首都直下型震度7大震災予測 定期購読・最新号・バックナンバー

首都直下型震度7大震災予測の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

首都直下型震度7大震災予測雑誌の詳細です。


首都直下型震度7大震災予測の公式サイトへ
本・雑誌 首都直下型震度7大震災予測
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 今春,文部科学省により首都直下地震の震度分布図が公表されました。
この想定によれば,もし東京湾北部を震源とする首都直下地震が発生した場合,首都圏で震度7の地域が点在するほか,東京都23区のほとんどが震度6強で揺れるといいます。

 世界有数の規模を誇る首都圏が大地震に襲われた場合,いったいどのような被害が発生するのでしょうか。
 本書では,詳細なシミュレーションをもとに,予想される被害の大きさと取るべき対策をわかりやすく紹介します。
 さらに,「倒壊危険度の高い地域」,「火災危険度の高い地域」,「液状化危険度の高い地域」,「広域避難場所」などを重ね合わせた東京23区の震災避難マップを特別収録しました。
 
 ぜひご活用下さい。
 
目次

1 首都を襲う震度7の揺れ
首都圏で地震が多い理由
最新の震度予測
家屋の倒壊
交通網の被害予測 1 2
コラム マグニチュードと震度のちがいは?
コラム 巨大地震を再現する「E-ディフェンス」
防災の専門家はこう見る

2 地震火災が首都を焼き尽くす
地震火災の被害想定
木造家屋の火災
RC・鉄骨造建築物の火災
室内火災の恐怖
火災旋風の恐怖 1 2
防災の専門家はこう見る

3 すべてを押し流す津波の恐怖
最新津波想定
津波の恐怖
ゼロメートル地帯の水没
地下空間への浸水
津波火災の恐怖
防災の専門家はこう見る

4 東京23区 震災避難マップ
震災避難マップの使い方
千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区
プロダクトNo 1281694138
出版社 ニュートンプレス.
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。