胃と腸 定期購読・最新号・バックナンバー

胃と腸の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

胃と腸雑誌の詳細です。


胃と腸の公式サイトへ
本・雑誌 胃と腸
本・雑誌内容 毎月の特集では最新の知見を取り上げる。症例報告も含め、美麗なX線・内視鏡写真や病理写真を多数提示し、病態を画像で説明する。内科、外科、病理の連携により、治療につながる診断学の向上をめざす。年1回増刊号を発行。
本・雑誌内容詳細 ■主題 IBDの内視鏡的粘膜治癒-評価法と臨床的意義■

□序説
炎症性腸疾患の内視鏡的粘膜治癒-評価法と臨床的意義(松本 主之)
□主題
炎症性腸疾患の内視鏡的重症度評価における病理組織学的所見の位置づけ
 -生検組織の炎症活動性評価の観点から(味岡 洋一・他)
炎症性腸疾患における粘膜治癒と長期経過(久松 理一・他)
炎症性腸疾患における内視鏡的重症度評価
 -通常内視鏡所見からみた新旧重症度スコアの特徴と課題(武田 輝之・他)
潰瘍性大腸炎の内視鏡的重症度評価
 -画像強調内視鏡(AFI,拡大内視鏡)所見からみた重症度(井尻 学見・他)
潰瘍性大腸炎の内視鏡的重症度評価
 -NBI拡大内視鏡所見からみた重症度(渡辺 憲治・他)
潰瘍性大腸炎の内視鏡的重症度評価
 -超拡大内視鏡所見からみた重症度(中里 圭宏・他)
Crohn病の内視鏡的重症度評価
 -大腸内視鏡下のスコアリングシステムとその問題点(冬野 雄太・他)
Crohn病の内視鏡的重症度評価
 -小腸病変の評価法:内視鏡とほかのモダリティの比較(竹中 健人・他)
Crohn病の内視鏡的重症度評価
 -カプセル小腸内視鏡による重症度評価(大森 鉄平・他)
□主題研究
confocal laser endomicroscopyを用いた小腸炎症性病変の評価(大宮 直木・他)


●早期胃癌研究会症例
原発巣より先行して発見され4型胃癌との鑑別を要した乳癌胃転移の1例(工藤 哲司・他)

●今月の症例
腫瘍径8mmの早期胃内分泌細胞癌の1例(中平 博子・他)

●早期胃癌研究会
第54回「胃と腸」大会から(梅垣 英次,清水 誠治)
プロダクトNo 133
出版社 医学書院
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。