現代林業 定期購読・最新号・バックナンバー

現代林業の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

現代林業雑誌の詳細です。


現代林業の公式サイトへ
本・雑誌 現代林業
本・雑誌内容 「現場主義」をモットーに、林業のトレンドをリードする業界誌として、長きにわたり「オピニオン+情報提供」を展開してきた林業専門誌です。林業事業体や行政担当者などの林業業界関係者が知りたいトレンドや話題のテーマ等について、丁寧な現場取材等を通じて分かりやすく紹介しています。目玉となる「特集」では、林業の自立経営、地域レベルでの林業経営、森林経営計画、木質バイオマス、人材育成、地域材戦略など、タイムリーな時事テーマを取り上げています。 また、連載コーナーでは、最新研究紹介や木材トレンド、木造施設紹介など多岐にわたるテーマを用意し、現場目線で、激動する林業について、様々な可能性を広げていくきっかけとなる雑誌を目指しています。
本・雑誌内容詳細 現代林業10号目次

特集 遠藤先生が読み解く 激変する国産材業界―この先に見えるもの
   「複合型林産」ビジネスモデル、生産・流通の再編、シームレス産業化に向けて
   遠藤日雄・NPO法人 活き活き森ネットワーク理事長 
製材加工、木質バイオマスなどの分野では、大規模工場・施設の設置・稼働など、各地でさまざまな動きが見られることは読者もご存じのとおりです。そうした市場の動きを私たち林業側はどう捉えたらいいのでしょうか。
 こうした川下業界の動きは個別で見ているとその意味が分かりづらいのですが、さまざまな経済原則に則った変化として捉えることができると遠藤日雄先生は指摘します。キーワードは、「複合林産型」です。A材、B材など全ての材から最大の利益を追求するためのビジネスモデルづくりへと、業界は必死の努力を続けているのです。

◆フォト・レポート ・・・・1
台湾での森林療法普及行脚の旅  上原 巌


木材トレンドを読み解く◆赤堀楠雄・・・32
必要なのは「良い木」のマーケティング
安売りの商いは消耗戦


お役に立ちます! 最新研究紹介・・・・・・・・・・・・・・・・34
常緑広葉樹林帯より標高が高い皆伐地における広葉樹の森づくり―植栽適正樹種の研究
東京都農林総合研究センター 新井一司
東京都では、豊かな都民生活に貢献する貴重な財産として多様な森づくりを推進しています。その中で、森林循環促進事業においては、スギやヒノキの人工林を皆伐した後に広葉樹を植栽する現場があり、広葉樹による更新・育成技術が求められています。


佐藤宣子「自伐林業」探求の旅シリーズ◆埼玉県飯能市編(後編)・・・38
企業・社会が注目する自伐型仕事スタイル②
自伐林業+副業の自営スタイルで働きたい―若者達の非雇用型指向
 雇用とは違った意味で、林業を自分の仕事としたい。それも自伐という自営スタイルへのあこがれをもって。前回飯能市編①で紹介した企業による自伐型林業研修の受講者はそんな人々です。社会全体の仕事感、働き方も変わろうとするいま、なぜ自伐自営をめざすのか。林業界というより、社会が自伐型仕事スタイルの価値を求めているのかもしれません。


林研グループが応援します!◆広島県/三次市森林・林業研究会・・・48
再概要ロケットストーブの製作指導を実施


普及員実践日誌◆栃木県 林業普及指導員 関谷夕香・・・50 
とちぎの林業人材の確保・育成等に向けた取り組み


椎野先生の続・「林業ロジスティクス」ゼミ 第6回  椎野 潤・・・・・54
日本社会の変化 「非雇用」の進化形
―シェアリング・エコノミーの可能性を探る   
前月のゼミに書いたように、中国人8.3億人が、短期間にスマホ決済に移行してしまうのをみると、社会が激変の時代を迎えているのを感じます。これは中国だけでなく、インド、ベトナム、ミャンマーも、皆、同様なのです。そればかりでなく、欧州の先進国の変貌は驚くばかりです。


チャレンジする林業現場の課題を追って・・・・・・・・・・64
第53回 フリーの森林施業プランナーとしての挑戦
合言葉は「林業は面白ないとアカン!」
内海美沙 
私は現在、フリーの森林施業プランナー、木材コーディネーターとしてお仕事をさせていただいています。元々は、日吉町森林組合で森林施業プランナーとして、働いていましたが体調を崩し、4年ほど在籍したのちに、4年前に道半ばで退職しました。森林施業プランナーという仕事は天職とも思える仕事でしたし、職場も、地域も大好きだったので、辞めた時には、とてもとても悔しい思いをしました。


ハートでつなぐ普及の原点 ナカシマアヤの“その時現場が動いた!”・・・70
第1回 “教えたがり”から“見守り役へ”


法律・税務・制度相談室・・・・・・・・・・・・・・74
林業事業体の取締役になっていますが、労災の適用はあるのでしょうか?
 鈴木慎太郎


●日本林業アーカイブス 伐木運材技術の記憶―木曽・飛騨編―・・・・9
 筏流し


●わがまち木造自慢 
 社会医療法人 同心会 フィオーレKOGA看護専門学校(宮崎県宮崎市)・・・63


●読者のお悩み相談・・・・・・・・72
 弟子を育てる師匠としての立ち振る舞い方とは。
 橋本光治


●ひろば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・79

●表紙の人 中谷万季さん、山木 花さん (株)神子沢林業(山梨県)・・80
●表紙 岩渕光則
●フォト 上原 巌
プロダクトNo 1281694280
出版社 全国林業改良普及協会
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。