世保市江迎町  /江迎活性化協議会
   春は鹿北のたけんこ街道 熊本県山鹿市鹿北町  /山鹿市企画課
   民泊の明かりは、夜のよして 長崎県南島原市  /一般社団法人南島原ひまわり観光協会
   ムラの報告会 食文化の伝承 熊本県阿蘇市  /波野旬菜グループ協議会
   ムラの報告会 漁業文化の伝承 長崎県壱岐市  /壱岐東部ITで海女の伝統をつなぐ会
   七つの島の自慢ごと 佐賀県唐津市七島  /島づくり事業実行委員会
   おふくろの味伝承塾 福岡市博多区  /クリナップ株式会社
プロダクトNo 1341
出版社 マインドシェア
発売日 1,4,7,10月の15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。