日経ビジネス Digital版セット 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ビジネス Digital版セットの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ビジネス Digital版セット雑誌の詳細です。


日経ビジネス Digital版セットの公式サイトへ
本・雑誌 日経ビジネス Digital版セット
本・雑誌内容 経営トップから管理職層、意欲あるビジネスパーソンまで、幅広い方々に愛読され、1969年の創刊以来、支持を頂戴している「日経ビジネス」が、中身はもちろん、デザインや紙質にいたるまで、フルモデルチェンジいたしました。雑誌はもちろん、スマホ、パソコン、タブレット、いずれの環境でご利用いただいても、快適にお読みいただくことを想定した新・創刊です。 デジタルでは雑誌の発行日の前週の水曜日から記事を順次公開。雑誌よりも早く記事をお読みいただけます。 さらに、紙の雑誌と同じレイアウトでお読みいただけるiPad向けのビューアーアプリも充実。忙しいビジネスパーソンの情報収集に欠かせないサービスです。
本・雑誌内容詳細 ▲2017年12月18日号 no.1921 12月18日発行


■特集 謝罪の流儀 日産、神鋼は何を間違えたのか

●謝罪の流儀 2017 日産、神鋼は何を間違えたのか(028p)
●連鎖する不正発覚 「安全だから」 は通用せず 日産、神鋼、失策の共通項(030p)
●タカタは対岸の火事ではない 謝罪のテーマは多岐に 「新常識」 に寄り添えるか(034p)
● 「炎上」 しない記者会見に必要な準備(038p)
●経営者が胸に刻むべき5カ条 トップが危機に向き合う窮地を救った舞台裏とは(040p)
●フェイクニュース、自動運転、AI 謝罪は未知の領域へ 制御不能でも 「責任」 (044p)


■有訓無訓

●誰よりも多く失敗をすれば 誰よりも多く失敗に学べる 失敗を恐れず、挑戦を 濱口 道雄 ヤマサ醤油会長(001p)


■今週の名言/編集長の視点

●今週の名言(003p)


■ニュースを突く 政治

● 「多弱野党」 の現実と本音(008p)


■時事深層

●INSIDE STORYシャープ、1年4カ月ぶりの東証1部復帰も 後継者指名に潜むジレンマ(010p)
●COMPANY 法人業務扱わない小型店を拡充 三井住友銀、個人に 「寄り添う」 (012p)
●INDUSTRY 東芝の西田厚聰 ・ 元社長が死去 「剛腕経営者」 の置き土産(014p)
●COMPANY 「お堅い」 メーカーも消費者に近づける とろける 「B」 と 「C」 の境界線(015p)
●COMPANY 広がる 「金融排除先」 向け資金供給 慎重姿勢の地銀にはもう頼らない(016p)
●INDUSTRY IoT、AI時代をどう生き抜くか 広がる40代の 「学び直し」 (018p)
●POLICY 港区、同性パートナー制度へ前進 LGBT後進国、問われる本気度(020p)
●AWARD 日本イノベーター大賞2017 独自の視点で革新に情熱(022p)
●トランプウオッチ 「聖地」 の一方的解釈で社会を分断(024p)


■スペシャルリポート

●内定辞退トラブルは大学や企業にも大迷惑(050p)
●五輪控え、最新セキュリティー機器が活況 取り残される日本企業(054p)


■企業研究

●NTTデータ(ITサービス) 海外1兆円の“真価”(062p)


■集中連載 堤清二 先見と誤算 西武 ・ セゾンが問いかけるもの

●大衆は幻影を見ただけか(070p)


■フロントランナー 小なれど新

●スカウター(転職支援サービス) 誰でも副業でヘッドハンター(076p)


■テクノスコープ

●パンクを過去の遺物に (ブリヂストン、住友ゴム工業、東洋ゴム工業) (078p)


■編集長インタビュー

●[高島屋社長] 木本茂氏 合従連衡の時代ではない(082p)


■敗軍の将、兵を語る

●“100均”に押され歴史に幕 荒井達郎氏 [小松屋陶器店当主](086p)


■新社長の独白

●じぶん銀行 社長 柏木 英一 お客のいる場所へと出向く 新しい銀行像を描きたい(088p)


■気鋭の経済論点

●組織外の知を広く取り込め 副業解禁がイノベーション生む(090p)


■小田嶋隆の 「pie in the sky」 ~絵に描いた餅ベーション

●報じるべきか、報じざるべきか(092p)


■NIKKEI BUSINESS CULTURE

●[DEVELOPMENT] アフリカを変える ITジェネレーション(094p)
●[BOOK] なぜ教育界で女性活用が進まない? (095p)


■世界鳥瞰

●フィナンシャル ・ タイムズ 積み上がる債務にひそむ危機(096p)
●エコノミスト 「AIは寡占を招く」 は本当か(098p)
●エコノミスト エルサレムに2つの大使館を(100p)


■世界鳥瞰 FRONTLINE 上海

●ファッション化する先端中国詣で(102p)


■往復書簡

●ビデオ店でも仕事がなくなる 「特集 現金消滅 あなたの仕事も消える」 (11/20号) (107p)


■賢人の警鐘

● 「不祥事が起きる4要素。慣れ ・ 甘え ・ 疲れ ・ たこつぼ化は経営者に責任あり」 日本電産 会長兼社長 永守重信(108p)
プロダクトNo 1281695325
出版社 日経BP社
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。