児童心理 定期購読・最新号・バックナンバー

児童心理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

児童心理雑誌の詳細です。


児童心理の公式サイトへ
本・雑誌 児童心理
本・雑誌内容 常に新鮮なテーマ、執筆陣で、日本の教育界をリードしています。不登校、学級崩壊、いじめなど、さまざまな問題の解決に役立ちます。親子のかかわりを見直すことができ、上手なしつけ方がわかります。子どもを育む学校・家庭・地域の連携をサポートします。カウンセリング、生徒指導など、先生方の研修テキストとして最適です。
本・雑誌内容詳細 児童心理2017年12月号臨時増刊
「子ども問題の70年」

目次

■子どもにとっての戦後
子どもたちの八月一五日――戦時体制からの解放/上杉孝實
ラジオドラマ「鐘のなる丘」と戦災孤児――戦後の児童福祉の展開/髙橋利一         
新制中学校の誕生――六・三・三制の意味するもの/加野芳正
男女共学の実施――ジェンダーと教育/細辻恵子
街頭紙芝居にみる文化環境格差と戦後の子ども文化/加藤 理
集団就職列車での上京/遠藤由美
わが家にテレビがやってきた/深谷昌志

■高度経済成長期の子どもたち
特撮怪獣ブームがもたらしたものは――誰もが主役の成長譚を求めて/馬居政幸
リカちゃん人形の世界――女の子たちに、もたらしたもの/土肥伊都子
過熱化する進学熱――学校教育の光と影/武内 清
少年週刊誌ブームの到来――「少年ジャンプ」がもたらしたもの/野上 暁
葬式ごっこの意味するもの――非社会的な問題行動への転換/小林正幸
「ゆとり教育」の功罪――早急に「学力低下」を言う前に/飯田浩之

■平成時代の子どもたち
ファミコン・シンドロームの子どもたち/深谷昌志 
「少年A」は何を示唆するか――少年法の規定をめぐって/石田文三
「学校恐怖症」から「不登校」へ――学校へ行けない子ども、行かない子ども/沢崎達夫
発達障害の増加?――特別支援の必要な子どもたち/市川宏伸
多国籍化する学校――多文化時代の子どもへの対応/佐藤郡衛
小中一貫校の台頭――その課題を考える/有村久春
モンスター・ペアレントの「出現」――要求社会の中での学校対応/嶋﨑政男

■子どもたちの未来を考える
早期の集団保育環境での成長の是非――女性の社会進出と保育ニーズ/中村徳子
「親性(おやせい)」の揺らぎと子ども虐待/深谷和子
スマホ世代の子どもたち――リアルとネットの融合の中での成長/藤川大祐
大学進学率五〇%時代の勉強――学歴神話の崩壊の中で/鈴木 聡
少子化社会の中での子どもの育ち――子育て支援の必要性/汐見稔幸

編集後記/深谷和子
プロダクトNo 1327
出版社 金子書房
発売日 毎月12日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。