別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患 定期購読・最新号・バックナンバー

別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患雑誌の詳細です。


別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患の公式サイトへ
本・雑誌 別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患
本・雑誌内容 「慢性炎症と疾患」を中心テーマに、多くの疾患、例えばがん・免疫・生活習慣病・神経疾患などに横断的に関与している「慢性炎症」について、その炎症の分子メカニズムと治療法について解説します。
本・雑誌内容詳細 別冊 BIO Clinica 慢性炎症と疾患 通巻17号 第6巻第4号

「産婦人科領域と炎症」
Field of obstetrics and gynecology and inflammation
定価:本体2,870円+税

カラーグラビア 病理アトラス 絨毛膜羊膜炎の胎盤病理について(竹内 真)

総論:炎症に関連する産婦人科領域の病態生理(青木 大輔)

1.産婦人科領域における炎症マーカーの考え方(関谷 隆夫)
2.雌性生殖生理におけるプロスタグランジン受容体の役割(杉本 幸彦)
3.プロスタグランディンに着目した卵巣癌治療戦略(横山 良仁)
4.慢性炎症と子宮内膜症(真壁 友子・甲賀 かをり)
5.癌の増殖と炎症性サイトカイン(安永 昌史・加藤 聖子)
6.HPV感染と子宮頸部・腟の粘膜免疫機構(川名 敬)
7.オメガ3系脂肪酸代謝産物の抗炎症作用と分娩制御(永松 健)
8.炎症性サイトカインを中心とした早産の病態とその臨床応用(上田 優輔・吉松 淳)
9.マイクロバイオーム研究を通して見た絨毛膜羊膜炎(漆山 大知・宮本 新吾・秦 健一郎)
10.妊娠・分娩・産褥期の重症感染症の対応(工藤 美樹)
11.妊娠高血圧症候群における胎盤・血管の炎症(成瀬 勝彦)
12.口腔マイクロバイオームとその産科的意義 歯周疾患と妊娠合併症(相澤(小峯)志保子・早川 智・廣畑 直子・相澤 聡一)
13.不妊治療における慢性炎症と着床不全(吉井 紀子・浜谷 敏生)
14.慢性子宮内膜炎と着床不全・流産(北宅 弘太郎)
15.卵胞発育,排卵における炎症性変化と血管新生機構の解明(河野 康志・楢原 久司)

NEWS FROM INDUSTRY
■子宮内膜症/子宮腺筋症治療薬ジエノゲストの抗炎症作用(清水 豊)
■バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「SixteensR」のメタボローム解析(村田 公英)

CLINICAL TOPICS
■子宮内膜症のポストGWAS解析(中岡 博史)
■卵巣明細胞癌の血液凝固異常・抗癌剤耐性に着目したトランスレーショナルリサーチ(宮城 悦子・荒川 憲昭・ルイズ 横田 奈朋・最上 多恵)
■HPV感染・発癌病態における遺伝子改編酵素群APOBECの役割(若江 亨祥・村松 正道・喜多村 晃一)
■早産の予防法(牧野 真太郎・竹田 純)
■子宮内胎児発育不全症モデルラットのトリプトファン代謝異常(佐野 光枝)
■エピジェネティクスとふたご研究―D0HaDを中心に―(大木 秀一)
■NEPA21はがんの悪性度・未熟性の解明に有用である(新森 加納子・平川 一憲・平川 靖彦)

BIOLOGY TOPICS
■オートタキシンによる妊娠維持と分娩調節(久留主 志郎)
■次世代肥満を制御する妊娠期オステオカルシンの有用性(安河内(川久保)友世・溝上 顕子・平田 雅人)
■脳のリン脂質組成変化と情動の関連(宇田川 潤・日野 広大)
■ヒストンバリアントとがん(上田 潤・大栗 敬幸)
■超分子スキンケア基礎化粧品“RIMソープの実力”(鈴木 正夫)
■絨毛膜羊膜炎と新生児合併症(滝 敦子)
プロダクトNo 1281694336
出版社 北隆館
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。