災害医療とIT 定期購読・最新号・バックナンバー

災害医療とITの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

災害医療とIT雑誌の詳細です。


災害医療とITの公式サイトへ
本・雑誌 災害医療とIT
本・雑誌内容 東日本大震災は死者1万5千人超を出す、日本の観測史上最大規模の超広域災害となった。ライフラインが寸断され、医療資源も枯渇する中、被災地内外の医師達はどのように立ち向かったのか―。本書では被災地で活動した医療従事者の活動とともに、各地で開発が進む医療ITの事例を網羅した。タブレットデバイス、ソーャルネットワーク、クラウドコンピューティングといったITが、災害医療でどのような役割を果たしたのか、また、大規模災害という極限状況の中で、本当に求められる情報は何だったのか。当事者だけが知り得る経験をもとに、貴重なノウハウを多数収載している。<監修>高久史麿(自治医科大学名誉学長)、<編著>田中博(東京医科歯科大学難知疾患研究所)
本・雑誌内容詳細 災害医療とIT

■巻頭言 高久史麿(日本医学会 会長/自治医科大学 名誉学長)●1

■第1章 医療とIT―有事における可能性を探る
・座談会 医療とIT:有事における可能性を探る●6
司 会:田中 博(東京医科歯科大学難治疾患研究所 教授)
ゲスト:小川 彰(岩手医科大学 学長)
ゲスト:吉田晃敏(旭川医科大学 学長)
・東日本大震災と医療IT ●18
田中 博(東京医科歯科大学難治疾患研究所 教授)

■第2章 東日本大震災は医療に何をもたらしたのか
・座談会 VOICE:東日本大震災は医療に何をもたらしたのか●32
聞き手:北村 聖(東京大学医学教育国際協力研究センター 教授)
ゲスト:成田徳雄(気仙沼市立病院脳神経外科 科長/宮城県災害医療コーディネーター)
ゲスト:小笠原敏浩(岩手県立大船渡病院 副院長)
ゲスト:中川敦寛(東北大学病院 助教(脳神経外科/高度救命救急センター))
・東日本大震災から学ぶ情報リスクマネジメントのあり方●46
成田徳雄(気仙沼市立病院脳神経外科 科長/宮城県災害医療コーディネーター)
・石巻赤十字病院における取り組み●50
千葉美洋(石巻赤十字病院情報システム課)
・東北大学病院メディカルITセンターの取り組み●54
國井重男(東北大学病院メディカルITセンター 副部長)
・災害医療にITは何ができるか●59
小村隆史(富士常葉大学環境防災学部 准教授)

■第3章 災害医療におけるITの活用
◆災害と通信・情報システム
・広域災害・救急医療情報システム「EMIS」(Emergency Medical Information System)●68
中山伸一(兵庫県災害医療センター センター長)
・災害時における通信衛星携帯電話の活用●74
中田敬司(東亜大学医療学部 准教授)
・平時の救急医療から災害復興まで使える情報システム「GEMITS」
(Global Emergency Medical supporting Intelligence Transport System)●81
小倉真治(岐阜大学大学院医療管理学講座救急・災害医学分野 教授)
・救急医療情報システム「Mefis」(Medical Facilities Information System)●86
和田直人(国際航業株式会社西日本事業本部事業推進部)
・災害時病院情報統合管理システム「MedPower」●91
吉田 茂(名古屋大学医学部附属病院 病院長補佐/メディカルITセンター長)
・電子カルテ機能統合型TV会議システム「ドクターコム」●95
原 量宏(香川県医師会 理事)
・地域連携型周産期医療情報ネットワークシステム
―岩手県周産期医療情報ネットワークシステム“いーはとーぶ” ●102
小笠原敏浩(岩手県立大船渡病院 副院長)
・電子母子健康手帳―遠野市の「すこやか親子電子手帳」●106
山田恒夫(一般財団法人医療情報システム開発センター 首席研究員)
・災害時モバイル診療録参照システム ●109
山本康仁(東京都立広尾病院小児科 医長)

◆タブレットデバイスを活用した災害支援
・タブレット型モバイル端末(GALAXY Tab)を用いた巡回診療支援システム ●114
有馬一閣(株式会社NTTデータ企画調整室IT政策推進グループ)
・きずなシステム―タブレット端末を用いた被災地における高齢者・障害者支援●118
上原喜光(一般社団法人全国介護者支援協議会 理事長)
・iPadを用いた救急医療活動●122
阪本雄一郎(佐賀大学救急医学講座 教授/救命救急センター長)

◆ITを活用した医療活動
・電子トリアージシステム「TRACY」●126
目黒公郎(東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター センター長・教授)
・クラウドがもたらす医療の未来―クラウド・コンピューティングの原則と医療利用●131
山野辺裕二(国立成育医療研究センター情報管理部 情報解析室長)
・クラウドを活用した医療活動●135
平間佳明(ケアプロ株式会社アライアンス部 部長)
・遠隔医療とIT●139
細田瑳一(公益財団法人日本心臓血圧研究振興会 理事長/榊原記念病院 最高顧問)
・遠隔医療による血圧管理●143
西澤匡史(公立南三陸診療所)
・多言語医療支援システム●147
重野亜久里(多文化共生センターきょうと 代表)
・E-Learningを活用した情報の共有●151
林 健太郎(日本プライマリ・ケア連合学会 東日本大震災支援プロジェクトPrimary Care for All Team(PCAT)
専従コーディネータ)
・避難所サーベイランスの構築・運用と評価●154
大日康史(国立感染症研究所感染症情報センター 主任研究官)
・避難所サーベイランスシステム●158
加來浩器(防衛医学研究センター感染症疫学対策研究官 教授)
・服薬支援システム「あっ! くすり」●161
藤田英雄(東京大学大学院医学系研究科健康空間情報学講座 准教授)

◆ソーシャル・ネットワークの活用
・Facebookを活用した医療相談活動●165
松脇由典(東京慈恵会医科大学医学部耳鼻咽喉科学教室 講師)
・mixiコミュニティ「東北地震・医師による健康相談室」●169
山内美奈(愛南町国保一本松病院附属内海診療所 所長)
・災害時におけるTwitterの可能性●172
田村雄一(慶應義塾大学医学部循環器内科)
・お薬確認シート作成プロジェクト●175
豊見 敦(お薬確認シート作成プロジェクト/南海老園豊見薬局)
・被災者向けメール医療相談「Rescue 311」●178
椎原 隆(群馬県立小児医療センター神経内科 部長)

■第4章 災害医療とメンタルケア
・対談 遠隔医療とメンタルケア●184
細田瑳一(公益財団法人日本心臓血圧研究振興会 理事長/榊原記念病院 最高顧問)
金 吉晴(国立精神・神経医療研究センター成人精神保健研究部 部長/災害時こころの情報支援センター長)

◆こころのケア
・ユビキタス・カウンセリング―中長期的な災害精神保健活動の一助●194
長江信和(福岡大学人文学部教育・臨床心理学科 准教授)
・セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」による震災被災地での心のケア●198
柴田崇徳(独立行政法人産業技術総合研究所)

◆被災地コミュニティの復興
・被災地の健康・生活復興に向けた取り組みから生まれる高齢先進国モデル構想●204
武藤真祐(医療法人社団鉄祐会祐ホームクリニック 理事長/一般社団法人高齢先進国モデル構想会議 理事長)

■あとがき 田中 博(東京医科歯科大学難治疾患研究所 教授)●208
プロダクトNo 1281694126
出版社 ライフメディコム
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。