胃と腸 定期購読・最新号・バックナンバー

胃と腸の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

胃と腸雑誌の詳細です。


胃と腸の公式サイトへ
本・雑誌 胃と腸
本・雑誌内容 毎月の特集では最新の知見を取り上げる。症例報告も含め、美麗なX線・内視鏡写真や病理写真を多数提示し、病態を画像で説明する。内科、外科、病理の連携により、治療につながる診断学の向上をめざす。年1回増刊号を発行。
本・雑誌内容詳細 ■主題 大腸小・微小病変に対する cold polypectomyの意義と課題■
□序説
cold polypectomyの意義と課題-内視鏡診断学の存亡をかけて(山野 泰穂)
□主題
大腸小・微小病変の臨床病理学的特徴(永田 信二・他)
大腸微小病変に対する内視鏡診断-通常内視鏡診断(斉藤 裕輔・他)
大腸小・微小病変に対する内視鏡診断-拡大観察(河野 弘志・他)
大腸小・微小病変に対する治療と偶発症
 cold forceps polypectomy(浦岡 俊夫・他)
 cold snare polypectomyの課題と可能性(松浦 倫子・他)
 cold snare polypectomyの病理学的評価と安全性(岡田 雄介・他)
 hot biopsy,polypectomy,EMR(松下 弘雄・他)
 抗血栓薬服用患者に対するcold snare polypectomy(藤井 宏行・他 )
cold snare polypectomy摘除標本に対する評価
 EMRとcold snare polypectomyとの対比(伊東 哲宏・他)
 回収方法による組織学的評価の差異(徳竹 康二郎・他)
cold polypectomyの意義と課題-私はこう考える
 賛成の立場から(斎藤 豊・他)
 賛成の立場から(鶴田 修)
 慎重の立場から(岡 志郎・他)
 慎重の立場から(冨永 直之・他)
 病理医の立場から(二村 聡・他)
 病理医の立場から(八尾 隆史)


●早期胃癌研究会症例
微小癌が併存し内反性発育した 孤在性十二指腸Peutz-Jeghers型ポリープの1例
 (山崎 健路・他)

●今月の症例
大腸粘液癌の1例(田中 一平・他)

●早期胃癌研究会
2017年4月の例会から(大宮 直木,赤松 泰次)

●第23回白壁賞,第42回村上記念「胃と腸」賞授賞式
プロダクトNo 133
出版社 医学書院
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。