医療と介護 Next 定期購読・最新号・バックナンバー

医療と介護 Nextの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

医療と介護 Next雑誌の詳細です。


医療と介護 Nextの公式サイトへ
本・雑誌 医療と介護 Next
本・雑誌内容 超高齢化社会を迎えて大きく変貌しようとしているこれからの医療と介護のあり方を追求する専門誌です。2025年に向けて厚労省が推し進める地域包括ケアシステムの主要な担い手である、在宅医療や在宅介護、地域密着型サービス、自治体、高齢者の住まいの動向を追いかけ、解説します。
本・雑誌内容詳細 【第1部──超高齢社会への処方箋】
◆医療福祉の課題は里山原理の導入で解決できる
日本総合研究所主席研究員 藻谷浩介

◆総合事業の現状と課題 自治体は地域にふさわしい仕組みを作れるか
淑徳大学教授 鏡 諭

◆IWAO モデルは何を目指すか ヘルスケア・サービスのイノベーションで成長戦略に寄与する
京都大学大学院教授 岩尾聡士

◆官民公の協働が地域と住民の「つながり」を生む
ウエルビー代表取締役 青木正人

◆自然体で課題を解決する地域の勇士たち
Better Care 編集長 野田真智子

◆課題を分析して地域包括ケアを深化させる
厚生労働省老健局総務課課長補佐 石井義恭



【第2部──こんなことやってます!──自助と互助】
◆農福連携で障害者の自立と地域の活性化を
どりーむ・わーくす(北海道余市町)

◆高齢者の買い物を宅配便とスーパーと社協が代行
岩手県西和賀町社会福祉協議会

◆仮設に寄せ集められゼロから築いたコミュニティ
あすと長町仮設住宅(仙台市)

◆障害者も高齢者も子どもも集まり自然に交流する場
三草二木西圓寺(石川県小松市)

◆患者の「ものがたり」を共に読み解き最期まで寄り添う
ナラティブホーム(富山県砺波市)

◆医療から生活まで住民と専門職が共に支える
埼玉県幸手市杉戸町

◆オール市民発で普段着の支援から地域包括ケアまで
埼玉県鶴ヶ島市社会福祉協議会

◆住民が参加するカフェと生活支援で団地暮らしを支える
高島平団地(東京都板橋区)

◆塀も門もなく地域と交流できる社会型老人ホーム
株式会社誠心(福岡県太宰府市)

◆地域共生先進地の住民による住民のためのケア拠点
いつでんどこでん(熊本県山鹿市)



【第3部──地域包括ケア発祥の地、御調の地域づくり】
◆住民を啓発して地域全体のパワーを高める
インタビュー 山口 昇 聞き手・高橋紘士



【巻末資料──地域づくりが見えるデータ集】
・介護保険の20年
・地域医療構想と在宅医療・介護提供体制
プロダクトNo 1281696357
出版社 メディカ出版
発売日 毎奇月16日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。